明智光秀の子孫を家系図から解説

 

織田家の中で随一の武功を誇り、出世を重ねていった結果、

実質的にナンバー2の位置にまで上り詰めた明智光秀

彼は天下統一間近に迫っていた主君・織田信長を自らの手で滅ぼし、

その後自身も山崎の戦いで羽柴秀吉に敗れ、その生涯に幕を下ろします。

「 本能寺の変 」という歴史上類を見ない大事件を引き起こした稀代の謀反人。

今回は、明智光秀の家系図と彼の子孫について詳しく解説していきます。

どうぞ最後までお読みください。

 

明智光秀の家系図

明智光秀の家系図です。

年表

光秀の家系図、子孫は?

謎が多い光秀の出自

光秀が生まれた明智家の家系についての信憑性ある史料は乏しく、

光秀の子孫についての記述も史料ごとに書かれている人物がバラバラであり、
いずれもはっきりしていません。

家系図や記録の中には光秀の出自については、
「 名前もはっきりしていない武士の次男 」と記すもの。

「 刀鍛冶の息子 」と記しているもの、
「 元の姓の名は御門といい、のちに明智に改めた 」と記しているものなど様々です。

信憑性ある史料から見る光秀は、
その家柄も父の名前も明らかになっていません。

ここでは光秀が亡くなってからおよそ百年後に書かれた軍記物で、
史料としての信憑性に疑問はあるものの、

明智光秀の生涯についてまとめられている
「 明智軍記 」から光秀の家系図を解説していくこととします。

明智軍記から見る光秀の家系と史実に現れる光秀の子孫

光秀の家系について明智軍記では、
美濃の守護職を務めていた土岐氏の一族であるとしており、
先祖は美濃の東にあった明智城を本拠地としていました。

光秀はそこから流浪の日々を送ります。

光秀の家臣である妻木広忠(※)の娘・煕子(ひろこ)を妻として三男四女をもうけたとあります。

しかし、「 明智軍記 」とは別に「 明智系図 」では六男七女の子供たちの存在が記されています。

※: 弟である妻木範煕(のりひろ)との説もあります。

この光秀の子供について存在が確実とされているものは

  • 光秀の重臣であった明智秀満に嫁いだ女子
  • 織田信長の甥にあたる津田信澄に嫁いだ女子
  • 光秀と共に幕臣であった細川藤孝の嫡男である細川忠興に嫁いだ「 明智玉子(たまこ) 」(後の細川ガラシャ)
  • 光秀が本能寺の変を起こした後に細川家に送った手紙にその名前が見える「 十五郎 」
  • 宣教師ルイス・フロイスの書状に現れる名前不明の男子

のみが存在を確実視されています。

前述した通り、
光秀の子孫については史料によって記述の違いが目立ち、
事実関係の確認できない男子と女子も系図に多くいます。

そのため、実際に光秀にどれだけの子供がいたのかはよくわかっていません。

玉子の夫、
細川忠興は羽柴秀吉から徳川家康に仕えて39万9000石の大大名となり、
その息子である細川忠利は肥後熊本藩の初代藩主となります。

第7代藩主の細川治年が実子をすべて亡くして世継ぎが途絶えるまで、

玉子の子孫は代々、
熊本藩の藩主として150年もの間、
君臨し続けることになるのです。

現代の光秀の子孫は?

ラジオのDJであるクリス・ペプラーさんは
明智光秀の子孫であることがわかっています。

クリスさんの母方の祖母は光秀の実子との説もある土岐頼勝の直系の子孫であるため、
クリスさんが光秀の末裔であることが判明したのです。

クリスさんの家系を調べた、
「 本能寺の変431年目の真実 」の著者である明智憲三郎さんも
光秀の末裔であると公言しています。

クリス・ペプラーさんと明智憲三郎さんは、
織田信長の子孫である
プロスケートプレイヤーの織田信成さんに会って本能寺の変について和解をしています。

しっかりと許しを得たことで、
四百年以上に渡って続いた両家の因縁も無くなったのではないでしょうか。

きょうのまとめ

いかがでしたでしょうか。

光秀の子孫は現代でも様々な分野で活躍していることがわかりました。

三日天下と呼ばれるほどに短い間しか天下を取れなかった光秀の子孫が、
その後、熊本の地を150年間統治し続けるという歴史も感慨深いものがありますね。

明智光秀については他にも様々な記事を書いています。

興味がある方はどうぞご覧になってください。

 

[関連記事]

 










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × 3 =