麒麟がくる第十三回「帰蝶のはかりごと」【あらすじ簡単まとめ】

 

※ネタバレあり

大河ドラマ麒麟きりんがくる』

第十三話で描かれたのは、土岐頼芸よりのりの美濃追放と、それに伴う斎藤利政・高政親子の衝突。

また織田信長と利政の初の対面に際し、織田家に嫁いだ斎藤家長女・帰蝶も活躍します。

利政・高政…そして信長や帰蝶とも関りの深い光秀は、それぞれの場面でどのように振る舞うのでしょう?

以下より簡単にあらすじを辿っていきましょう!

 

麒麟がくるのその他の回のあらすじ、感想はこちらをどうぞ。
関連記事 >>>> 「麒麟がくる」感想あらすじまとめ

 

麒麟がくる(第十三話)のあらすじ

前回、美濃を支える国衆の前で守護・土岐頼芸(演:尾美としのり)と一戦を交えると言い放った守護代・斎藤利政(演:本木雅弘)。

ただでさえ国衆たちが利政に反感を覚えていることを懸念した光秀(演;長谷川博己)は、混乱を招くことになると、利政に抗議をしました。

しかしなんと利政は先日とは打って変わって、「戦をする気はない」と言います。

そしてその言葉通り戦はせず、相手の気力を奪う作戦で頼芸を美濃から追い出してしまうのです。

頼芸に味方するつもりで出し抜かれてしまった斎藤家嫡男・高政(演:伊藤英明)は、この策略に激怒。

自分が土岐家に味方をするつもりであったこと、真の父親は頼芸だと思っていることを口にし、利政との溝をいよいよ深めていくことになります…。

一方、信秀(演:高橋克典)亡きあとの織田家は力を失い、分家の者たちが信長(演:染谷将太)に反旗を翻す四面楚歌の状態にありました。

織田家と同盟を組んでいた利政も、織田の分家から信長は危ういとそそのかされ、

「信長がどのような者か、実際に会って判断する」

と、兵を引き連れて尾張へと向かいますが…。

 

麒麟がくる(第十三話)の見どころ

続いては今回の見どころをそれぞれ紹介していきます!

「戦はしない」と言った利政の策略

美濃守護・土岐頼芸と一戦交えるという斎藤利政を説得するため、稲葉山城へ向かった光秀。

しかし説得を試みた光秀に対し、利政の口から出てきたのは、

「戦をする気はない。しかし土岐様には美濃を出て行ってもらう」

というものでした。

戦もせずにどうやって頼芸を追い出すのか…?

答えはなんと
”嫌がらせ作戦”です。

三度の飯より鷹狩りが好きであろう(?)土岐頼芸が飼っていた鷹を、なんと気付かないうちにすべて殺してしまいます。

するといつもどおり、意気揚々と鷹狩りに出かけようと思っていた頼芸は、変わり果てた愛鳥たちの姿に嘆き悲しみ…

「ワシは美濃を出る…」

鷺山城さぎやまじょうを後にするのでした…。

え? 守護ってそんなに簡単なものなの?

