藤原不比等の子どもたちが死んだのは長屋王の祟りだった?

 

藤原氏繁栄の基礎をつくった藤原不比等

4人の息子たちは優遇され、はじめから高い位に就くことが許されていました。

しかしそんな息子たちが突然、全員病気で亡くなります。

これは当時、とある人物の祟りであると噂されていました……。

今回は藤原不比等の息子たちの死因について、簡単に紹介していきます。

 

長屋王の変とは?

729年、当時権勢をふるっていた長屋王(ながやおう)が自殺に追い込まれました。

長屋王とは、天武天皇の孫にあたる人物。

藤原不比等の死後に左大臣となった彼は、藤原氏を遠ざけて皇親政治を推進していました。

一家ごと消された長屋王

そんな中、謀反を企てたという密告により、長屋王の邸宅は突然官兵に取り囲まれます。

その翌日、

長屋王は自殺

さらにその次の日には、

長屋王の妻・吉備内親王(元明天皇の二女)とその子どもたちまで自殺に追い込まれました。

藤原四子の罠

これの出来事を「長屋王の変」といいます。

しかし長屋王には謀反の意図はなく、罠にはめられただけだったのです。

すべては藤原不比等の4人の兄弟、つまり藤原四子(しし)。

武智麻呂(むちまろ)・房前(ふささき)・宇合(うまかい)・麻呂(まろ))による策謀でした。

長屋王が狙われた理由

当時の藤原氏は、光明子(こうみょうし/藤原不比等の娘)と聖武天皇との間に生まれた男児が亡くなり、

天皇の外戚となるチャンスを失っていました。

そして次の皇位継承候補となりえるのが、長屋王家でした。

長屋王もその妻・吉備内親王も血筋が良かったからです。

そこで藤原氏にとって何かと目障りな長屋王を、一家ごと消そうと考えたわけです。

 

わずか3ヶ月で全員死亡

長屋王の変の後、藤原四子は全員が議政官という地位に就きました。

議政官とは大臣大納言中納言参議のことです。

房前と武智麻呂はすでに議政官でしたが、加えて宇合と麻呂も参議になりました。

さらに武智麻呂は右大臣に就任したことで、藤原四子による政権が誕生しました。

しかしそれから8年、わずか3ヶ月の間に四子は全員、

当時大流行していた天然痘(てんねんとう)にかかって亡くなります。

これは冤罪で死に追いやられた長屋王の怨霊の仕業である、

と当時の人びとは信じていたようです。

実際には、四人が揃って会った使者が天然痘だったから、だそうですよ。

またもや長屋王、冤罪をかけられてしまいましたね。

 

きょうのまとめ

今回は長屋王の変と藤原四子の死因について、簡単にご紹介しました。

① 藤原不比等の死後、政権を握ったのは長屋王だった

② 長屋王は政敵・藤原四子の罠にはまって自殺した(長屋王の変)

③ 藤原四子は全員、天然痘にかかって亡くなった

こちらのサイトでは他にも、藤原氏にまつわる記事をわかりやすく書いています。

より理解を深めたい方は、ぜひお読みになってくださいね。

 

藤原不比等の【完全版まとめ】記事はこちらをどうぞ
関連記事 >>>> 「藤原不比等とはどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】」

 










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 + four =