麒麟がくる第十回「ひとりぼっちの若君」【あらすじ簡単まとめ】

 

※ネタバレあり

大河ドラマ麒麟きりんがくる』

第十話で描かれたのは、今川家から人質として要求された松平家嫡男・竹千代を巡る一幕。

三河大名嫡子である彼の動向は、織田家をはじめ、その同盟先である斎藤家にも影響を及ぼします。

各国の命運を握るこの取り引きに下された決断とは…?

以下よりあらすじと見どころを辿ってみましょう。

 

麒麟がくるのその他の回のあらすじ、感想はこちらをどうぞ。
関連記事 >>>> 「麒麟がくる」感想あらすじまとめ

 

麒麟がくる(第十話)あらすじと見どころ

光秀(演:長谷川博己)に失恋してから、意気消沈していた医師助手の駒(演:門脇麦)は、京にやってきた旅芸人の伊呂波太夫いろはだゆう(演:尾野真千子)と再会。

姉代わりの太夫に悩みを打ち明けた駒は、ふとした会話の流れから、幼少期に自身を助けた武士が、明智家の者であることを知ります。

一方、斎藤家と織田家の和睦以来、織田との敵対を激化させていた今川家は、三河の安祥城あんじょうじょうを攻略。

城主の織田信広を捕らえ、織田家にて人質にされていた松平家嫡男・竹千代(演:岩田琉聖)との交換を迫りました。

大名家の嫡子である竹千代を引き渡せば、三河は今川家の手に渡ったようなもの。

とはいえ、織田家としては実子の信広を失うわけにはいかない…。

この一大事に、織田と同盟を結んだ自国の危機を懸念した斎藤利政(演:本木雅弘)は、事の行く末を調べさせるべく、光秀を尾張へ向かわせるのでした。

ここまでが簡単なあらすじ…以下より見どころを紹介していきます!

幼少期の駒を助けた武士は光秀の父だった


幼少期、実の姉のように育った旅芸人一座の座長・伊呂波太夫と再会した駒は、意気消沈している理由を尋ねられ、美濃で光秀に失恋した旨を太夫に打ち明けました。

これに対して太夫は

「世の中は辛いことがあると、必ずいいこともあるものですよ」

と励まします。

すると美濃で起こったいいことを思い返した駒は、幼い頃に火事から救い出してくれた武士が、美濃の出身だとわかったことを切り出すのです。

なにを隠そう、一座に駒を連れてきたのはその武士で、太夫も彼のことは覚えています。

そしてその正体を決定づける一言を駒に告げるのです。

「母が言ってたの。そのお侍のご紋は桔梗ききょうだったって」

桔梗は明智家の家紋…駒も、光秀の母・牧(石川さゆり)から家紋入りの扇子を贈られており、そのことは重々知っています。

そう、駒を助けたのは、明智家の者…つまり光秀の父・光綱だったのです。

何かにつけて光秀と縁のある駒でしたが、ここに来て衝撃の事実を知ることになりましたね…。

光秀が信長のお気に入りに

織田家が今川家から人質交換を迫られていることを知った斎藤利政は、織田と同盟を組んでいる自国にも飛び火しかねないといい、光秀を尾張へと様子見に遣わせます。

織田家に嫁入りした帰蝶(演:川口春奈)への土産を持参したことを口実に那古野城へ訪れた光秀は、信長と再会。

信長は前回、帰蝶から光秀が鉄砲に詳しいことを聞いているので興味津々です。

そして

「この鉄砲がどこで作られたものか当ててみよ」

と問う信長に対して、光秀は制作者を見事に言い当てます。

このことで光秀を気に入った信長は、

「明日、また来ぬか?そなたと鉄砲の話がしてみたい」

と、光秀を引き止め、滞在するための宿泊代も工面。

また熱田で一度会っていることも覚えており、光秀が自分の素性を調べていたことや、帰蝶に「よくわからない人だ」と伝えていたことを知ってもまったく怒らない。

寛容というか、不思議というか…その掴みどころのない人柄をまた露わにしていましたね。

竹千代の気丈な振る舞い

今川からの人質交換に対し、織田信秀(演:高橋克典)は我が子ということもあってか、信広を取り戻すため、竹千代を差し出すつもりでいました。

しかし信長は三河が今川の手に渡ることを嫌い、竹千代は絶対に渡さないと反発します。

そして終盤、那古野城にて信長と竹千代が将棋を指すシーンで、竹千代に直接その旨を問うのです。

竹千代を渡すべきではないと言っていた信長でしたが、やはり信広が兄ということもあるのか、ここでは悩んでいる様子も見せていましたね。

なによりうならされたのは、自身を人質交換に出すべきか問われた竹千代の返答です。

「今川はいずれ討つべき敵と思うております。懐に入り、敵を知りとうございます」

もはや年端もいかない子どもの精神力ではありません…。

さすがはのちの天下人といったところでしょうか。

そしてこのとき、天井裏からふたりの様子を覗いていたのはなんと、三河の農民・菊丸(岡村隆史)です。

光秀の行く先々に都合よく現れたり、竹千代の母・於大おだいとつながっていたり…。

いつもとぼけた雰囲気の彼でしたが、本当の姿は松平家の忍者なのでしょうか…?

 

麒麟がくる(第十話)のまとめ

第十回は織田信広と松平竹千代の人質交換をメインにした回でした。

このあと竹千代は今川家に渡り、史実では人質となった先でも家臣として台頭してみせます。

信長に人質に出すべきか問われた際の振る舞いには、その器の大きさがよく表れていましたね。

最後に今回のまとめです。

幼少期の駒を助けた武士は、明智家の家紋をまとっていた。つまり光秀の父・光綱だった

鉄砲に詳しい光秀は信長のお気に入りに。素性を探られていたことを知ってもとがめなかった

いずれ今川を討たんとする竹千代は、自ら人質として今川家に向かう意志を見せた

さて…今川VS織田の争いはさらに勢いを増していくなか、美濃では斎藤家嫡男・高政と守護の土岐頼芸よりのりにも不穏な動きが…?

次週、見どころ満載の回になりそうです!

 

麒麟がくるのその他の回のあらすじ、感想はこちらをどうぞ。
関連記事 >>>> 「麒麟がくる」感想あらすじまとめ

 

「麒麟がくる」初回から最新回までをお得に視聴

こちらの記事では「麒麟がくる」を初回から最新回まで「NHKオンデマンド」をU-NEXTでお得に観る方法をご紹介しています。

入会から退会まで実際の画面と合わせて、分かりやすく記事にしています。

もう一度、あの回を見直したい、全回通して見直したいという方は是非どうぞ。

関連記事 >>>> 「麒麟がくる」のNHKオンデマンドをU-NEXTでお得に観る方法

 










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

5 × 1 =