劉備玄徳の家来にはどんな人がいた?

 

劉備玄徳(りゅうびげんとく)は、
とても優れた統治者として知られています。

劉備玄徳本人も優れた人物でしたが、

諸葛孔明(しょかつこうめい)や関羽(かんう)、張飛(ちょうひ)などの

とても優秀な部下がいました。

今回は劉備玄徳の優秀な部下である、

諸葛孔明と関羽、張飛について調べたことを紹介します。

また、どうして劉備玄徳が優秀な部下に恵まれたのかについても考えてみました。

是非参考にしてください。

 

諸葛孔明

諸葛孔明は劉備玄徳の軍師です。

劉備玄徳から直接自分の軍師になって欲しいと頼まれて、

彼の人柄に感動して仕えることに決めました。

諸葛孔明は、

もしも劉禅(りゅうぜん)が補佐することができないほど国の統治に向いていなかったら、君が皇帝になってほしい。

と劉備玄徳に頼まれるほど信頼されていた部下です。

劉備玄徳から絶大な信頼を置かれていた諸葛孔明は、最後まで劉備玄徳に優秀な部下として仕えました。

陳寿もとても諸葛孔明を評価していた

「 三国志 」の著者である陳寿(ちんじゅ)は、

時代に合った政策を行うことができる人物で、賞罰もとても公平に行っていた。

どんな小さいことでも善いことには褒美を与え、

悪いことは小さなことでもきちんと罰していた。

周りの人々は、彼のことを恐れつつもとても敬愛していた。

と記述しています。

実際に諸葛孔明はとても優秀な政治家としての一面を持っていて、

劉備玄徳が亡くなった後は、彼の息子である劉禅をしっかり支えていました。

軍師としてはあまり能力が高くなかった…?

劉備玄徳のもとで多くの功績を立てて、

現在でも賢人として人気がある諸葛孔明ですが、軍師としては少し能力が欠けることもあったようです。

政治家や統治者としてとても諸葛孔明のことを評価している陳寿も、

政治家としてはとても優れた才能を持っているが、
戦略家としては足りない部分があった。

と少々苦言を残しています。

諸葛孔明は、奇策にはあまり優れていなかったという記録も残っています。

諸葛孔明は、とても優れた人物でしたが、

軍師としてよりも政治家として優れた一面を沢山持っていたようです。

 

関羽

関羽は諸葛孔明のもとで将軍として武功を立てた人物です。

多くの武勇伝を持っていて、

劉備玄徳だけではなく敵の武将からも高く評価されていた人物でした。

最後は捕まって処刑されるという悲劇的な最期を遂げた関羽ですが、彼が劉備玄徳の優れた部下であるという事実に変わりはありません。

曹操も認めるほど、義理を重んじる人物だった

である曹操(そうそう)も、関羽の才能をとても高く評価していました。

実は関羽は曹操の捕虜になった時期があったのです。

曹操はその頃から関羽を高く評価していたため、自分のもとに関羽をひき入れようと、

捕虜であるにもかかわらず将軍の位を与えるなど、関羽をとても手厚くもてなしていました。

曹操は是非自分のもとに来て欲しいと関羽に頼みましたが、

曹操への恩返しがすんだら劉備のもとに戻るときっぱり話しました。

その後も曹操は関羽に多くの恩賞を与えるなどして自分のもとに関羽を招き入れようとしますが、

最後に関羽は手紙で曹操への感謝を伝えて劉備のもとに帰っていきます。

曹操の部下は関羽を追おうとしましたが、

曹操は部下たちが関羽を追うのを止めて、関羽の義理の重さを高く評価しました。

 

張飛

張飛は劉備玄徳が挙兵した当初から彼につき従っていた将軍の一人です。

劉備玄徳の身辺警護の役も務めているほど、信頼が厚かった部下でした。

さらに、張飛は1人で1万人の兵に相当する力を持つ

と評価されるほど武勇に優れた将軍で、張飛と劉備玄徳とは兄弟ような仲だったと記述されています。

忠誠心もとても厚く、劉備玄徳が曹操のもとを離れる際にも一緒に従いました。

低い身分の人には横暴だったことが原因で死に至る

張飛にはとても大きな欠点がありました。

それは、

「 知識人など身分の高い人には礼儀正しく接することができても、自分よりも身分が低いものには横暴な態度を取ってしまう。 」

ということです。

自分の部下を処罰する際に鞭を使って必要以上に暴力をふるったうえで、自分の側に仕えさせていました。

そんな張飛の態度を劉備玄徳は良いとは思っておらず、

よく注意していたそうです。

しかし張飛はどうしても態度を改めることができず、

結局恨みを持っていた自分の部下によって殺害されてしまいます。

きょうのまとめ

劉備玄徳には諸葛孔明や関羽、張飛など、とても優れた人物がいました。

彼らが劉備玄徳に対して忠実だったのは、

劉備玄徳の寛大さや素直さ、人を見極める能力が大きく関係していると考えることができます。

才能豊かな部下に出会い、彼らと信頼関係を築くためには

自分が人間的に魅力的な人物であることが大切だということが、

劉備玄徳の部下たちについて調べたことで分かりました。










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × four =