坂上田村麻呂がつくった城柵の特徴を超簡単に説明!そもそも城柵とは?

 

征夷大将軍・坂上田村麻呂は、東北に二つの城柵を築いています。

立て続けにつくったものですから、どっちがどっちかわからなくなるんですよね。

そもそも城柵ってイメージが湧きにくいですし……。

そこで今回は坂上田村麻呂が築いた二つの城柵の特徴を、それぞれ超簡単にご紹介します。

 

坂上田村麻呂が築いた二つの城柵について

坂上田村麻呂は胆沢(いさわ)城と志波(しわ)城という、二つの城柵を築いています。

そもそも城柵とは?

城柵(じょうさく)とは、古代の東北地方における、蝦夷からの防御施設のことです。

古代の朝廷は、7世紀後半から城柵を築き始めます。

城柵には中央から役人が派遣され、そこを守るための鎮兵が置かれました。

さらに周辺を開墾させるために移住させられた、柵戸(さくこ)と呼ばれる人びともいたのです。

 

特に大きな城柵は、現在の多賀城市に置かれていた多賀城です。

多賀城は724年に大野東人(おおののあずまひと)が築いたとされ、陸奥国府と鎮守府(※1)が置かれていました。

城柵とは単なる軍事拠点であるばかりか、行政施設としても機能していたということですね。

※1 ちんじゅふ/蝦夷征討のために設けられた役所のこと。

150年間古代東北経営の拠点となった「胆沢城」

802年、坂上田村麻呂は現在の岩手県奥州市に胆沢城を築きました。

阿弖流為(アテルイ)の降伏前後に、築城が始まったといわれています。

また正確な年は不明(808年?)ですが、鎮守府も多賀城から胆沢城へと移しています。

その後胆沢城はおよそ150年間、古代東北支配の中心となりました。

寿命10年だった「志波城」

胆沢城築城の翌年(803)、坂上田村麻呂はさらに志波城を築いています。

志波城は現在の岩手県盛岡市にあったので、胆沢城からさらに北上したことになります。

まさに最北端の城柵でした。

 

811年、文室綿麻呂(ふんやのわたまろ)を征夷将軍とした戦いは、志波城を拠点として行われています。

ですが、水害のために新たに徳丹(とくたん)城(※2)が築かれることになり、

およそ10年でその役割を終えました。

新しい徳丹城は、志波城を解体してつくったそうですよ。

※2 現在の岩手県矢巾(やはば)町

 

きょうのまとめ

坂上田村麻呂が築いた胆沢城と志波城の特徴などについて、簡単にご紹介しました。

① 城柵は蝦夷からの防御施設であり、行政施設でもあった

② 胆沢城には鎮守府が置かれ、その後150年間東北経営の拠点となった

③ 最北端の城柵・志波城は水害によって10年で廃城となった

こちらのサイトでは他にも、坂上田村麻呂にまつわる記事をわかりやすく書いています。

より理解を深めたい方は、ぜひお読みになってくださいね。

 

坂上田村麻呂の【完全版まとめ】記事はこちらをどうぞ。

関連記事 >>>> 「坂上田村麻呂とはどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】」

 










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

8 − 4 =