北条時頼の美談「鉢の木」とは?

 

執権として鎌倉幕府では最大の権力者であった北条時頼。

彼はある伝承を残しています。

それが「 鉢の木 」の逸話です。

「鉢の木」とはこんな話

江戸時代にも伝わる「 鉢の木 」とはどんな話なのでしょう?

舞台は上野国佐野荘。

大雪の晩に僧侶がある家を訪れます。

「 僧侶は一晩泊めて欲しい。 」と家の主人へ求めました。

家の主人は「 貧しく訪れた僧侶をもてなせない 」と言って断ります。

しかし、雪で困っている僧侶の姿に主人は家へと招き入れます。

粟飯(あわめし)を僧侶に食べさせる事はできましたが暖を取る薪(まき)が尽きてきました。

主人は大事にしていた鉢植えを薪として囲炉裏(いろり)にくべます。

そんな主人に僧侶は感心して名前を尋ねます。

主人は佐野常世(さのつねよ)と言う佐野壮の領主で御家人でした。

しかし一族により領地を奪われ今のような貧しい身の上になったと話します。

常世は貧しい身の上を語った上で

「 鎌倉幕府に一大事があれば駆けつけて命がけで御奉仕する所存です 」

と御家人としての気概を見せます。

後日、鎌倉幕府から呼ばれ常世は鎌倉に駆けつけます。

鎌倉に着くと常世は北条時頼の前に呼び出されます。

あの雪の晩に尋ねた僧侶は自分だと時頼は明かします。

時頼は常世が言う通りに駆けつけて来たのを認めて、元の領地と新たな領地を常世に与えたのでした。

鉢の木は本当の話なのか?

正体を隠して事情を知り正体を明かしてから困っている人を助ける。

水戸黄門のような話です。

果たして北条時頼は本当にこんな事をしたのでしょうか?

鉢の木の話は時頼が執権を退いた後の事だと言われています。

時頼は康元元年(1256年)に出家した事で執権の座から退きます。

時頼が僧侶だったのは確かです。

しかし鉢の木の話になるような旅をしていたかは不明です。

では佐野常世は実在していたのか?

佐野氏は下野国(現在の栃木県)にあった御家人(ごけにん)として実在していました。

ですが常世が実在したのか不明なのです。

鉢の木は広まる

鉢木物語とも呼ばれる鉢の木の逸話はいつ頃から伝わったのか?

南北朝時代に書かれた歴史書「 増鏡(ますかがみ) 」や「 太平記 」に書かれてからだと言われています。

しかし鉢の木の話が広まったのは江戸時代です。

人形浄瑠璃(にんぎょうじょうるり)歌舞伎の演目として鉢の木の話を公演したのです。

庶民に広まった鉢の木の伝承は明治以後の戦前の国語の教科書にまで載りました。

ここまで広まったのは何故でしょう?

それは時頼が民に優しい政策をした人物として庶民から好感を得ていたからです。

きょうのまとめ

鉢の木が史実ではなくても21世紀の現在も残っています。

鉢の木の舞台となった現在の群馬県高崎市佐野町には「 常世神社 」があります。

ここは常世を祀る神社です。

常世神社には神社の成り立ちとして鉢の木の伝承を伝えています。

時頼の成したと言われる美談は今も形として残っているのです。

 

関連記事 >>>> 「北条時頼はどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】」

 










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 − two =