乃木希典が殉死した理由は西南戦争?それとも日露戦争が原因だったのか

 

大正元年(1912)9月13日、陸軍大将・乃木希典(のぎ・まれすけ)が自刃しました。

この日は明治天皇が大喪(たいそう)の礼が行われた日。

日本武家社会において、殉死(じゅんし)は中世から近世に行われていたものの、江戸幕府によって禁止されました。

というわけで、時代錯誤ともとれる乃木希典の殉死。

なぜ彼は明治天皇の後を追わなければならなかったのか、その考えられている理由についてご紹介します。

明治天皇「 大喪の礼 」の日の夜

大正元年9月13日午後8時。

明治天皇の御遺体を乗せた車が宮城(=皇居)を出発。

その合図の号砲が放たれました。

赤坂にある自宅で、その音を聞いたであろう乃木希典。

軍服を着ていたという乃木は、古式にのっとって切腹しました。

このとき、妻の静子も乃木と一緒に自刃しています。

二人の衝撃的な死は日本国内のみならず、世界にも報じられたといいます。

乃木希典はなぜ殉死したのか?

乃木希典の殉死の理由は何だったのか。

当時から多くの解釈がなされたそうですが、考えられている理由を二つほどご紹介します。

西南戦争で軍旗を奪われたから?

政府軍として西南戦争に参戦した乃木希典は、第14連隊を率いていました。

第14連隊は熊本県植木町付近で薩摩軍と激突。

不利な兵力ながらよく応戦していた乃木の連隊ですが、戦略上一時撤退することに。

その際、連隊旗を持っていた河原林少尉が討たれ、薩摩軍に旗を奪われるという事件が起こりました。

連隊旗とは「 官軍 」であることを示す非常に大切なもの。

これを敵に奪われるということは、普通ならあってはなりません。

事件を重く受け止めた乃木は、総指揮官であった山県有朋に自ら処分を求めました。

それに対して山県有朋は、連隊旗を奪われたのは乃木の責任ではないとして処分せず。

対応に納得がいかなかったのか、乃木希典はその後、何度か自殺を図っています。

乃木本人にとっては、よほど恥ずかしいことだったのでしょう。

同じく陸軍だった児玉源太郎(こだま・げんたろう)が自殺を図ろうとしている乃木を見つけ、

諭(さと)したこともあったと言われています。

乃木希典が残した遺書には、この件が死ぬ理由であると書いてありました。

日露戦争の自責の念?

本人が書いた遺書の内容とは別に、乃木希典が殉死した理由はこちらではないかとも考えられているようです。

乃木希典は日露戦争のとき、ロシアの旅順(りょじゅん)要塞を陥落させています。

旅順要塞は、ロシア側が3年かかっても落とせないと考えていたそうです。

しかし日本の陸軍は乃木の指揮により、わずか半年という短期間で旅順を攻略してしまったのです。

世界を驚かせたこの戦いですが、死傷者はなんと5万人。

その中には乃木の息子も含まれていました。

帰国した乃木は明治天皇に、多大な犠牲を出してしまったことに対する罪をつぐないたい旨を伝えたといいます。

乃木希典は多くの若者の命を犠牲にしてしまったことに対する、自責の念にかられていたようです。

しかしそんな乃木に対して明治天皇は、今は死ぬべき時ではないので、

どうしてもというのなら朕(ちん)が世を去った後にしなさいと答えたそうです。

乃木希典の殉死は、明治天皇のこの言葉に従ったのではないかとも言われているのです。

きょうのまとめ

今回は乃木希典の殉死についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

① 明治天皇の大喪の礼が行われた夜、乃木希典は妻とともに自刃した

② 乃木希典の遺書によると、西南戦争で軍旗を奪われたことが自刃の理由とされている

③ 遺書の内容とは別に、日露戦争で多くの犠牲を出したことに対する自責の念が理由とも言われている

こちらのサイトでは他にも、乃木希典にまつわる記事をわかりやすく書いています。

ご興味のある方は、ぜひご覧になってくださいね。










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × 4 =