藤原不比等たちが制定した大宝律令ってどんなもの?

 

7~9世紀頃の日本の国家体制を

「律令(りつりょう)国家」と呼ぶことがあります。

律令国家とは律令・格式(きゃくしき)という決まりによって、運営される国家のこと。

ということで、律令は国家のかたちをつくるものです。

古代日本に存在した律令の中でも、

特に有名なのは「大宝(たいほう)律令」と呼ばれるもの。

そこで今回は大宝律令とはどういったもので、どのようにつくられたのか、

簡単に紹介していきます。

 

大宝律令とは?

大宝律令とは701年に成立した律令です。

律令は古代の中国に倣(なら)って定められたもので、律と令に区分することができます。

とは今でいうところの刑法行政法・民法にあたります。

 

日本における律令の歴史

大宝律令は突然できたものではありません。

そこで簡単に、日本における律令の歴史を見てみましょう。

律令の歴史
  • 668年 近江(※1)完成
  • 689年 飛鳥浄御原(あすかきよみはらりょう)(※2)施行
  • 701年 大宝律令成立
  • 718年 養老律令(※3)成立(757年施行)
  • 769年 刪定律令(さんていりつりょう)(※4)制定(791年施行)

 

(※1)中臣鎌足らが編纂したとされる令。完成・施行が疑問視されることもある。

(※2)天武天皇の命でつくられ、持統天皇の治世に施行。飛鳥浄御原令で規定されて以来、大王(おおきみ)を「天皇」と呼ぶようになったとみられています。

(※3)元正天皇のときに成立。およそ40年後、藤原仲麻呂によって施行された。

(※4)吉備真備(きびのまきび)らが制定。812年に廃止。養老律令の不備を改めたもの。

上記を見ていただくとわかるとおり、大宝律令以前に存在したのは律のみです。

よって大宝律令は律と令がそろった、日本初の体系的法典といえます。

大宝律令は養老律令が施行されるまで、律令国家の基本法制として機能していました。

 

大宝律令の内容

さて、それでは大宝律令には何が書かれていたのでしょうか。

大宝律令は律6巻・令11巻の法典と伝わっていますが、

残念ながら本文は残っていません。

現存していない大宝律令の原文

ですがその後制定された養老律令の内容は、実は大宝律令と大差はなく、

さらにその注釈書『令集解(りょうのしゅうげ)』にも大宝律令は引用されていました。

現存はしていませんが、大宝律令のおおよその内容は今にも伝わっているのです。

有名な規定を紹介

それでは具体的な内容を見ていきましょう。

とはいえ、すべて紹介することは不可能なので、有名な規定を選んでみました。

有名な規定
  • 五刑:罪の重さによる刑罰を定めたもの(※5)
  • 八虐(はちぎゃく):特に重罪とされる犯罪を規定し、特別な取り扱いをした(※6)
  • 二官八省制:官僚機構を定めたもの(※7)
  • 官位相当の制:位階(序列)に見合う官職に任命される制度
  • 蔭位(おんい)の制:高位者の子・孫は一定の位につける制度

などが規定されています。

 

(※5) 「笞・杖・徒・流・死」(ち・じょう・ず・る・し)の5つ

(※6) 謀反(むへん)・謀大逆(むたいぎゃく)・謀叛(むほん)・悪逆・不道・大不敬・不孝・不義の8つ

(※7) 二官=神祇(じんぎ)官・太政官 八省=太政官の下に置かれた8つの機構。中務(なかつかさ)省・式部省・治部省・民部省・兵部(ひょうぶ)省・刑部(ぎょうぶ)省・大蔵省・宮内省

 

藤原不比等たちはどのように編纂したのか?

それでは、大宝律令はどのようにしてつくられたのでしょうか。

大宝律令は文武天皇の命によって、編纂(へんさん)が開始されました。

編纂事業の総裁を務めたのは刑部(おさかべ)親王(天武天皇の子)でしたが、実質的なトップは藤原不比等でした。

他にも薩弘恪(さっこうかく。唐出身の官僚)や田辺史(たなべのふひと。渡来系氏族出身の人物)らもメンバーに加わり、19名による編纂作業が行われています。

さて、もとは中国の制度を真似たものなんだから、

編纂なんて簡単でしょ?

というのは大きな誤解です。

確かに刑法にあたる律は、唐の律をほぼ受け継いだものでした。

他方で行政法・民法にあたる令は、日本の国情を踏まえて改変されています。

 

一方、編纂者に都合の良いように変えたのでは? と思う点もあります。

上記で紹介した蔭位の制などは大織冠(※8)を与えられた中臣鎌足の孫、

すなわち藤原不比等の子どもたちが、出世のスタート時点では無敵状態になるということになりますよね。

※8 だいしょくかん。冠位の最上位。中臣鎌足が史上唯一与えられた。

 

このように、5年ほどの時間をかけて編纂されたという大宝律令。

令は701年、律は702年に施行されました。

 

きょうのまとめ

今回は藤原不比等らが制定した大宝律令について、簡単に紹介しました。

① 古代中国に倣って、古代の日本でも律令が制定された

② 大宝律令は律と令がそろった日本初の体系的法典

③ 大宝律令は藤原不比等を中心として編纂された

④ 大宝律令には藤原氏有利と考えられる規定もあった

こちらのサイトでは他にも、藤原不比等にまつわる記事をわかりやすく書いています。

より理解を深めたい方は、ぜひお読みになってくださいね。

 

藤原不比等の【完全版まとめ】記事はこちらをどうぞ
関連記事 >>>> 「藤原不比等とはどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】」

 










合わせて読みたい記事