立花宗茂と誾千代の夫婦仲は?

 

立花宗茂(たちばな・むねしげ)と言えば同時に出てくる人物が

立花誾千代(たちばな・ぎんちよ)ではないでしょうか。

誾千代は宗茂の正妻ですが、男勝りな勇ましい女傑としても有名ですね。

武勇に優れた宗茂とは相性が良さそうに思えますが、

実際の2人の仲はそうでもなかったようです。

見ていきましょう。

宗茂と誾千代の仲

宗茂と誾千代、2人の夫婦仲はどうだったのでしょうか。

調べてみましたので一緒に見ていきましょう。

立花誾千代とは

まずは立花誾千代とはどんな人なのでしょう。

誾千代は、37戦37勝という生涯の戦で負け無しという猛将・立花道雪(たちばなどうせつ)の一人娘として生まれました。

道雪57歳のときの子供で、溺愛されて育ったと言います。

一人娘だったため、跡取りとして育てられた誾千代は、武芸に秀でた姫に育ちます。

正式な手続きを経て、7歳で父から立花家の家督を譲り受けます。

跡取りとして育てられたのですから、男勝りな性格は致し方ないとも言えますが、誾千代は相当頑固だったようです。

誾千代の「 誾 」は「 慎み人の話を聞く 」とか「 安らぎ慎む 」といった意味がありますが、

どうも「 慎み 」とは真逆の性格だったようです。

宗茂は婿養子

誾千代は宗茂の正妻ですが、宗茂が誾千代を妻に迎えたわけではなく、

宗茂が立花家の婿養子に入ったのです。

宗茂は高橋招運(たかはしじょううん)の嫡男でした。

嫡男ですから、ゆくゆくは高橋家を継ぐことを約束されているようなものです。

それでも道雪は熱心に宗茂を婿に欲しいと懇願します。

道雪にしてみれば、「 この男になら家と娘をまかせられる! 」

と思った男をみすみす逃がしてなるものか、という思いだったのかもしれません。

道雪の熱意に根負けした招運は、宗茂を立花家の婿に出すことを決めます。

2人が結婚したのは宗茂15歳誾千代13歳の時でした。

宗茂が婿養子になると、誾千代に代わり立花家の家督を譲り受けます。

ほぼ別居状態

宗茂が婿養子に入ると、道雪から誾千代に代わって立花家の家督を譲り受けます。

女といえど跡取りとして育てられ、7歳から6年間は立花家の当主として過ごしてきた誾千代にとっては、心穏やかではなかったかもしれません。

当主が2人、同じ屋根の下にいると考えたら上手くいかないのも納得です。

宗茂は国替えとなり、豊臣秀吉から筑後柳河を拝領しますが、誾千代は父の墓がある場所を離れたくないと城を出て宮永村に居を構え別居状態になります。

2人が結婚したのが1581年で、宗茂が筑後柳河を拝領したのが1587年ですから、その結婚生活はわずか6年という短いものでした。

その6年の間も、決して仲睦まじいとは言えない間柄だったようです。

きょうのまとめ

立花宗茂と立花誾千代の夫婦仲についてご紹介しましたが、

いかがでしたでしょうか。

誾千代は34歳の若さで亡くなりますが、宗茂は手厚く誾千代を弔っています。

「 仲が悪かった 」と言われている2人ですが、夫婦のことは夫婦にしか分かりません。

愛情ではなかったかもしれませんが、夫婦の情は確かにあったのかもしれません。










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eighteen + 8 =