新田義貞が太刀を海に投げ入れたら……鎌倉稲村ガ崎に残る伝説について

夕日

 

鎌倉の稲村ヶ崎(いなむらがさき)という岬をご存知でしょうか。

サザンオールスターズの歌にも出てくる、夕陽がとても美しい場所です。

運が良ければ、江の島の右側に富士山を眺めることもできますよ!

さて、今回はこの地に残る、新田義貞にまつわる伝説についてご紹介していきます。

 

新田義貞、海を割る

鎌倉幕府を攻めるため、挙兵した新田義貞。

ですが、鎌倉は天然の要害の地。

南は海に面し、残りの三方も山に囲まれているという、簡単には攻略できない土地でした。

『太平記』に書かれた伝説

そこで新田軍は海からの侵攻を考えますが、その際の出来事が『太平記』に残されていました。

新田義貞が海に黄金の太刀を投げ入れ、龍神に祈ると潮が引き、新田軍は稲村ヶ崎を突破。

そして由比ヶ浜(※1)から上陸し、鎌倉幕府を滅ぼすことになります。

※1 ゆいがはま/鎌倉の中心地に近い浜

実は計算だったかもしれない

『旧約聖書』のモーセ(モーゼ)みたいな話ですね。

そんなことあるかい! とツッコミたくなりますが、

「新田は潮の満ち引きを計算していたのではないか。」

といわれているようです。

わかった上で太刀を投げ入れていたとしたら、完全にパフォーマンスですね。

後世まで語り継がれ、新田義貞はしめしめと思っているかもしれません。

鎌倉攻めしてみない?

現在、稲村ヶ崎公園には

「新田義貞徒渉伝説地」

と記された石碑が建てられています。

鎌倉駅からもそう遠くはないので、鎌倉観光の際にはぜひ稲村ヶ崎まで足を運んでみてくださいね。

周辺には「十一人塚(※2)」や「極楽寺切通し(※3)」など、鎌倉攻めにまつわるスポットもありますよ。

※2 北条方に破れた、新田方の武将11人を弔うためにつくられた塚

※3 鎌倉攻めの際、激戦地となった場所

稲村ヶ崎公園へのアクセス
【所在地】神奈川県鎌倉市稲村ガ崎1丁目19
江ノ電稲村ガ崎駅(鎌倉駅から10分)から徒歩5分

 

きょうのまとめ

今回は、新田義貞が稲村ヶ崎で海を割ったという伝説について、簡単にご紹介しました。

① 新田軍は黄金の太刀を海に投げ入れ、龍神に祈ったことによって進軍できた

② 新田義貞は潮の満ち引きを計算していた?

③ 稲村ガ崎周辺には、鎌倉攻めにまつわるスポットが点在している

こちらのサイトでは他にも、新田義貞にまつわる記事をわかりやすく書いています。

より理解を深めたい方は、ぜひお読みになってくださいね。

 

新田義貞の【完全版まとめ】記事についてはこちらをどうぞ。
関連記事 >>>> 「新田義貞とはどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】」

 










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

14 + four =