毛利元就の家系図を見ると分かる、元就の戦略

 

毛利元就は、一代で中国地方の覇権(はけん)を手に入れます。

元就は、自分の子供たちを嫁がせたり、
養子縁組をさせたりしながら毛利家を大きくしていくのです。

そこには、
戦国一の知将と言われた元就の合理的な戦略や駆け引きがありました。

となると誰がどこへ嫁ぎ、
養子に行ったのか気になってきますね。

それは毛利元就の家系図を紐解くことで分かってきます。

 

毛利元就の家系図

それでは毛利家の始まりから、
知将・毛利元就の家系図を、紐解いていきましょう。

太字は、本文に登場する人物です。

年表

毛利家の祖

毛利家の家系は、
鎌倉時代までさかのぼります。

源頼朝の側近を勤めた、
大江広元(おおえのひろもと)という人がいます。

鎌倉幕府の政所初代別当(まんどころしょだいべっとう)という地位につき、
鎌倉幕府を支えた人物です。

この大江広元の四男・大江季光(おおえのすえみつ)が毛利氏の祖と言われています。

季光が、
父の所領であった相模国毛利庄(さがみのくにもりのしょう)
今の神奈川県厚木市周辺の土地を相続したしたことから、
毛利季光(もうりすえみつ)と名乗るようになります。

ここに毛利氏が誕生したのです。

相模国毛利庄の読み方から分かるように、
当時は【 もうり 】ではなく【 もり 】と呼ばれていたそうです。

長男・隆元(たかもと)

養子先は「大内家」

山陽・山陰と北九州など6つの国を支配した有力な戦国大名。

なんと元就は嫡男(ちゃくなん)である隆元までも養子に出していたのです!

嫡男といえば、将来は家を継ぐ大切な子供です。

なのに元就は、
当時属していた大名・大内義隆(おおうちよしたか)に人質として隆元を送ります。

このことで元就は、
大内氏から絶大な信頼を得ることに成功するのです。

のちに毛利家の居城に戻ることを許され、
無事に毛利家を継ぐことになるのですが、

この人質生活で、
隆元は高い教養と知識を身につけ、広い人脈を築きます。

人質生活で得た、
知識と教養が毛利家の礎を築く糧(かて)になるのです。

次男・元春(もとはる)

養子先は「吉川家(きっかわけ)」

藤原南家(ふじわらなんけ)の流れをくむ名門中の名門。

母方の従弟・吉川興経(きっかわおきつね)の養子になります。

吉川の家臣団に望まれてのことでしたが、
興経の命の保証、興経の子供である千法師(せんほうし)
を元春の養子とし、成長したら家督を継がせることが条件でした。

しかし元就は、
興経を隠居させ千法師もろとも殺害し、
元春を吉川家の当主にします。

これで毛利家より格上の吉川家を、
毛利家一門に加えることに成功しました。

三男・隆景(たかかげ)

養子先は「小早川家」

鎌倉時代から続く武家の名門。

小早川家の当主・興景(おきかげ)が戦の最中に急死。

跡継ぎがいなかったために隆景が養子となり、
小早川家当主となります。

しかし小早川家中では、
本家の当主・繁平(しげひら)か、
隆景かで対立が起こります。

元就は、繁平に尼子氏との内通の疑いをかけ、
隠居・出家に追い込みます。

さらに繁平の妹を隆景に嫁がせることで、
小早川本家までも毛利一門に取り込みます。

長女・名前不詳

養子先は「高橋家」

安芸国(あきのくに)石見国(わみのくに)の当主。

元就には、
正室・妙玖(みょうきゅう)との間に、二人の娘がいたとされています。

記録に残っている女子の子供はこの二人だけです。

安芸から石見国一帯を治める高橋氏に人質と言う名の養子になっていたのですが、
元就が高橋氏討伐を決断したために殺害されたとされていますが、
この事実を裏付ける資料は一切残っていません。

しかし、
高橋氏との戦に毛利家の家臣の多くが反対したそうです。

家臣の反対の理由は、
この長女を心配してのことだった、とも考えられます。

次女・五龍局(ごりゅうのつぼね)

婚家は「宍戸家」

安芸国、五龍城主。

五龍局は、元就と正室・妙玖との間に生まれた次女です。

先に書いたように、
長女が幼くして亡くなったので元就夫妻に溺愛されていたと言います。

正式な資料が無いため、
本名やいつ生まれたのかは分かっていません。

しかし、毛利隆元の妹で吉川元春の姉であったという説が有力なようです。

代々争いを続けてきた隣国の宍戸氏との和解のために、
宍戸隆家(ししどたかいえ)に嫁ぎます。

政略結婚ですが、
夫婦仲は悪くなかったようです。

のちに、次女は吉川春元(きっかわはるもと)の嫡男吉川元長(きっかわもとなが)の正室、

三女は毛利隆元(もうりたかもと)の嫡男、
毛利輝元(もうりてるもと)の正室になっています。

今では珍しいかもしれませんが、
従兄弟同士で結婚したんですね。

このことで、
宍戸家は毛利一門の筆頭となり、
絆を固くしていったのです。

 

きょうのまとめ

いかがでしょうか?

格上の家や、
敵対する家に積極的に養子を送り込み毛利の家を大きくしていったんですね。

政略結婚や養子縁組は、
戦国の世では珍しいことではありませんが、必ず上手くいくとも限りません。

元就の知能があってこその戦略ではないでしょうか。

 

[関連記事]

 










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × five =