楊貴妃とはどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】

 

「世界三大美女」「中国四大美女」として有名な楊貴妃とはどんな人物だったのでしょうか?

今回はその美しさのあまりに、

国を混乱させる原因になった楊貴妃の人生を、ご紹介させていただきます。

楊貴妃とはどんな人

  • 出身地: 蜀地方(現在の中国四川省のあたり)
  • 生年月日: 719年6月26日
  • 死亡年月日: 756年7月15日(享年37歳)
  • 唐王朝9代 皇帝玄宗の皇妃。
    玄宗皇帝から寵愛を受けたことが、国を弱体化させた安史の乱の原因になったことから、
    「 傾国の美女 」と呼ばれる。

 

楊貴妃年表

年表

西暦(年齢)

719年(1歳)楊玄琰の四女として生まれる。

735年(16歳)玄宗皇帝の息子、寿王李瑁の妃となる。

740年(21歳)寿王妃から玄宗皇帝の後宮に入る。

745年(26歳)「貴妃」の称号を賜る。

756年(37歳)安史の乱の最中、処刑にて亡くなる。

 

傾国の美女!皇帝寵妃の波乱の生涯

楊貴妃の出生

719年、楊貴妃は、蜀地方の下級役人である楊玄琰の四女として生まれます。
本名は楊玉環といいました。

幼い頃から、楊貴妃はとても美しかったそうです。
隠士(いんし/俗世を捨てて、学問に専念する人)が、楊貴妃の人相を見て、

この娘は皇后のような、尊貴な存在になるだろう。

と予言したという話が、残っています。

寿王妃から玄宗皇帝の寵妃へ

735年、玄宗皇帝と武恵妃の息子である寿王李瑁の妃になりますが、
武恵妃が亡くなったのを機に、状況が一変します。

武恵妃を失って消沈していた玄宗皇帝は、

楊貴妃を見ると、たちまち楊貴妃の虜になりました。

楊貴妃は息子の妃でしたが、皇帝は自分の妃にすることに決め彼女を出家させて、強引に息子と別れさせます。

その後、楊貴妃は玄宗皇帝の後宮に召し上げられました。
皇帝による息子からの「 略奪 」によって、楊貴妃は皇妃になったのです。

玄宗皇帝は55歳、楊貴妃は21歳。
34歳もの年の差でした。

745年には、「 貴妃 」が贈られます。
「 貴妃 」というのは、後宮内で皇后の次に格が高い称号です。

先述の通り、本名は楊玉環であり、楊貴妃というのは、
楊家の貴妃という意味を表す呼び名です。

楊一族の政治の独占

楊貴妃が玄宗皇帝の寵愛を受けるようになると、
親族の楊一族が権勢を振るうようになりました。

叔父や兄、従兄弟が政治の要職に就き、姉達も「 夫人 」という称号を得ました。

皇帝の楊貴妃への寵愛をバックに、傍若無人な振舞いをしました。

そして、後に安史の乱の原因となる楊国忠も「 宰相 」になりました。

彼らの命令は、皇帝からの詔(みことのり)のように扱われ、
彼らへの贈り物や賄賂は、門の外まで列をなしたと言われています。

安史の乱と楊貴妃の処刑

755年 宰相の楊国忠に反発した、安禄山という軍人が挙兵します。
これが安史の乱です。
安史の乱の最中に、楊貴妃は処刑されます。

[関連記事]

楊貴妃にまつわるエピソード

音楽や舞踊に精通した才女だった。

楊貴妃はと玄宗皇帝と一緒に、観劇や詩会を楽しみました。
そして、彼女自身も楽器演奏や舞踏を嗜み、その腕前は相当なものでした。

外見の美しさだけではなく、その豊かな才能が玄宗皇帝を虜にしたといえるでしょう。

太っていたのは間違い?楊貴妃のスタイル。

楊貴妃は太っていたと、一般的に言われていましたが、
現在では、懐疑的な説だそうです。

楊貴妃が太っていたという説は、宋の時代に書かれた小説が根拠になっています。

しかし、その小説は、楊貴妃の時代から200年も後に作られたもので信憑性が低く、
小説が書かれた宋の時代は、ふくよかな女性が流行していたので、そのように描写されたのでは、と言われています。

楊貴妃の時代に近い時代に書かれたものには、「 細腰だった 」や「 ツバメのようだった(儚げだった) 」という描写があり、実際は、ほっそりとした女性だったのではないかと推測されています。

楊貴妃が愛したレイシ

楊貴妃の好物はレイシ(ライチ)でした。

玄宗皇帝は、楊貴妃のために、嶺南(広東省)から長安(陝西省)までレイシを運ばせました。

レイシは、ビタミンCや抗酸化物質が多く、アンチエイジング効果の高いフルーツです。

美容効果のために、楊貴妃はレイシを好んで食べたのかもしれませんね。

きょうのまとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。楊貴妃についていかがでしたでしょうか。

楊貴妃とは?

① 下級役人の娘に生まれた。

② 玄宗皇帝の息子の妃から、「 略奪 」という形で、皇帝妃になった。

③ 寵親族の楊一族が政治で権勢を振るった。

④ 安史の乱の最中に処刑された。

⑤ 芸術の才能もあった。

⑥ 実はほっそりしていたのではと推測されている。

⑦ 美容のためにレイシを好んで食べた

楊貴妃の人生は、波乱万丈なものでした。
「 傾国の美女 」と呼ばれた彼女ですが、その実は、周囲の人間に巻き込まれた
悲しい人生だったのだと思います。










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × three =