藤堂高虎の子孫について

 

何度も主君を変えた藤堂高虎。

しかし、徳川家康にも築城技術で取りたてられ出世します。

その後、伊勢津藩の藩主として藤堂家は継承していきます。

今回は藤堂高虎(とうどうたかとら)の子孫についてお伝えします。

藤堂高虎の正室、側室、その子供について

次々と主君を変えた藤堂高虎。

実は非常に妻を大事にした武将としても有名です。

藤堂高虎の正室の名は「 久芳院(くほういん) 」と言います。

丹後国(今の京都府北部)を治めていた一色義直の娘と言われています。

藤堂高虎は1581年、久芳院と結婚します。

久芳院とは非常に仲が良かったのですが、子を授かりませんでした。

周囲は藤堂高虎に側室を迎えるよう勧めます。

しかし高虎は夫婦仲が良かったため、なかなか側室を迎えようとはしません。

久芳院は自ら、夫に側室を迎えるように勧めることとなりました。

後継ぎがいなくなることは絶対に避けなければなりません。

ついに1599年、高虎は恩人であった長連久(ちょうつらひさ)の二女・まつ(後の松樹院)を側室として迎えます。

このまつは、長氏が没落し因幡国(いなばのくに)、鳥取城主である宮部継潤(けいじゅん)の側室でしたが、宮部家を追われ大阪で遊女となっていました。

まつを不憫に思った藤堂高虎は側室として迎えました。

このまつとの間に3人の子宝に恵まれました。

藤堂高虎の子孫

藤堂高虎には側室まつをはじめ、その他側室との間に6人の子どもが生まれました。

側室まつとの間に長男高次次男高重女の子が一人です。

男の子はこの長男高次、次男高重の2名のみであとは女の子でした。

伊勢津藩の初代藩主となった藤堂高虎の後継者は長男、高次が引き継ぎます。

藤堂高虎は1630年に病で亡くなります。

高次の後を継いだのはその子・高久でした。

高久には子がなかったため末弟の高睦に家督を譲りました。

しかし高睦も実子はなく、家督を支藩の久居藩より、高次の孫にあたる高敏が継ぎました。

そのため、高虎の直系子孫が津藩の家督を継いだのは、この5代高敏までとなります。

6代目は藤堂高虎の弟・高清の子孫、高治が相続します。

その後も、藤堂一族は家督を継承し続けて幕末を迎えます。

戊辰戦争が始まると当時の当主・藤堂高猷はその緒戦、鳥羽伏見の戦いに「 幕府方 」で参戦しました。

しかし戦闘が始まるとすぐに新政府側に寝返ります。

真先に寝返り「 さすがは高虎の子孫 」と言われたようです。

その後も家系は続き、現在の藤堂家は15代目藤堂高正さんです。

また、ボートレーサー藤堂里香さんも藤堂高虎の末裔に当たる事で知られています。

きょうのまとめ

藤堂高虎の子孫について見てきましたが、いかがでしたでしょうか

藤堂高虎の子孫は、

①正室久芳院との間には子供は授からなかった

②側室まつとの間に後継者の高次が生まれる

③その後、藤堂家にはあまり実子に恵まれず、藤堂高虎の直系は5代高敏までだった

④現在も藤堂家は引き継がれている

と言えるのではないでしょうか。

藤堂高虎については、他にも色々な記事があります。

よろしかったらご覧になってみて下さい。










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fifteen − twelve =