野口英世とはどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】

 

千円札の肖像としても、日本人にはお馴染みの野口英世

ノーベル賞候補にもなり、世界的にも有名な細菌学者でした。

ですが、彼がどのような生涯を歩んできたのか、説明できる方も少ないのではないでしょうか。

そこで今回は、野口英世とはどんな人物だったのか、

簡単にご紹介していきます。

 

野口英世はどんな人?

  • 出身地: 福島県三ツ和村三城潟(現在の福島県猪苗代町)
  • 生年月日: 1876年11月9日
  • 死亡年月日: 1928年5月21日(享年 53歳)
  • 細菌学者。黄熱病の研究中、感染して西アフリカで死亡した。

 

野口英世 年表

年表

西暦(年齢)

1876年(1歳)福島県三ツ和村三城潟の農家の長男として誕生(元の名は清作)。

1878年(3歳)左手に大やけどを負う。

1892年(17歳)会陽医院・渡部鼎(わたなべ・かなえ)の手術を受ける。

1893年(18歳)会陽医院の書生となる。

1896年(21歳)医術開業前期試験に合格する。

1897年(22歳)医術開業後期試験合格、医師の資格を得る。

1898年(23歳)英世と改名する。

1900年(25歳)渡米

1901年(26歳)毒蛇の研究

1903年(28歳)デンマーク留学

1904年(29歳)ロックフェラー医学研究所に入る。

1911年(36歳)梅毒スピロヘータの純粋培養に成功する。

1912年(37歳)母親・シカからの手紙が届く。

1914年(39歳)ノーベル賞候補となる(1回目)。

1915年(40歳)ノーベル賞候補となる(2回目)。一時帰国し、再び渡米。

1918年(43歳)エクアドルで黄熱病の病原体を発見する。母親死去。

1920年(45歳)ノーベル賞候補となる(3回目)。

1928年(53歳)西アフリカのアクラ(現在のガーナ共和国)で永眠。

 

