小野小町の墓はどこ?秋田?京都?全国各地に乱立の謎

小野小町

 

高い知名度とは裏腹に、謎が多すぎる女流歌人・小野小町

彼女のお墓と伝えられるものは、日本各地に乱立しているのをご存じでしょうか。

 

小野小町のお墓はどこにある?

今回はその中でも2か所に絞って、紹介していきます。

秋田県湯沢市小野

まずは小野小町生誕と地とも言われている、秋田県湯沢市小野です。

都で宮中に仕えていた小野小町は36歳の頃、再びこの地に戻ってきたと伝えられています。

 

2つの墳墓が並ぶ二ツ森

小町のお墓があるのは、二ツ森(ふたつもり)という場所です。

二ツ森には大小2つの墳墓があるのですが、小さいほうの墳墓が小野小町のものとされています。

それでは大きいほうは誰?

ということになりますが、それは深草少将(ふかくさのしょうしょう)のものと考えられています。

 

百夜通い伝説とは?

深草少将というのは、小野小町を愛していた男性です。

彼は「百夜(ももよ)通い」という伝説に登場します。

100日通い続けたら、自分の想いに応えてくれると小町に告げられた深草少将。

しかし99夜目、雪の中で深草少将は命を落としてしまう……という悲しいお話です。

 

なお、この結末には色んなバリエーションがあります。

創作された存在であろう深草少将のお墓がある、という疑問は置いておいて、二人は仲良く眠っているのですね。

 

京都・補陀洛寺

京都市左京区にある補陀洛寺(ふだらくじ)は通称、「小町寺」とも呼ばれているお寺です。

この地は小野小町終焉の地と伝えられています。

そのため補陀洛寺には小町老衰像が安置され、境内には小町の供養塔、さらには深草少将の供養塔まであります。

 

なお、先ほど紹介した深草少将の百夜通いの舞台ですが一説によると、それぞれ京都にある、

  • 欣浄寺(ごんじょうじ)→深草少将の邸宅があった場所
  • 随心院(ずいしんいん)→小野小町の邸宅があった場所

とされています。

それぞれの境内にゆかりの場所がありますので、京都に行く際には併せて訪れてみるのも楽しそうです。

他にもある伝・小野小町のお墓

今紹介した2か所以外にも、

  • 宮城県大崎市
  • 栃木県栃木市
  • 茨城県土浦市・石岡市
  • 和歌山県和歌山市
  • 京都府京丹後市
  • 鳥取県伯耆町
  • 山口県下関市

などに小野小町のものと伝わるお墓があります。

この他にもまだまだあるので、挙げていったらキリがありません。

 

きょうのまとめ

今回は小野小町のお墓にまつわる情報について、簡単にご紹介しました。

① 小野小町のお墓はなぜか、日本全国に数多く存在している

② 秋田県湯沢市小野は小野小町生誕の地であり、終焉の地とも伝えられている

③ 京都・補陀洛寺も小野小町終焉の地とされ、小町老衰像などがある

こちらのサイトでは他にも、小野小町にまつわる記事をわかりやすく書いています。

より理解を深めたい方は、ぜひ読んでみてくださいね。

 

小野小町の【完全版まとめ】はこちらをどうぞ。
関連記事 >>>> 「小野小町とはどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】」

 










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eight − three =