後醍醐天皇は和歌と『源氏物語』が好きだった?楽器や歌も得意

後醍醐天皇

 

鎌倉幕府を倒し、自ら政治を行った後醍醐天皇

そのバイタリティーの強さから、どうしても政治的側面を注目しがちです。

しかし後醍醐天皇は、天皇ですよ?

当然、文化人としての側面もあったわけです。

そこで今回は、後醍醐天皇の文化的な活動について簡単に紹介していきます。

 

和歌が大好きだった

後醍醐天皇は、和歌に造詣(ぞうけい)の深い人物だったことで知られています。

天皇の詠んだ和歌は『新後撰和歌集』『新後拾遺和歌集』といった勅撰和歌集に83首

准勅撰の『新葉和歌集』には46首が収められています。

例えば、こんな歌を残しています。

花に寝てよしやよしのの吉水のまくらのもとに石はしる音

(引用:浄土宗如意輪寺「南北朝と吉野山」http://www.nyoirinji.com/nantyou_tounou_1.html)

こちらの歌の舞台は、南朝の皇居とされた吉野・吉水神社

今も残る玉座の下には、「瀬古川」が流れています。

後醍醐天皇は寝ているとき、そのせせらぎを聴いて、この歌を詠んだとされています。

京を追われた天皇の姿が目に浮かぶ、寂しい歌ですね。

 

『源氏物語』の講釈をした

さて、『源氏物語』研究に大きな影響を与えた『河海抄(かかいしょう)』という注釈書があります。

こちらは南北朝時代、四辻善成(よつつじ・よしなり)という人物によって書かれたものです。

この中で『源氏物語』は、醍醐・村上天皇の治世、

すなわち延喜・天暦の時代がモデルとなっているとする説(=延喜・天暦準拠説)が唱えられています。

この点については、後醍醐天皇の思想が四辻善成に影響を及ぼしているのでは? と考えられています。

 

実は後醍醐天皇は、『源氏物語』にも強い興味を持っていたのです。

なんと即位の際には、『源氏物語』の講釈を行ったのだとか。

というのも、後醍醐天皇は「延喜・天暦の治」(※1)を自らの政治の理想としていました。

※1 醍醐天皇と村上天皇の治世のこと。公家政治の黄金時代として、後世美化された呼び方です。

そういった意味で、後醍醐天皇には『源氏物語』が非常に魅力的に見えたのかもしれません。

 

音楽も得意

後醍醐天皇は楽器も得意でした。

琵琶(しょう)(※2)の腕前は素晴らしかったと伝わっています。

※2 雅楽で使われる管楽器。17本の管が環状に並んでいます。

そもそも「天皇」にとって音楽はただの娯楽ではなく、帝徳として身につけなくてはいけないもの。

そこで天皇たちは、熱心に楽器の練習に取り組みました。

ですが後醍醐天皇は楽器だけでなく、(郢曲/えいきょく)も得意だったと伝わっています。

 

きょうのまとめ

今回は後醍醐天皇の文化的活動について、簡単にご紹介しました。

後醍醐天皇は、

① 和歌が好きで、数多くの作品を残した

② 『源氏物語』にも興味を持っていた

③ 楽器や歌も得意だった

こちらのサイトでは他にも、後醍醐天皇にまつわる記事をわかりやすく書いています。

より理解を深めたい方は、ぜひお読みになってください。

 










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen − 7 =