瑞渓院だけじゃない!北条氏康の妻と14人の子どもたち

 

現代の日本は少子化が問題となっていますが、昔の人は子だくさんでした。

戦国大名・北条氏康には、14人の子がいたとみられています。

そこで今回は、北条氏康とその子どもたちについて、簡単に紹介していきます。

 

正室・瑞渓院は今川家出身

北条氏康の正室は、瑞渓院(ずいけいいん)という人物です。

瑞渓院というのは戒名であって、実名は伝わっていません。

北条氏康とは又従兄弟の関係

父は今川氏親(※1)、母は寿桂尼(じゅけいに)(※2)と考えられています。

※1 北条早雲の甥。氏親の母・北川殿は、早雲の姉に当たります。

※2 女戦国大名とも呼ばれ、今川義元の母でもあります。

したがって氏康と瑞渓院は、又従兄弟という関係にありました。

そんな二人の婚姻は1535年頃、いわゆる政略結婚です。

当時、北条家と今川家は甲斐の武田信虎(※3)に対抗するため、両者の関係を強める必要があったからです。

※3 武田信玄の父

子どもは6人?

氏康と瑞渓院との間には、6人の子どもができたと考えられています。

  1. 新九郎氏親
  2. 氏政
  3. 氏照
  4. 氏規
  5. 七曲殿
  6. 早川殿

長男と考えられている新九郎氏親は、16歳という若さで亡くなっています。

代わりに氏康の後を継いで後北条氏の当主となったのが、次男の氏政でした。

また早川殿というのは、甲相駿三国同盟で今川家に嫁いだ女性。

彼女は母親の実家に嫁いだというわけです。

 

子を産んだ側室は二人?

北条氏康の側室で、子どもを産んだと考えられている女性は二人います。

上杉景虎の母

まず一人目は氏康の側近・遠山康光の妻の妹とみられています。

この女性との間にできたのは、上杉景虎です。

景虎は、上杉謙信と越相同盟を結んだ際、その条件として謙信の養子となった人物。

同盟はほどなくして破棄されますが、景虎は上杉家に残りました。

北条氏邦の母

もう一人の側室は、氏康の側近・三山(さんやま)綱定の姉妹とみられます。

二人の間にできたと考えられてるのは、北条氏邦

氏邦は武蔵の有力国衆・藤田家の婿養子に入り、鉢形城を構築したとされています。

小田原合戦では鉢形城で、羽柴軍を迎え撃った人物です。

 

母親が伝わっていない子ども・養子

今紹介した以外にも氏康の実子としては、

  • 千葉親胤妻
  • 太田氏資妻(長林院)
  • 足利義氏妻(浄光院殿)
  • 武田勝頼妻(桂林院殿)

といった女子がいましたが、母親はわかっていません。

もしかしたら今挙げた女性以外にも、妻がいたかもしれません。

さらに、氏忠と氏光という養子(弟・氏堯/うじたかの子?)もいたとみられています。

 

きょうのまとめ

今回は北条氏康の妻とその子どもたちについて、簡単に紹介しました。

① 今川家出身の正室・瑞渓院との間には6人の子がいたとみられる。

② 側室二人との間には、それぞれ上杉景虎・北条氏邦をもうけた。

③ 他にも母親が不明の子どもと養子がいた。

こちらのサイトでは他にも、北条氏康にまつわる記事を書いています。

より理解を深めたい方は、ぜひお読みになってください。

 










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eighteen − 12 =