毛利元就の家紋の意味は?

 

戦国大名といえば、かっこいい家紋が頭に浮かびます。

自分の家を表す、現在で言えばシンボルマークようなものですよね。

近頃の戦国武将ブームで、家紋をあしらった様々なグッズが売られていたりするので、

何かと家紋を見る機会も多いのではないでしょうか。

現在の私たちが見ても、デザイン性抜群の家紋ですが、

実はいろいろな意味が隠されているのを知っていましたか?

今回は、毛利元就の家紋を見ていきましょう。

 

毛利家の家紋とは

ほとんどの戦国大名は、何種類もの家紋をその時々によって使い分けていました。

また戦の功績などで、褒美として賜(たまわ)ることもありました。

家紋とはひとつではなかったのです。

有名なもので言えば、大河ドラマで話題になった真田家の六文銭(ろくもんせん)は戦時の紋で、

平常時には、結び雁金(むすびかりがね)という紋を使用していました。

元就も10種類近くの家紋を使い分けていたといいます。

では、どんな家紋を使っていたのでしょうか?

一文字三星紋(いちもんじみつびしもん)

毛利家の家紋として、最も多く使われ、一番有名なのがこの紋です。

数字の一の下に丸が三つ三角形に並んだもので、元就もこの紋を定紋としています。

毛利家の祖である大江氏が、一品(いっぽん)の位を持つ阿保親王(あぼしんのう)の末裔(まつえい)

であったことから、一品を図案化したものだと言われています。

一品とは、律令制(りつりょうせい)での最高の位を示します。

家紋では、丸は星を意味していると言われ、この一文字三星紋の三つの丸は

オリオン座の中央に並ぶ三つの星を意味しており、三武とも将軍星とも呼ばれ、

軍神として武家の信仰を集めました。

皇族であるという「格式」と、「武」の両方をあわせ持つ家紋なのです。

長門沢潟(ながとおもだか)

沢潟とは、池や沼に自生する水草です。

勝ち草といって、戦に勝つことにかけていた草だそうです。

元就が出陣した際に、沢潟にトンボが止まったのを見て、『勝ち草に勝ち虫が止まったのだから、勝利は間違いない』

として、軍を指揮し見事勝利を収めました。

それから長門沢潟紋を、副紋として使用するようになった、と伝わっています。

沢潟は、小さな可愛らしい花が咲くそうです。

元就も戦の最中にふっと、その可愛いらしい花に目が留まったのかもしれません。

下賜(かし)された家紋

他には、正親町天皇(おおぎまちてんのう)から十六菊紋を、足利義昭(あしかがよしあき)からは

五七桐紋(ごしちきりもん)を下賜されたという記録があります。

実際にどんな時に使われたか、という資料は残っていないので不明ですが、

天皇や将軍から家紋を下賜されるということは、大変名誉なことでした。

きょうのまとめ

家紋とは、ただのシンボルマークではなかったんですね。

ずっと昔にまでさかのぼり、自分の家の出自(しゅつじ)を表すものであることが分かりました。

戦のときにも掲げられる家紋。

元就も、毛利家の家紋にプライドを持っていたのでしょう。

自分の家の家紋の意味、調べてみたくなりますね。

 

[関連記事]

 










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × three =