福島正則の家紋とは?

 

家紋は戦国大名にとって、家や自分を表す大切なものです。

また戦利品として、与えたり奪ったりするものでもありました。

豊臣恩顧の武将である福島正則(ふくしままさのり)は、

一体どんな家紋を使っていたのでしょうか?

調べましたので一緒に見ていきましょう。

福島正則が使用した家紋

福島正則が使った家紋をご紹介します。

福島沢瀉(ふくしまおもだか)

福島正則が使っていた家紋として一番有名なものが「 福島沢瀉 」です。

沢瀉は、日本全国の水田や湿地帯に自生する水生植物で、夏になると白くて小さい可愛い花を咲かせます。

沢瀉が群生している姿が、戦に使う矢が並んでいるように見えることから、戦に縁がある草、勝軍草(かちいくさぐさ)としても縁起がいいとされています。

沢瀉紋は非常に有名で多くの家で使われている人気の家紋で、

藤紋・桐紋・鷹の羽紋・木瓜紋(もっこうもん)・片喰紋(かたびらもん)

蔦紋(つたもん)・茗荷紋(みょうがもん)・橘紋・柏紋(かしわもん)

と併せて日本十大家紋にも数えられています。

福島正則が使用した「 福島沢瀉 」は、一般的な沢瀉紋と比べると少し違いがあり、

全体的に細長く、花が咲いているなど描写が細かいのが特徴です。

元々は寧々(ねね)の家紋?

沢瀉紋は豊臣秀吉が桐紋を使用する前に使っていた家紋で、

元々は正妻・寧々の実家の家紋だったのではないかと言われています。

秀吉は多くの家臣に沢瀉紋を与えていますが、最後までこの紋を使用していたのが、福島正則だったため「 福島沢瀉 」と言われています。

一般的な沢瀉紋とは異なった「 福島沢瀉 」に変化させたのが福島正則だったのか

それ以前から一般的な沢瀉紋とは違っていたのかは、はっきりしません。

また、豊臣秀次(とよとみひでつぐ)が秀吉から沢瀉紋を拝領し、

秀次が自害する際に正則が譲り受けたという説もありますが、

本当なのかどうかは分かっていません。

沢瀉以外の家紋

福島正則が使っていた家紋は「 福島沢瀉紋 」以外にもあります。

三頭右巴(さんとうみぎどもえ)五七桐(ごしちきり)です。

三頭右巴は、豊臣秀吉がまだ木下藤吉郎(きのしたとうきちろう)を

名乗っていた時の家紋だと言われています。

正則の故郷の寺院・菊泉院に伝わっている福島正則画像には、

この紋が描かれています。

五七桐は秀吉から賜った家紋です。

平安時代には皇室の紋であり、足利将軍家も使用していた名誉ある家紋です。

このように秀吉から名誉ある家紋をもらいながらも、

最後まで沢瀉紋を使用していた福島正則。

正則にとって沢瀉紋は、思い入れのある家紋だったのでしょう。

まとめ

福島正則が使った家紋についてまとめてみました。

いかがでしたか?

秀吉から沢瀉紋を送られた家臣はたくさんいましたが、

その中で最後までこの紋を使用していたのは福島正則でした。

豊臣家に対する正則なりの忠誠心なのかもしれませんね。










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fifteen − twelve =