麒麟がくる第六回「三好長慶襲撃計画」【あらすじ簡単まとめ】

 

※ネタバレあり

大河ドラマ麒麟きりんがくる』

第六話で描かれたのは、幕府の管領家・細川晴元に反旗を翻す細川家重臣・三好長慶に対する、晴元の襲撃の一幕でした。

襲撃を阻止すべく、将軍家にかけ合った明智光秀。

彼が訴えた一武士としての想いは、将軍家との関係を新たに進展させたようですが…?

以下より簡単にあらすじを辿っていきましょう!

 

麒麟がくるのその他の回のあらすじ、感想はこちらをどうぞ。
関連記事 >>>> 「麒麟がくる」感想あらすじまとめ

 

麒麟がくる(第六話)あらすじと見どころ

1548年秋のこと、大名・細川晴元(演:国広富之)は幕府の覇権を握っていました。

しかし同じ細川家でも晴元をよく思わない者は多く、特に力をつけていた重臣・三好長慶ながよし(演:山路和弘)とは一触即発の状態にありました。

そんな折、鉄砲のことを調べるよう命じられ、京の鉄砲職人・伊平次(演:玉置玲央たまきれお)のもとへ辿り着いた光秀(演:長谷川博己)。

彼はひょんな話の流れから、長慶と、自身の恩人である三好家家臣・松永久秀(演:吉田鋼太郎)が晴元に襲撃される噂を耳にします。

光秀はすぐに将軍奉公・三淵藤英(演:谷原章介)に救援を求めると、長慶、久秀のもとへ向かい、襲撃を阻止。

このとき光秀は肩に傷を負い、静養を余儀なくされますが、ともに混乱を乗り越えた将軍家とのあいだには、たしかな絆が築かれたのでした。

ここまでが簡単なあらすじ。以下より見どころを紹介します!

三淵藤英に将軍の在り方を訴える光秀

今回は一番の見どころが序盤に用意されていましたね。

三好長慶と松永久秀が襲撃されることを伝えに、将軍奉公の三淵藤英のもとを訪れた光秀。

しかし救援を求められた藤英は

「我らが動けば将軍のご情意と受け止められる」

と、その申し出を断ります。

公平な立場にある将軍家としては、どちらか片方の味方をすることはできないということでしょう。

この返答を受けて光秀は、今の争いに荒む京での、将軍の在り方への疑問を藤英にぶつけるのです。

「将軍は武士をひとつにまとめ、世を平らかに治めるお方。関わりなしと仰られていては、我ら武士がひとつになる手立てがないではありませぬか!」

館に居合わせた将軍・足利義輝(演:向井理)は、光秀のこの訴えを密かに聞いており、三好長慶のもとへ家臣たちを向かわせるのでした。

光秀の力を将軍家に欲する細川藤孝

細川晴元の襲撃を阻止した折、肩を負傷した光秀は10日ほどの静養を余儀なくされます。

そこへ見舞いにやってきたのは、ともに晴元の襲撃を退けた将軍奉公・細川藤孝(演:眞島秀和)でした。

彼は松永久秀からの見舞いの品を手渡すと、京で恐れられている久秀と親しくしている光秀を珍しがり「美濃に置いておくのは惜しい人だ」と称賛します。

そして三淵邸での光秀の訴えに共感したことを伝えると、

「明智殿は当たり前のことを仰せられた。しかし今この京で、そう思う武士はごくわずかにすぎぬ。明智殿のような方があと2人でも3人でもいて、我らの味方になってくれれば…」

と、幕府の在り方への憤りを露わにするのでした。

そして藤孝はもう少し京に残るつもりはないかと光秀を誘うのですが、光秀は美濃も穏やかな状態ではないといい、これを断ります。

しかし

「美濃を平定した折には、必ず美濃を挙げて藤孝殿を支えます」

と、将軍家への忠義を誓い、光秀と将軍家のあいだに、たしかな絆が生まれたことを感じさせるのでした。

駒との再会

今回、肩を負傷したことによって、懇意にしていた医師・望月東庵もちづきとうあん(演:堺正章)、助手の駒(演:門脇麦)に再び世話になることになった光秀。

しかし美濃が織田家と戦をしたという報告があり、彼は少し大事をとったばかりで帰路を急ぎます。

そのため傷が完治していないからと、駒が美濃まで付き添うことに。

この道中、納屋で一夜を過ごすシーンがあるのですが、このとき駒が寒さをしのぐ道具を持っていなかったため、光秀が自分の隣へ来いと、かけていた茣蓙ござのなかへ誘います。

一見、恋仲に発展してもおかしくないような演出ですが、彼の性格を考えるとそういう展開はなさそうです。

しかしこの駒という人物…今回も光秀の看病中に歌っていた歌が、幼少期、旅芸人に世話になったときに教わったものだというエピソードが出てきたり、なにかと生い立ちに触れられることが多いですね。

ヒロインのような立ち位置の彼女ですが、光秀と恋仲にはならない…今後物語にどう関わってくるのか、ますます気になります。

 

麒麟がくる(第六話)のまとめ

「将軍が争うなと命じなければ、世は平らかにはならない」

光秀の言葉のとおり、今回は将軍が命じたからこそ、襲撃を鎮圧できました。

そして細川藤孝が言うように、幕府内に光秀のような考えの人間が揃っていなければ、世を平定していくことは難しいというのもまた然り。

光秀が幕府にとって重要な存在となっていくことを感じさせられる回でした。

最後に今回のまとめをしておきましょう。

将軍家は三好長慶の襲撃騒動には関与しないつもりだったが、光秀の訴えに心動かされ、救援に駆け付けた

ともに混乱を乗り越えた将軍家とのあいだには絆が生まれ、光秀は将来、将軍家を支えに京へ上ることを誓った

なにかと生い立ちに触れられることの多い駒。今後の物語への関わり方は…?

さて、美濃は織田方との戦を制し、大垣城を奪還しました。

かと思えば、次週はさんざん揉めていた織田方と和議を結ぶ流れに。

斎藤家長女・帰蝶は政略結婚に出されてしまうようですが…?

 

麒麟がくるのその他の回のあらすじ、感想はこちらをどうぞ。
関連記事 >>>> 「麒麟がくる」感想あらすじまとめ

 

「麒麟がくる」初回から最新回までをお得に視聴

こちらの記事では「麒麟がくる」を初回から最新回まで「NHKオンデマンド」をU-NEXTでお得に観る方法をご紹介しています。

入会から退会まで実際の画面と合わせて、分かりやすく記事にしています。

もう一度、あの回を見直したい、全回通して見直したいという方は是非どうぞ。

関連記事 >>>> 「麒麟がくる」のNHKオンデマンドをU-NEXTでお得に観る方法

 










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

fourteen − eight =