野口英世の名言の意味とそれを裏付ける努力とは?

 

貧しい農家に生まれるも、世界的に有名な細菌学者となった野口英世

今回は彼の有名な名言の意味と、

それにまつわるエピソードについてご紹介します。

 

固い意志を表した野口英世の名言

野口英世といえば、いくつも有名な名言があります。

中でも有名なのは、こちらではないでしょうか。

志しを得ざれば、再び此地を踏まず

こちらは医師免許取得のため、上京するにあたって、野口が家の床柱に刻んだ言葉です。

単純な意味としては、目的を果たさなければこの場所には戻ってこない、

ということですが、それを裏付ける努力が尋常ではありませんでした。

超人的な努力

野口英世が医師を目指したきっかけは、自身が左手に負ったやけどの手術を受けたことでした。

高等小学校卒業後、野口は手術を受けた会津若松の会陽医院の書生となります。

そこで医学・英語・ドイツ語などを学びますが、学問に対する熱の入れようが超人的でした。

当時の野口の口癖は

「ナポレオンは1日に3時間しか眠らなかった」

だったそうで、

本当にその通りの生活を送り、勉強していたんだとか。

 

その後上京し、数えで22歳という若さで医師免許を取得しました。

そしてその翌年、野口は故郷の地を踏んでいます。

まさに有言実行ですが、真似して無理はしないでくださいね。

15年ぶりの帰国

若くして医師免許を取得した野口でしたが、医者にはならず、細菌学者を目指すために渡米。

その後は毒蛇や梅毒、黄熱病の研究にあたるわけですが、なかなか日本へは帰っていませんでした。

その間も熱心に研究に励み、「ノグチはいつ眠るのか?」と言われたくらいです。

 

多忙の野口が再び日本の地を踏むことになったのは、渡米から15年後だったといいます。

もしかしたら渡米する際にも、「志しを得ざれば、再び此地を踏まず」と思っていたのかもしれませんね。

日本には約2か月滞在し、母親や恩師と旅行を楽しんだそうですよ。

 

きょうのまとめ

今回は、野口英世の名言の意味や逸話についてご紹介しました。

① 「志しを得ざれば、再び此地を踏まず」は野口が医師になるため、家を出るときに柱に刻んだ言葉

② 野口英世は睡眠時間を削りに削って学問・研究に励んだ

③ 研究のため渡米した野口は、その後15年日本へ帰ってこなかった

こちらのサイトでは他にも、野口英世にまつわる記事をわかりやすく書いています。

より理解を深めたい方は、ぜひお読みになってくださいね。

 

関連記事 >>>> 「野口英世とはどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】」

 










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × 5 =