中大兄皇子とはどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】

 

日本人なら、一度は名前を聞いたことがある中大兄皇子ですが、

大化の改新以外の人生について、意外に知られてないかと思います。

一体、どんな人物だったのでしょうか。

今回は中大兄皇子の生涯について説明します。

 

中大兄皇子はどんな人?

  • 出身地: 飛鳥(あすか)(現在の奈良県高市郡)
  • 生年月日: 626年
  • 死亡年月日:672年1月7日(享年 46才)
  • 後の第38代天智天皇。天皇を中心とした国づくりを目指す。

 

中大兄皇子 年表

年表

西暦(年齢)

626年(1歳)飛鳥に生まれる。

645年(19歳)乙巳の変(いっしのへん)にて、蘇我入鹿(そがのいるか)を殺害する。

646年(20歳)改新の詔(みことのり)発布

663年(37歳)白村江(はくすきのえ)の戦いに参戦し、敗北する。

667年(41歳)近江大津宮(おうみおおつのみや)に遷都する。

668年(42歳)天皇に即位。

672年(45歳)崩御

 

中大兄皇子の生涯

出生から大化の改新

大兄皇子は、第34代 舒明天皇(じょめいてんのう)の皇子として誕生します。

中大兄皇子が育った時代は、
豪族である蘇我(そが)氏が権力を握り、
天皇を凌(しの)ぐようになっていました。

645年、19歳の時に中臣鎌足と「 乙巳の変 」を決行し、
大臣である蘇我入鹿(そがのいるか)を殺害しました。
翌日、蘇我入鹿の父親である蘇我蝦夷(そがのえみし)も自害に追い込み、
蘇我氏の勢力を一掃することに成功します。

その後、政治の中心となり
天皇中心の国づくりを目指して、
政治改革を行いました。

この政治改革を「 大化の改新 」と呼びます。

[関連記事]

手段を選ばない!中大兄皇子の大粛清。

大兄皇子は、乙巳の変の後、次々に政敵を粛清(しゅくせい)しました。

有力な天皇候補だった古人大兄皇子(ふるひとのおおえのみこ)や、
乙巳の変の仲間だった蘇我倉山田石川麻呂(そがのくらやまだのいしかわまろ)を、
謀反(むほん)の疑いで殺害します。

孝徳天皇(こうとくてんのう)の息子である有間皇子(ありまのみこ)も
謀反の疑いで処刑しました。

孝徳天皇は、乙巳の変の後に天皇に即位した人で、
中大兄皇子の叔父にあたります。

彼自身も、政治的な見解の違いから中大兄皇子との関係が冷え、
冷遇された晩年を送りました。

孝徳天皇の死後、有間皇子は疑いをかけられないように、
精神の病を装っていましたが、
それでも、中大兄皇子から逃れられず、処刑されてしまいます。

いずれの場合も、実際に謀反があったのか不明で、
中大兄皇子の陰謀だと言われています。

白村江の戦いの敗北

白村江の戦いとは、朝鮮半島で起きた
唐、高句麗(こうくり)の連合軍 対 百済(くだら)の戦いです。

中大兄皇子は、日本との繋がりが強い百済からの要請を受け
援軍を出しますが、百済は大敗します。

この敗北以降、日本は唐の脅威にさらされることになりました。

中大兄皇子は国防に力を入れ、
九州地方に防人(さきもり)と呼ばれる兵士を配置します。

また、防衛に優れた地理の近江(おうみ)(現在の滋賀県)に
都を遷し(うつし)ました。

天皇即位と後継者問題

668年 中大兄皇子は天皇に即位し、
皇太弟(こうたいてい)に弟の大海人皇子(おおあまのみこ)を指名します。

しかし、中大兄皇子(天智天皇)は息子である大友皇子(おおとものみこ)に
天皇の座を譲りたいと考えていました。

次第に、中大兄皇子(天智天皇)と大海人皇子の間に
緊張がはしるようになります。

命の危機を感じた大海人皇子は、
皇太弟を辞退し、出家して吉野に逃れます。

671年、大海人皇子の辞退をうけ、大友皇子が皇太子になった後に、
中大兄皇子は崩御(ほうぎょ)します。

[関連記事]

壬申の乱(じんしんのらん)

出家して吉野に逃れた大海人皇子ですが、
中大兄皇子の崩御を聞くと、兵を挙げ、
大友皇子を自害に追い込みます。

そして、天武天皇として即位しました。

これを壬申の乱といいます。

中大兄皇子にまつわるエピソード

中大兄皇子の意味

中大兄皇子の本名は葛城皇子(かづらきのみこ)といいます。
中大兄皇子は称号です。

中は「 2番目の 」
大兄は「 同じ母親の中の長男、皇位継承者 」
という意味で、あわせると、
2番目の皇位継承者という意味になります。

これは、乙巳の変以前の、彼の皇位継承順位を表しています。

水時計

中大兄皇子は、近江宮に水時計を設置し、
時が来ると鐘を鳴らさせ、民に時間を知らせました。

日本書紀に、6月10日に設置したと書かれています。
それにちなみ、6月10日は「時の日」に制定されました。

きょうのまとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。中大兄皇子についていかがでしたでしょうか。

中大兄皇子とは?

① 育った時代は蘇我氏が権力を持っていた。

② 乙巳の変を実行し、大化の改新を行う。

③ 政敵を次々と粛清する。

④ 白村江の戦いに敗北。国防に力を入れる。

⑤ 天皇即位後、後継者争いが起きる。

⑥ 中大兄皇子は二番目の皇位継承者を表す称号。

⑦ 中大兄皇子の水時計にちなんで、時の日が制定された。

中大兄皇子の生涯を振り返ると、
目的の為には手段を選ばない、有能な人物像が浮かび上がってきました。
中大兄皇子が日本の歴史に与えた影響の大きさを改めて感じました。

 

[関連記事]









合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × three =