北条氏康も使った家紋「三つ鱗」誕生のエピソードとは?

 

鎌倉幕府を開いた源頼朝の妻は北条政子、というのは非常に有名です。

北条家は代々「執権」を務め、幕府の政治に大きな影響力を持っていました。

鎌倉幕府は1333年に滅亡しますが、戦国時代に関東を支配したのも北条氏。

勘違いされている方も多いようですが、鎌倉幕府の北条家戦国大名の北条家は違う一族です。

とは言っても、まったく関係がないというわけではないようです。

そこで今回は、両家の家紋について見ていくことにします。

 

後北条氏の家紋「三つ鱗」について

鎌倉幕府の執権を務めた北条氏(以下、執権北条氏)と区別するため、戦国大名の北条家は「後北条氏」と呼ばれることがあります。

もとは執権北条氏の家紋だった

後北条氏は、北条早雲という人物から始まりました。

北条早雲は備中国(現在の岡山県)出身とする説が有力で、元の名を伊勢宗瑞(いせ・そうずい)と言います。

早雲の出自について詳しく知りたい方は、下記をご覧ください。

 

関連記事 >>>> 「北条早雲は成り上がりものではなかった?家系図で検証!」

 

早雲は関東で勢力を拡大していきますが、関東において彼らの一族は無名。

すでに関東に存在していた勢力からは「侵略者」とみなされ、支配が円滑に進みませんでした。

そこで関東で抜群のブランド力を持つ執権北条氏にあやかり、「北条」を名乗ることになったということです(※)。

※ 北条姓を名乗り始めたのは早雲からではなく、息子の氏綱(氏康の父)の代からと言われています。

 

早雲の息子・氏綱が「利用」したのは、名前だけではありません。

執権北条氏の家紋「三つ鱗(ミツウロコ)」までも使い始めたのです。

 

なお初代の早雲は、伊勢氏の家紋である「対い蝶紋」を使用しています。

関連記事 >>>> 「北条早雲が使用した家紋とそのルーツを探る」

 

三つ鱗の誕生のエピソード

このように、後北条氏が勝手に使い始めた「三つ鱗」の家紋。

それでは、執権北条氏の家紋が三つ鱗になったきっかけをご紹介しましょう。

 

三つ鱗を家紋にしたのは、北条政子父・時政でした。

時政が江の島(現在の神奈川県藤沢市)にある弁財天の祠で、子孫繁栄の祈願を行った夜のこと。

時政の前に、高貴な身なりをした女性が現れます。

すると「あなたの子孫は日本を支配する」などと言い残し、大蛇になって海に消えたそうです。

そして大蛇は3枚の鱗を残していき、これを時政が家紋にした

と言われています。

 

その後の時政の子孫の活躍は、教科書などに書いてある通りです。

こんな素敵なエピソードを持つ家紋ならば、後北条氏も喜んで一族の家紋にしたのではないでしょうか。

 

きょうのまとめ

今回は後北条氏が使用した家紋「三つ鱗」について、簡単にご紹介しました。

① 後北条氏は執権北条氏にあやかり、名前だけでなく家紋「三つ鱗」まで使用した

② 後北条氏の祖・早雲は伊勢氏の家紋「対い蝶紋」を使用した

③ 大蛇が残した3枚の鱗が「三つ鱗」誕生のきっかけとされる

こちらのサイトでは他にも、北条氏康にまつわる記事をわかりやすく書いています。

より理解を深めたい方は、ぜひお読みになってください。

 










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × two =