水野忠邦の水野家の歴史と墓

 

“天保(てんぽう)の改革”でおなじみの水野忠邦

彼のお墓は茨城県結城(ゆうき)市にあります。

ここは忠邦の水野家が大坂の陣での活躍により、大名領として初めて与えられた地であります。

今回はこの水野家にまつわる歴史について紹介してまいりましょう。

水野家、結城の領主となる

水野忠邦の先祖は豊臣秀吉政権の時の五奉行筆頭となった浅野長政(淀殿やお江の方のお父さんで信長に滅ぼされた浅井長政とはまったくの別人)です。

が、その子孫が養子に入り、やがて水野家を継ぎました。

水野家というのは戦国時代ごろまでたどってゆくと、三河国(今の愛知県東部)西部の辺りの豪族でした。

東西に今川、織田、という強力な大名にはさまれた時期がありました。

やがては織田信長にくみしながら謀反(むほん。裏切りのこと)の疑いをかけられ、当主が殺される、なんてこともありました。

そんな時代の荒波に翻弄(ほんろう)されながらも、したたかに生き残り、そして徳川の世をむかえます。

水野忠元という人物が徳川秀忠に気に入られ、
やがて大坂の陣でも活躍!

下総(しもふさ。今の茨城県西部と千葉県北部にまたがる地域)山川藩(今の結城市)に3万石の領地をもらい、ついに大名の仲間入りを果たしたのです。

水野家と赤穂事件

やがて代を重ねて忠之(ただゆき)の時代です。

あの”赤穂事件”が起こりました。

一方の当事者江戸城内松の廊下で吉良上野介(きらこうずけのすけ)を斬り付けた浅野内匠頭長矩(たくみのかみながのり)。

彼は水野忠邦のご先祖浅野家の流れをくみます。

これに対して安芸(あき)広島の浅野本家は自家によけいな火の粉が降りかからないように、露骨に日和見(ひよりみ。事の成り行きを見守り、有利な方につこうとすること)の態度を示します。

詳しくは同サイト上
「水野忠邦の家系図をたどると意外な人に行き当たる!?」
を参考にしてください。

これに対し、水野忠之は長矩が江戸城で殺傷沙汰に及んだときは、
赤穂藩の鉄砲洲屋敷へおもむいて、騒動の取り鎮めに当たっています。

さらに、赤穂義士が吉良屋敷に討ち入りを果たし、出頭してきた後も、
彼らをほめたたえ、よくもてなしたとされます。

忠之は今風でいう
「 神対応! 」
と江戸庶民から絶賛されたようです。

忠之は後に出世し、あの徳川吉宗の享保の改革においては”老中(今でいう閣僚級のえらいさん)”として支えたようです。

改革を頓挫させられた当主

その孫に忠辰(ただとき)というちょっとかわいそうな当主がおります。

この時、藩の財政がかなり苦しかったようです。

しかし、忠辰。
一生懸命、財政回復にはげみます。

自分も着るものは木綿です。
食費は1日100文までです。

庶民の生活レベルです。

おかげでどんどん藩の財政は持ち直し、豊かになってゆきました。

忠辰。さらに、
家格にこだわらず能力次第で人を抜擢したり。
年貢を減免したり。

思い切りも思いやりもある政治です。
が、いやがる人はいるもんで、守旧派の家老に邪魔されて改革は途中で頓挫。

忠辰はやけを起こし、遊びふけるようになってしまいました。

お母さんがたまらず「 やめてくれ 」と自分の命まで絶ってしまいました。

それでも忠辰の”乱心”はおさまることなく、とうとう強制的に隠居させられ、最後は座敷牢にて亡くなりました。

享年は満28才です。

どことなく、忠邦の人生を彷彿(ほうふつ)とさせるところがあります。

水野家歴代当主が一同に眠る墓所
結城市山川新宿にある水野家の菩提寺(ぼだいじ。一族をとむらう寺)万松寺。

火災により焼け落ち、明治4年に廃寺となっております。

ただそこには
水野家累代の墓が残されております。

忠元のものも、
忠之のものも、
忠辰のものも、
忠邦のものも、

きょうのまとめ

水野家の墓所がある結城には格子戸の紬問屋(つむぎどんや)や蔵造りなど、昔ながらの街並みが色濃く残っております。

一度足をのばし、その歴史を想ってみるのもいいかもしれません。

① 水野忠邦や水野家当主歴代の墓は茨城県結城市にまつられている

② 水野忠之は”赤穂事件”の時、見事な裁量を発揮した

③ 水野忠辰は改革を断行しながら、守旧派の反抗により頓挫させられ、不遇のうちに亡くなった

いかがだったでしょう。
これを契機に私たち自身の先祖の墓参りというのも人生の味わいを変えてくれるかもしれません。

 

[関連記事]

 










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twenty − eleven =