麒麟がくる第三十四回「焼討ちの代償」|光秀、ショック受けてます

 

前回、織田信長は比叡山延暦寺の焼討ちを行った。

実行部隊として戦った明智光秀(十兵衛)のビターな表情から始まった『麒麟がくる』第三十四回

一体光秀は何考えてるの? 

彼の心情に思いをせながら今回の感想を見たまま感じたままお伝えしよう。
 

麒麟がくるのその他の回のあらすじ、感想はこちらをどうぞ。
関連記事 >>>> 「麒麟がくる」感想あらすじまとめ

 

信長の狂気はスタートした?

後世に伝わる悪行として知られる比叡山焼討ちを実行した織田信長。

抵抗した延暦寺の僧たちだけでなく、山に住む女子供まで殺した。

第三十四回はこの大事件を、帝、将軍、武将たち、庶民たちの立場から見たものである。

戦の直後の信長

勝利を確認した信長はすっかり上機嫌

燃えさかる山を見て目を輝かせ、討取った首級を見て笑顔になった。

何かを考えている様子の明智光秀とは対照的だ。

この戦の第一の功労者・光秀の働きに大満足の信長は、女子供をわざと逃がした光秀の告白を不問にして首をはねるのを許してやったほど。

え? 

無力の女子供を逃がしただけで首をはねる信長ルール、ブラックすぎ!

信長よ、何のために戦う?

すでに将軍義昭については「的外れなことを言う、相手にしておれない人物」だとジャッジを下した信長。

はい、将軍捨てました-。

筒井順慶と将軍が組み、松永久秀と信長が組んで対決する戦を防ぐため、光秀は久秀と順慶の和議を成立させた。

だが、信長が帝の京を護るために松永を討つつもりだったことを知った光秀はびっくり。

信長の現在のキャンペーン・キャッチコピーは「大きな国づくり」「なったるで、天下人」ではない。

みかどファースト」なのだ。

なんで?

やたら「帝に褒めていただいた!」と喜ぶ彼。

子供の頃から褒められることに飢えていたのは知ってる。

でも、それだけが目的なら成長なさすぎるし、一体いつ帝ファンになったか過程の説明がないよ。 

彼の狂気はスタートしちゃったのか?

 

センシティブな明智光秀

比叡山焼討ちで大きな功績を残した光秀だが、表情はどーんと暗い。

そりゃ、焼討ちはひどすぎた。

光秀、割り切ろうよ


光秀がPSTDに苦しみ、悪夢に悩まされているようだ。

自責の念に駆られたのだろう。

さらに、その気持ちに拍車をかける娘たまの投石被害。

怪我をしながらも「父上は悪くない。戦が悪い」と気丈に話す彼女。

のちに細川ガラシャとして生き、戦や世情に翻弄される彼女自身の未来に繋がる悟りの一片を見たと思う筆者は考えすぎ? 

光秀は戦国武将としてやっていくなら、全方位へのいい人キャラは忘れて今は割り切って戦うしかないだろう。

平和な世の中にするためには、戦いは避けられないと前に自分で言ってたじゃん。

勝手に2万石プレゼントはダメ


比叡山焼討ちの功績で、光秀はなんと滋賀郡・2万石の大名に出世した。

だが、筒井順慶と松永久秀との戦が将軍と信長との対決に繋がるキケンを察知した光秀は、自分の2万石を久秀に提供して戦いを止めようとした。

ん-。

戦を嫌い、両者に和睦を求めることは悪いことではないが、拝領した2万石を自分の一存で別の大名に与えるのはどうかと思うぞ。

命を張って戦った光秀の家臣たち、苦労を共にしてきた家族たちのために、その2万石で報いてやるべきだろう? 

結局、松永久秀が謎の理由で遠慮してくれてよかったけど。

 

筒井順慶と松永久秀のご対面

今回のエピソードでの注目ポイントは、筒井順慶と松永久秀の対決だった。

順慶はカッコイイ人だと思ってたんだが・・・茶会に行くか行かないかくらい自分で決めて欲しい。

「駒殿が行くなら」って、なんで? 

心細いんかい? 

全く意味不明

順慶さん、あんたも駒ちゃんの術中に堕ちたのか。

だが、久秀との茶壺を巡るやり取りは、順慶も負けていなかった。

彼は教養人で茶の湯も嗜んだらしいから、久秀に茶器の価値など騙されないところはさすがである。

一方、松永久秀はシリーズでも人気の武将の一人だ。

今回も華やかな赤い羽織り物がお似合いだった。

告白前の男子高校生みたいに、階段で光秀と話し合った結果、順慶との戦を取りやめた久秀。

でも、どうして光秀がオファーした近江の2万石を断ったのかは謎である。

じゃないと、久秀はただのいい人じゃん? 

そのあたり説明して欲しかった。

 

視聴者に挑戦し続ける人たち。東庵先生&駒ちゃん

さてと、主人公の光秀より世の中の秘密を握っている2人の登場だ。

「東庵先生が天皇の囲碁友だち」の件

どんだけ正親町おおぎまち天皇に気に入られているの、東庵先生

囲碁のお相手、視聴者が見ているだけでも既に3回も! 

もちろん帝の本心を語らせるシーンが必要なのはわかる。

でも、どうして東庵先生? 

天皇の側近とかじゃダメ? 

とりあえず今のところ東庵先生は守秘義務は守ってる様子ではあるが。

「駒さまの活躍ぶりが超人的」な件

病気、怪我の治療や薬作りで有名戦国武将の間を走り回るならまだわかる。

だが、歴史を動かそうとせんばかりの駒ちゃんの活躍が恐ろしい。

光秀が筒井順慶と松永久秀との戦いを止めるきっかけになったのも彼女の言葉だった。

将軍も気を付けたほうがいい。

駒ちゃんのやってることはスパイと一緒だぞ。

将軍の思惑は光秀にダダ漏れだ。

善意で無自覚だという点が余計にヤバい。

 

麒麟がくる第三十四回「焼討ちの代償」

織田信長の比叡山の焼き討ちの第一の功労者となった明智光秀。

今エピソードでは、良心の呵責に苦しみ、さらなる戦を防ごうとする様子が描かれた。

今回の感想の簡単なまとめ

① 織田信長の狂気がエスカレートしていく予感と褒められることを目的に戦う危うさが心配

② 比叡山焼討ちの後味の悪さを噛みしめ、明智光秀は今何を考えてるか謎

③ 筒井順慶と和睦した松永久秀の理由が不明

④ 善意&無自覚で将軍側の最高機密を漏らしてしまう駒ちゃんこそスパイである

エピソードの終わりには、焼けた比叡山から逃げ出した天台座主てんだいざす覚恕かくじょが、甲斐の武田信玄の世話になっていた。

いよいよ織田信長が最も恐れた戦国武将・武田信玄の登場だ。
 
目次に戻る ▶▶
 

合わせて読みたい
麒麟がくるのその他の回のあらすじ、感想はこちらをどうぞ。
関連記事 >>>> 「麒麟がくる」感想あらすじまとめ

 










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

17 + 13 =

ABOUTこの記事をかいた人

歴史ライター、商業コピーライター 愛媛生まれ大阪育ち。バンコク、ロンドンを経て現在マドリッド在住。日本史オタク。趣味は、日本史の中でまだよく知られていない素敵な人物を発掘すること。路上生活者や移民の観察、空想。よっぱらい師匠の言葉「漫画は文化」を深く信じている。 明石 白(@akashihaku)Twitter https://twitter.com/akashihaku