土岐家が代々大事にしてきた鷹とはいえ、

「ペットが殺されてショックだから守護やめます」

って、それ通じるんですかね…。

ともあれ、死骸にハエがたかっている音といい、鷹小屋の無残な様子はなかなかに衝撃的な描写でした。

斎藤親子の衝突

利政の策略を受けて一番怒ったのは、齋藤家嫡男・高政でした。

なにせ

「私高政と有力な国衆は力を合わせ、親方様を総大将に仰ぎ、ここに陣を張るべく、はせ参じました!」

と気合いを入れて鷺山城にやってきたのに、肝心な頼芸は鷹を殺されて気もそぞろ。

高政をほとんど相手にもせず、そそくさと逃げ出してしまったのですから…。

いつもなら母・深吉野みよしの(演:南果歩)が利政のお相手をしているとき、その場を離れていた高政も今日ばかりはふたりのあいだに割って入り、怒りをぶつけます。

すると利政は

「土岐様はさっさと逃げていかれた。そなたは置き去りにされた哀れな忠義者か」

と挑発するような態度。

息子が自分に反旗を翻すことも、もはや承知の上だったといわんばかりです。

これに対して高政は

「そうさせたのはお前ではないか!」

と、なんとあの利政に向かって、まさかの”お前”呼ばわり。

そして頼芸が逃げ出したことを「それだけのことで…」という利政に

「それだけのこと…?真の父上を失うたのじゃ!この高政には、もはや父上がおらんのじゃ!」

と、父親とも思っていないことを告げるのです。

深吉野は高政にしがみつき

「殿に謝るのじゃ!詫びるのじゃ!」

とわめきますが、利政は家督を譲る気がなくなったことを吐き捨て、その場を去っていきます。

帰蝶VS利政

利政・高政親子がバチバチやっていたかと思えば、次は織田家へ嫁いだ帰蝶(演:川口春奈)の番です。

信長の父・信秀が亡くなった折、同盟を考え直すために一度顔を合わせたいと、利政から信長への手紙が届いたのです。

帰蝶はこれを信長に見せると、

「断れば臆したと見られ、和睦の儀は消え失せまするぞ。私は美濃へ戻らねばなりませぬが、よろしゅうございますか」

と問います。

そして父の性格をよく知っている自分の腕の見せ所だといわんばかりに、利政と信長の対面へ向けて奔走しだすのです。

美濃には、信長と敵対していた分家の織田彦五郎の遣いがやってきて利政をそそのかしており、

「見てつまらないやつだと思えば、八百の兵で取り囲み、信長の様子次第で事を決する」

と、兵を集めて信長との対面に臨みます。

帰蝶はそれをわかっていたかのように、各国とつながりのある旅芸人・伊呂波太夫いろはだゆう(演:尾野真千子)を通じて、こちらも万全の兵を集めて臨むのです。

そして信長の服装はいつも町民たちと接するときのような、殿様らしからぬ装い。

これも

「父上は新しいものを好みます」

という帰蝶の作戦で、普通なら奇妙だといわれる信長の格好を、利政なら気に入るだろうという考えからでした。

「これは…父上と私の戦じゃ」

と言ってのけるその表情は、いかにもマムシの娘といった感じ。

前回の信秀に家督の行方を問う姿といい、今作の帰蝶はかなりの切れ者ですね。

 

麒麟がくる(第十三話)のまとめ

今回は土岐頼芸追放の一件もあり、斎藤利政・高政の親子関係はさらに溝を深めました。

そして信長と利政の対面にあたり、帰蝶まで利政に一杯食わそうと動き出し、「斎藤家あらぶってるな~…」と感じさせられる回でした。

また少しだけでしたが、佐々木蔵之介さん演じる木下藤吉郎もいよいよ登場しましたね!

最後にまとめをしておきましょう。

土岐頼芸と敵対した斎藤利政が取った策は、戦ではなく、愛鳥を殺す嫌がらせ作戦

頼芸に味方するつもりの高政は激怒し、もはや父親とも思っていないと、利政に感情をぶつける

信長に対面し、様子次第では同盟決裂という利政に対し、父の性格を逆手に取った万全の策を講じる帰蝶

さて、次週はいよいよ信長と利政が対面…。

同盟の行方はいったいどうなってしまうのか…?

 

麒麟がくるのその他の回のあらすじ、感想はこちらをどうぞ。
関連記事 >>>> 「麒麟がくる」感想あらすじまとめ

 

「麒麟がくる」初回から最新回までをお得に視聴

こちらの記事では「麒麟がくる」を初回から最新回まで「NHKオンデマンド」をU-NEXTでお得に観る方法をご紹介しています。

入会から退会まで実際の画面と合わせて、分かりやすく記事にしています。

もう一度、第一回から見直したいという方は是非どうぞ。

関連記事 >>>> 「麒麟がくる」のNHKオンデマンドをU-NEXTでお得に観る方法

 

「麒麟がくる」初回から最新回までをお得に視聴

こちらの記事では「麒麟がくる」を初回から最新回まで「NHKオンデマンド」をU-NEXTでお得に観る方法をご紹介しています。

入会から退会まで実際の画面と合わせて、分かりやすく記事にしています。

もう一度、第一回から見直したいという方は是非どうぞ。

関連記事 >>>> 「麒麟がくる」のNHKオンデマンドをU-NEXTでお得に観る方法

 










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ten + fifteen =