福島正則 何度も断絶の危機を乗り越えた子孫

 

豊臣秀吉の子飼いの武将として知られる福島正則(まさのり)は、

江戸時代に入り改易(かいえき)されてしまいます。

改易とは、今で言えば「 左遷(させん) 」や「 減給 」のようなものです。

安芸(あき)・備後(びんご)の国に与えられていた50万石の領地を没収され、

高井郡と越後国魚沼郡の高井野藩(たかいのはん)4万5000石に減転封されてしまいます。

50万石が4万5000石ですから、とんでもない減封です。

その後、正則の子孫たちはどのように過ごしたのでしょうか。

一緒に見ていきましょう。

福島正則の家系図

 
福島正則のざっくりとした家系図です。

家系図
福島正信
|
|——— ※へ
|
松雪院
 

※—–|
   |———女子———-正之(まさゆき)
   |
   |———正則—|———-正友
   |      |———-忠勝(ただかつ)——政長(まさなが)——正勝(まさかつ)
   |      |———-正利(まさとし)
   |      |———-女子
   |      |———-女子
   |
   |———高晴—|———-正晴——忠政
          |———-高広

福島正則の子孫たち

正則の子孫たちがどのように過ごしたのか調べてみました。

福島忠勝

福島忠勝は正則の次男として生まれました。

嫡男である正友が早くに亡くなり、福島家に養子に迎え入れられていた従兄弟の義兄・正之も亡くなったことから、嫡男となりました。

正則が幕府から改易された時にも将軍・秀忠の上洛に随行していたので、父・正則とは違って幕府からの信頼は厚かったのかもしれません。

忠勝は正則と共に信濃高井野に移ります。

この時に正則から家督を譲られ、信濃高井野藩第2代藩主となります。

しかし1620年に22歳と言う若さで亡くなってしまいます。

正則は悲しみのあまり、4万5000石の領地のうち、越後国魚沼郡2万5000石を幕府に返上してしまいます。

さらに4年後の1624年に正則が死去すると、幕府の検死役が到着する前に家臣が正則の遺体を火葬したため、残りの2万石も没収され、大名としての福島家は断絶してしまいます。

福島正利

福島正利は、忠勝の同母の弟で正則にとっては三男だと言われています。

正則が死去し領地を没収された時に、正利は取り成しを願って、

父の遺品から正宗大光忠・貞宗などといった名刀を、大御所・秀忠や将軍・家光に献上しています。

翌年幕府は、正利に没収した2万石の中から3112石を与えて旗本として取り立てます。

正利が献上した名刀の数々のおかげかは分かりませんが、なんとか福島家の名前を残すことが出来たのです。

しかし、やっと一安心かと思ったのもつかの間。

正利は子供のいないまま、37歳で死去してしまいます。

福島家はまたもや断絶のピンチを迎えるのです。

福島正勝

福島正勝は、忠勝の子である福島正長長男です。

つまり、正則のひ孫に当たります。

1681年に時の将軍・徳川吉綱(よしつな)に召し出され、上総国長柄郡・夷隅郡、現在の千葉県に2000石の領地を与えられ旗本となります。

正利が亡くなったのが1637年ですから、実に44年振りの旗本復帰となります。

正勝から正視正森正韶正聖と、福島氏は2000石の旗本として明治維新まで続くことになります。

きょうのまとめ

福島正則の子孫について紹介しましたがいかがでしたか?

途切れては繋がり、途切れては繋がりを繰り返しなんとか旗本として

江戸時代を生き抜いた子孫たち。

きっと壮大なドラマがあったのでしょうね。










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 − 12 =