張飛とはどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】

 

張飛は劉備玄徳にとても忠実で、

挙兵当初から付き従っていたとても強い武将として日本でも親しまれています。

今回は張飛がどんな人物だったのか、

彼の武勇にまつわるエピソードと合わせて紹介します。

 

張飛はどんな人?

  • 出身地:中華人民共和国保定市
  • 生年月日: 168年
  • 死亡年月日: 221年(享年 53歳)
  • 劉備玄徳の挙兵当初から付き従っていた、一騎打ちがとても強い中国上六十四名将の一人

 

張飛 年表

年表

西暦(生年月日不詳)

168年(0歳)中華人民共和国保定市で誕生する。

184年(16歳)劉備玄徳が黄巾(こうきん)の乱で挙兵。張飛は劉備玄徳の身辺警護を務める。

191年(23歳)劉備玄徳、平原郡の相に就任。このとき、張飛は一軍を率いる将に昇格する。

196年(28歳)劉備玄徳から下邳郡(かひんぐん)の留守を任されるが、下邳郡の相であった曹豹(そうひょう)と対立。劉備玄徳を裏切った呂布(ろふ)と曹豹が協力して攻めてきたため、張飛は敗北する。

200年(32歳)曹操の臣下であ夏候覇(かこうは)の従妹を捕まえて妻にする。

208年(40歳)長坂(ちょうはん)の戦いで劉備玄徳を救い、武功を立てる。

212年(44歳)諸葛孔明(しょかつこうめい)、趙雲(ちょううん)、劉封(りゅうほう)と共に益州に攻め込み、その土地を平定する。

221年(53歳)劉備玄徳、蜀漢(しょくかん)を建国。張飛は西郷候に昇進。

221年(53歳)劉備玄徳が呉(ご)への侵攻を開始し、協力を決意する。

221年(53歳)進軍準備を進めていた夜に、部下の張達と范彊に暗殺される。

 

武勇に優れていたが、最後は部下によって暗殺される

張飛は劉備玄徳の忠実な部下として名高い関羽(かんう)とも深い親交があり、

関羽の方が少し年上であったため、関羽のことも兄のように慕っていました。

張飛は劉備玄徳をすぐそばで守り、

いつでも彼に付き従った忠誠心の厚い将軍でした。

劉備玄徳と関羽を兄のように慕い、

とても良い関係を築いていたという記述も多く残っています。

張飛と関羽は共に劉備玄徳の身辺警護を務めたこともあります。

その優れた武功と劉備玄徳に対する厚い忠誠心から、

「中国上六十四名将」

にも選ばれていて、特に優れた武将と評価されています。

長坂の戦いでは、曹操が少数精鋭を集めて劉備玄徳を追ってきた際に、

張飛の迫力によって相手の士気が下がり、劉備玄徳は難を逃れることができました。

素晴らしい武勇伝を数多く持つ張飛ですが、

残念なことに劉備玄徳のように身分の低い者達を思いやることができませんでした。

相手の身分により大きく態度を変えてしまう張飛を、劉備玄徳はとても心配し何度も態度を改めるように伝えていたとされています。

結局、身分が低い者を見下し過剰な罰を与えたり、身の周りの世話をさせるというような横暴な振る舞いを改めなかった張飛は、

身近にいた部下の張達(ちょうたつ)と范彊(はんきょう)によって暗殺されます。

張達と范彊が暗殺を決意した理由も、

「無理な命令を下された上に、実現できなければ殺すと脅されたから。」

というものでした。

 

[関連記事]

 

張飛にまつわるエピソードや伝説

ここからは、張飛が武功を立てたことでとても有名な、長坂の戦いのエピソードと、どれほど張飛が強かったかが分かる伝説を紹介します。

まずは長坂の戦いでのエピソードを紹介します。

長坂の戦いは、曹操が少数精鋭を集めて劉備玄徳を追ってきたことから始まった戦いです。

この戦いの際に劉備玄徳は曹操の迫力に恐れをなして、自分の妻と長男を捨てて逃げようとしたことで、部下達から注意を受けるほど迫りくる曹操の軍勢に焦っていました。

気迫で敵軍の士気を下げた

長坂の戦いで向かって来る曹操軍に対し、劉備玄徳を逃がすために、張飛は二十騎ほどを率いて挑んでいきました。

張飛は川にかかっていた橋を切り落として、相手軍に対して

我こそは張益徳である。俺と死を決したい奴はいるか

と叫びます。

あまりの張飛の迫力に、敵軍は誰も張飛に近づこうとはしなかったそうです。

このエピソードから分かるように、張飛の武勇は曹操軍からも高く評価されていました。

一騎打ちの名人

張飛はとても一騎打ちが強かった武将です。

関羽と互角に戦うほどの実力を持っていた、武将である紀霊(きれい)を一騎打ちで打ち取るほどの実力を持っていました。

さらに、曹操軍でも屈指の武勇を持つ許褚(きょちょ)にも、張飛は一騎打ちで勝っています。

一騎打ちに優れていた張飛は身長も約184cm、虎髭を生やしており、声は雷のようだったという記述も残っていて、どれほど張飛が将軍として高く評価されていたかが、よく分かります

 

きょうのまとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。

張飛についていかがでしたでしょうか。

張飛とは?簡単にまとめると

① 劉備玄徳の挙兵当初から付き従った武将

② 中国上六十四名将に数えられるほどの武功の持ち主

③ 身分の低いもの達を思いやることができず、部下によって暗殺された

と言えるのではないでしょうか。

その他にも張飛にまつわる色々な記事を書いています。

よろしければどうぞ御覧ください。

 










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

six + eight =