福島正則のお墓はどこにある?

 

豊臣恩顧の武将でありながら、関ヶ原の戦いで東軍に味方し、

広島藩49万8000石の大名になった戦国武将が福島正則です。

しかし台風の被害にあった城を無断で修繕したことが、

武家諸法度(ぶけしょはっと)に違反しているとされ、

信濃国高井野藩(たかいのはん)4万5000石に減転封されます。

家督を譲った嫡男の忠勝も早くに亡くなり、正則の晩年は寂しいものとなってしまいました。

享年64歳で亡くなった正則のお墓はどこにあるのでしょうか。

実は1箇所だけではない、正則のお墓を調べてみました。

福島正則のお墓はどこ?

福島正則のお墓はどこにあるのでしょうか。

お墓がある場所をご紹介します。

長野県・岩松院(がんしょういん)

福島正則は亡くなったのち、長野県小布施市にある岩松院に葬られました。

戒名(かいみょう)は、「 海福寺殿前三品相公月翁正院居士 」

遺体が葬られた場所というなら、ここが墓所と言えるでしょう。

墓所は福島正則公霊廟(れいびょう)と呼ばれ、岩松院の中にひっそりと佇んでいます。

49万石の大名の面影を見ることは出来ません。

正則の墓は高さ1.5メートルの石の五輪の塔で、台座となる石には戒名が彫られています。

正則とは関係ありませんが、岩松院は葛飾北斎(かつしかほくさい)の絵画があることでも有名です。

本堂の天井を飾る「 八方睨み鳳凰図 」は北斎が89歳のときに書いた晩年の最高傑作と言われています。

東京都・正覚院(しょうかくいん)

正覚院は東京都港区にある臨済宗妙心寺派のお寺です。

幕府の検死役が到着する前に、正則の遺体を火葬したことを咎められ、

大名家としての福島家がお取り潰しになったあと、旗本として存続を許された正則の子・正利(まさとし)が開いたお寺です。

正覚院とは正利の戒名でもあるのです。

正利と正則のお墓が仲良く並んで建てられています。

このお寺にあるお墓は、正確には正則を供養するために建てられた

供養墓というもので本当のお墓ではありません。

しかし、親子で並べて正則も喜んでいるのではないでしょうか。

愛知県・菊泉院(きくせんいん)

菊泉院は愛知県あま市にある曹洞宗のお寺です。

正則の菩提寺として有名です。

お寺のすぐ南側には「 福島正則誕生の地 」があります。

正則が清洲城の城主になった時には、50石の領地が与えられるなど、厚い待遇を受けました。

正則が亡くなってから、家臣によって位牌と護持仏(ごじぼとけ)である毘沙門天立像(びしゃもんてんりつぞう)が奉納されました。

他にも甲冑姿の正則の肖像画も納められており、

正則にとっては縁のお寺です。

きょうのまとめ

福島正則のお墓についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

生まれ育った場所から遠く離れた長野にお墓があると思うと、

少し寂しい気もしますね。

お墓はこの他にも、京都や和歌山、広島にもあります。

正則を慕う人たちがゆかりの場所に建てたのだと思うと、

正則は慕われていたのでしょうね。










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seven − 1 =