貧農に生まれるも猛勉強 研究に身を捧げる

野口英世は明治9年(1876)、現在の福島県猪苗代町の貧農の長男として誕生しました。

元の名は英世ではなく、清作(以下、改名まで清作とします)といいました。

左手の大やけどが人生を変えた

野口は赤ん坊の頃、母親のシカが目を離している隙に、いろりに落ちてしまったことがあります。

それが原因で清作の左手はこぶのようになり、指は開かなくなってしまったのです。

関連記事 >>>> 「野口英世は左手にやけどをしていなければ農家を継いでいた?」

母のシカは、清作が将来学問で身を立てられるよう、教育費を稼ぐために身を粉にして働きます。

当の本人も猛勉強し、小学校では大変優秀な成績を修めました。

さらには高等小学校在学中、恩師や友人たちの援助を得て左手を手術

すると清作の指は切り離され、少しだけ動くようになったのです。

そのとき医学の素晴らしさに感動した清作は、医師を目指すことを決めました。

猛烈なスピードで医術開業試験に合格

高等小学校卒業後、清作は手術を受けた会津若松の会陽医院に書生として入ります。

そして1869年、医術開業試験を受験するために上京。

試験は前期・後期とあり、これらをパスするのにはおよそ10年かかるといわれていたとか。

ですが清作は、わずか1年あまりで合格し、医師の資格を得たのです。

ここからも、かなりの超人ぶりがわかります。

関連記事 >>>> 「野口英世の名言の意味とそれを裏付ける努力とは?」

晴れて医師となった清作は、高山歯科医学院や伝染病研究所、横浜海港検疫所などで働きます。

清作から英世(ここからは英世とします)に改名したのもこの頃です。

その理由は後ほどご紹介しますね。

渡米し研究が評価される

その後、清(現在の中国)でも働いていましたが、研究者となるために渡米。

ペンシルベニア大学・フレキスナー博士の助手となり、毒蛇の研究に没頭します。

そしてその研究が評価されると、デンマークに留学。

ここでは国立血清学研究所・マッセン博士のもとで、細菌学を学んでいます。

再びアメリカに戻ると、ロックフェラー医学研究所に入りました。

すると梅毒スピロヘータの研究が世界的に認められ、ノーベル生理学・医学賞の候補にもなっています。

さらにこの頃、メリー・ダージスというアメリカ人女性と結婚しました。

母・シカのために一時帰国

幼い頃、母親が願ったように、学問の分野で成功した野口英世。

そのため生活は多忙を極め、日本にはなかなか帰る時間などありませんでした。

そこで母のシカは、手紙で息子の帰国を懇願しています。

それを受け取った英世は、およそ15年ぶりに日本へ帰国。

年老いたシカに親孝行をして過ごしますが、これが英世本人にとっても、日本の地を踏んだ最後の時間でした。

 

関連記事 >>>> 「野口英世の母親が書いた手紙が泣かせる!シカの生涯とあわせて説明」

黄熱病により西アフリカで死亡

再び渡米した英世は、腸チフスにかかり危篤状態に。

無事回復すると、黄熱病の研究に携わることになりました。

そして南米のエクアドルへ赴くと、わずか9日で病原体を発見しています。

実はこの病原体、黄熱病のものではなかったのです。

詳しくは、下記の記事をお読みください。

関連記事 >>>> 「野口英世の黄熱病研究の本当のところ」

またこの頃、母親のシカが亡くなっています。

その後も黄熱病などの研究に尽力。

そしてあるとき、研究所の同僚であったストークスがアフリカで黄熱病にかかり、亡くなったという知らせを受けます。

これを機に英世は、自身も西アフリカへと赴き、黄熱病の研究を続けます。

しかし、自らも黄熱病にかかり、アクラ(現在のガーナ)で命を落としました。

まだ50代という若さでした。

野口英世にまつわるエピソード

それでは上記にまとめきれなかった、有名な野口英世にまつわる逸話をご紹介していきますね。

英世に改名した意外な理由

上述した通り、清作から英世へと名前を変えています。

その理由は、坪内逍遥(つぼうち・しょうよう)の小説『当世書生気質(とうせいしょせいかたぎ)』にありました。

そこには登場人物である「野々口精作」という医学生の、堕落していく様が書かれていたのです。

この作品を呼んだ清作は、なんだか自分のことが書かれているようで嫌になったといいます。

当時の清作は、恩師から受け取ったお金のほとんどを酒・女・ギャンブルに使うという、自堕落な生活を送っていたからです。

名前も欠点も似ている……ということで、英世と改名したのだとか。

ただこちらの作品の野々口精作、野口清作をモデルに書かれたわけではないようですよ。

結局お金のためだった?婚約破棄

野口英世は、アメリカ人女性と結婚したとご紹介しました。

ですが実は、日本人女性と婚約していたことがあるのです。

その女性は斉藤ます子という、医師を志していた女学生でした。

ます子の実家はお金持ちで、アメリカ留学の費用を出してくれるという話に。

そのときの野口は、当然ながらまだ無名。

帰国したら結婚するという約束をし、現在の数百万から1,000万円ともいわれる大金を手に入れます。

そのお金で、さぞ立派な研究をしてくれると思いきや、なんと芸者遊びに使ってしまいます。

結局、血脇守之助という恩師に借金をして留学するのですが、結婚もする気はありませんでした。

ます子やその父親から結婚の催促の手紙が届いても、英世は適当にかわし続けました。

結局、この婚約はなかったことに

またもや血脇の力を借り、婚約持参金を斎藤家に返したそうです。

これって、結婚詐欺なのでは……?

そして、こんな野口英世を見捨てなかった血脇さんもすごいです。

 

きょうのまとめ

今回は野口英世の生涯について簡単にご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

野口英世とは?

① 幼少期の大やけどが、野口英世の人生に大きな影響を与えた

② 野口清作から野口英世に改名した理由は、坪内逍遥の小説『当世書生気質』だった

③ 野口英世は若い頃、結婚詐欺のようなことをしていた

こちらのサイトでは他にも、科学の分野で活躍した人物についてわかりやすく書いています。

より理解を深めたい方は、ぜひお読みになってくださいね。

 










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

14 + 1 =