坂上田村麻呂とはどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】

 

サカノウエノタムラマロ……名前どうかしてる! と思ったのは、私だけではないはず。

坂上が名字で、田村麻呂が下の名前ですからね。

さて、坂上田村麻呂とはどんな人物だったのでしょうか。

征夷大将軍だったこと以外、ご存じでない方も多いと思います。

今回は彼の生涯と有名な伝説などについて、簡単にご紹介していきます。

 

坂上田村麻呂はどんな人?

プロフィール
  • 出身地: ?(諸説あり)
  • 生年月日: 758年
  • 死亡年月日: 811年5月23日(享年 54歳)
  • 平安時代初期に活躍した伝説的武将。京都・清水寺の創建者ともされる。

 

坂上田村麻呂 年表

年表

西暦(年齢)

758年(1歳)坂上氏に生まれる。

787年(30歳)近衛少将となる。

791年(34歳)征討副使となる。

793年(36歳)蝦夷討伐(1回目)

796年(39歳)陸奥出羽按察使(あぜち)・陸奥守・鎮守府将軍となる。

797年(40歳)征夷大将軍となる。

798年(41歳)清水寺を建立?

801年(44歳)蝦夷討伐(2回目)

802年(45歳)胆沢城の造営。アテルイ・モレの降伏。

803年(46歳)志波城の造営

804年(47歳)再び征夷大将軍となる。

805年(48歳)参議となる。

810年(53歳)造宮使となる。薬子の変を鎮圧する。

811年(54歳)京都・粟田で病死。

 

坂上田村麻呂の生涯簡単まとめ

坂上田村麻呂は坂上氏(さかのうえし)という、武人の一族の子として誕生しました。

父・苅田麻呂(かりたまろ)も、陸奥国の鎮守府将軍として多賀(たが)城に赴任しています。

 

さて、この頃は桓武天皇の治世。

桓武天皇といえば「軍事と造作」という言葉に表されるように、

  1. 都の造営(長岡京・平安京)
  2. 蝦夷討伐

という二大プロジェクトに力を注いでいました。

 

そこで蝦夷征討の征東副使に任命された田村麻呂は、大きな功績をあげます。

そしてさらに征夷大将軍に任命されると、蝦夷の英雄・アテルイの本拠地であった胆沢(※1)の地に胆沢城を造営。

※1 いさわ/現在の岩手県奥州市

関連記事 >>>> 「坂上田村麻呂が任命された征夷大将軍とはどういう存在?年号とともに紹介」

 

すると、アテルイと副将・モレはおよそ500人の兵を連れ、降伏しました。

田村麻呂は二人を平安京に連れ帰って助命嘆願を申し出るも、アテルイとモレは処刑されています。

その翌年、胆沢城の北に志波(しわ)(※2)城を築きました。

※2 しわ/現在の岩手県盛岡市

関連記事 >>>> 「坂上田村麻呂に負けたアテルイ?いやいや紀古佐美をボッコボコにしたアテルイ!」

 

関連記事 >>>> 「坂上田村麻呂に降伏したアテルイ・モレの碑が清水寺にある理由とは?」

 

田村麻呂は再び征夷大将軍に任命されますが、蝦夷討伐は中止される(※3)ことになります。

また810年に起こった薬子の変(※4)では、東国へ脱出を図った平城上皇を大和国(※5)で食い止めています。

※3 桓武天皇の前で行われた「徳政相論」という議論によって、決定しました。

※4 くすこのへん/藤原薬子・仲成が平城(へいぜい)上皇の重祚(ちょうそ)を企て、失敗に終わった事件のこと

※5 現在の奈良県

 

このように、桓武天皇や嵯峨天皇から絶大なる信頼を受けていた坂上田村麻呂。

ですが54歳にして、京都・東山粟田(あわた)の別宅で病死しました。

関連記事 >>>> 「坂上田村麻呂のお墓の場所はどこ?武具を付けて立ったまま葬られたらしい」

 

坂上田村麻呂にまつわるエピソードや伝説

古代の人物であるため、なかなかよくわからないことの多い坂上田村麻呂。

そこで今回は、有名ですが「それ、本当!?」と言いたくなるようなエピソードを紹介します。

髪だけで120kgあった?

「文」といえば菅原道真「武」といえば坂上田村麻呂

かつてはそう言われたほど、田村麻呂は伝説的な武将なのです。

 

屈強な男を勝手にイメージしてしまいますが、実際はどうだったのでしょうか。

『日本後紀』や『田村麻呂伝記』という書物によると、

  • 身長 約175cm
  • 胸板の厚さ 約40cm
  • 赤ら顔
  • 目は鷹のように鋭い
  • ふさふさした黄金のあごひげ
  • 髪の重さは重いときは120kg、軽いときでも38kg
などと書かれているようです。

 

髪だけで120kg……頭に巨漢のプロレスラーを乗せてるくらいのことですからね。

首がもげそうですが、坂上田村麻呂ですから、もげないのでしょうね。

そんな伝説が生まれるほど、やはり強い男だったのでしょう。

関連記事 >>>> 「坂上田村麻呂がつくった城柵の特徴を超簡単に説明!そもそも城柵とは?」

坂上田村麻呂まさかの黒人説

坂上田村麻呂が実は黒人だった、とはまさか思いつきませんよね。

織田信長に仕えた弥助じゃあるまいし……。

 

それがなぜか、20世紀初頭にカナダの人類学者がそのように主張したそうです。

その後も田村麻呂は何度か、世界に黒人として紹介されています。

どうやら黒人社会を勇気づけるため、だったのだとか。

 

なお、坂上氏をさかのぼると、渡来人の阿知使主(あちのおみ)にたどり着くといわれています。

関連記事 >>>> 「坂上田村麻呂の子孫は百人一首の坂上是則!蹴鞠もうますぎて天皇からご褒美」

 

きょうのまとめ

今回は坂上田村麻呂の生涯について簡単にまとめましたが、いかがでしたでしょうか。

坂上田村麻呂とは?

① 坂上氏という武人の一族に生まれた

② 蝦夷討伐や薬子の変で大活躍した

③ 髪だけで120kgあったといわれるほど、屈強な男だったと想像できる

④ なぜか黒人だったという説がある

こちらのサイトでは他にも、奈良・平安時代に活躍した人物についてわかりやすく書いています。

より理解を深めたい方は、ぜひお読みになってくださいね。

 

関連記事 >>>> 「坂上田村麻呂の子孫はあの高学歴お嬢様芸人!?証拠はある?」

 










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 + 19 =