小野小町生誕の地はどこ?秋田・福島・熊本など説があり過ぎる

小野小町

 

平安時代に活躍した女流歌人といえば、小野小町でしょう。

国語の授業などで、一度は習った覚えがあると思います。

先生たちはさも知り合いかのように語っていたかもしれませんが、実は彼女の素性はよくわかっていないのです。

 

全国にたくさんあった!小野小町生誕の地

とにかく謎の多すぎる小野小町。

そのため生誕の地と考えられている場所は、日本全国に何カ所もあります。

秋田県湯沢市小野

小野小町は父親が誰であるのかも、よくわかっていません。

ですが候補の一人・小野良真(よしざね)という人物は、出羽郡司を務めていました。

その娘であろう小野小町は、現在の秋田県湯沢市小野字桐木田(きりきだ)という場所で生まれたという説があります。

 

小野小町は13歳までこの地で過ごし、36歳の頃に再び戻ってきたと伝えられています。

さらに湯沢市は、「深草少将(ふかくさのしょうしょう)の百夜通い」伝承の地ともなっています。

百夜通いの内容については、下記の記事で書いています。

関連記事 >>>> 「小野小町の墓はどこ?秋田?京都?全国各地に乱立の謎」

 

そのため市内には、小野小町ゆかりの地がたくさんあります。

例を挙げるとすると、

  • 小町堂:小野小町の霊を祀るために建てられたお堂
  • 桐木田の井戸:産湯に使われた井戸【小野小町誕生の地】
  • 岩屋堂:晩年を過ごしたとされる洞窟
  • 向野寺(こうやじ):小野小町の自作と伝わる小町像あり

などがあります。

毎年6月になると、小町堂では「小町まつり」が催されています。

小野小町は、どうやら湯沢市の町おこしにも一役買っているようですね。

福島県小野町

福島県小野町も、小野小町生誕の地と考えられている場所です。

またしても、地名に「小野」が入っていますね。

 

先ほど書いた通り、彼女の父親は誰だかわかりません。

そこで、小野篁(たかむら)(※)という人物を父とする説もあります。

※ 平安時代の公卿・歌人・漢詩人。また京都・珍皇寺(ちんのうじ)の井戸を通って、この世と地獄を行き来し、閻魔大王にも仕えていたという逸話でも有名。

 

救民撫育(ぶいく)のため、この地に赴任してきた小野篁は、愛子(めづらこ)という美女と出会います。

そして二人の間に生まれたのが比古姫、後の小野小町とされているのです。

その後小野篁は、6歳になった小野小町を連れ、都に帰ったと伝えられています。

熊本県熊本市北区植木町小野

また熊本県熊本市北区植木町小野も、小野小町生誕の地と考えられています。

また「小野」という場所です。

なぜ熊本? と疑問に思いますが、父とされる小野良真は、熊本に流罪になったことがあります。

 

そしてホタルの生息地としても有名な「小野泉水公園」こそ、小野小町生誕の地。

この地に湧き出る水は、小野小町の産湯として使われたという伝説があります。

小野小町は3歳ごろまで、この地で過ごしたとされています。

今でも公園内には小町堂という、小野小町の像を安置しているお堂がありますよ。

 

さて、他にも

  • 京都市山科区
  • 福井県越前市
  • 神奈川県厚木市

などが小野小町生誕の地とされています。

果たして、正解はどこなのでしょうか。

 

きょうのまとめ

今回は平安時代の絶世の美女・小野小町生誕の地について、簡単にご紹介しました。

① 謎が多すぎる小野小町は、生誕の地や父親まで正確なことはわかっていない

② 生誕の地とされる場所は、全国に何カ所もある

③ 秋田県湯沢市・福島県小野町・熊本県熊本市などが候補地になっている

他にも小野小町について、わかりやすい記事を書いています。

より理解を深めたい方は、ぜひお読みになってくださいね。

 

小野小町の【完全版まとめ】はこちらをどうぞ。
関連記事 >>>> 「小野小町とはどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】」

 










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × 5 =