麒麟がくる第八回「同盟のゆくえ」【あらすじ簡単まとめ】

 

※ネタバレあり

大河ドラマ麒麟きりんがくる』

第八話で描かれたのは、斎藤家長女・帰蝶の政略結婚を巡る光秀の葛藤。

そしてこの一大事に斎藤利政・高政の親子関係はさらに悪化し、その火の粉は光秀にも降りかかります。

複雑な立場に立たされた彼はなにを思うのか…?

まずは簡単なあらすじを見ていきましょう。

 

麒麟がくるのその他の回のあらすじ、感想はこちらをどうぞ。
関連記事 >>>> 「麒麟がくる」感想あらすじまとめ

 

麒麟がくる(第八話)あらすじと見どころ

前回、帰蝶(演:川口春奈)の政略結婚に際し、

「せめて織田信長がどんな男か知りたい」

という彼女の願いで尾張へ向かった光秀(演:長谷川博己)。

尾張にて信長(演:染谷将太)の奇妙な振る舞いを目にした彼は、帰蝶にどう告げるべきかと戸惑います。

しかし結局は

「美濃を守るために織田家と手を結ぶべき」

と判断し、嫁入りを進言することに。

光秀の言葉で織田家へ嫁ぐことを決断した帰蝶でしたが、黙っていなかったのは斎藤家嫡男・高政(演:伊藤英明)でした。

美濃守護・土岐頼芸ときよりのり(演:尾美としのり)の意向を無視した織田家との和睦に反対した高政は、独断で話を推し進めた父・利政(演:本木雅弘)への遺憾を募らせます。

親子で反発し合う斎藤家と、対立に巻き込まれる光秀。

そして光秀と帰蝶が想い合っていたことも明らかに…?

ここまでが簡単なあらすじ…以下より見どころを紹介していきます!

光秀を決断させた母・牧の言葉

帰蝶の願いで尾張へと足を運んだ光秀が目にしたのは、若殿の立場にありながらも庶民に混じり、釣ってきた魚を安値で売りさばく信長の姿でした。

これを見た光秀は「奇妙な男じゃ…」と一言。

将来の主従関係を思えば、運命の出会いともいえるこの出来事…少し意外な反応でしたね。

そして光秀は母・牧(演:石川さゆり)を前にして

「あの男に嫁ぎなされとは…しかしこの国のことを思うと…」

と、葛藤を露わにします。

すると牧は、光秀の父・光綱が亡くなったときの話を切り出し、

「人は消えても、あの川や畑は変わらずそこにある…それが大事なことじゃ。変わらずあるものを守っていくのが、残された者の務めかもしれぬ。十兵衛(光秀)…大事なのはこの国ぞ」

と光秀を諭すのです。

この言葉をきっかけに、光秀は帰蝶に嫁入りを進言する決意をします。

牧の言葉にはいつも、女手ひとつで光秀を育ててきた強さがにじみ出ていますよね。

斎藤高政の憤り

前回、政略結婚に反発し、稲葉山城を飛び出した帰蝶が明智荘にいることを知った嫡男の高政は、

「守護の土岐頼芸様の意向を無視し、織田と和睦するなどもってのほか。絶対に帰蝶を稲葉山へ帰してはならん」

と光秀に言っていましたよね。

今回、光秀が彼女に嫁入りを進言したことで案の定、高政は激怒しました。

彼は光秀や斎藤家の重臣たちを率いて土岐家へおもむき、利政が進めようとしている織田家との和睦がどれだけ愚かなことかをはっきりさせようとします。

しかし尾張にてその繁栄を目にした光秀は、織田家との和睦は愚かなことではないと、高政や頼芸の意見に異議を唱えました。

これを面倒に思ったのか、結局頼芸はうやむやなまま話を切り上げてしまいます。

すると頼芸に相手にされなかった高政の憤りはさらに高まり、母・深芳野みよしの(演:南果歩)の前で利政を

「己の娘を損得勘定で尾張などへ嫁に出す…なんの誇りもない恥知らず。あれが父親なものか!」

と罵り出す始末。

それに対する深芳野の

「いずれはそなたに家督が譲られる。今はじっと我慢じゃ…」

という言葉は、このあとの斎藤家の波乱を予感させますね。

すれ違う光秀・帰蝶の想い

大っぴらにはされて来なかったものの、明らかに惹かれ合っていた光秀と帰蝶。

今回はふたりが相思相愛だったこともはっきりしましたね。

明智荘にて帰蝶から、光秀との思い出話を聞いていた駒(演:門脇麦)は

「帰蝶様は今でも十兵衛様をお好きでございましょう」

と問います。

帰蝶はこのとき、その気持ちを認めると同時に、

「嫁に行かせたくなければ、信長がどんな男かを調べにはいかぬ」

と、光秀の気持ちが自分にはないということを話していました。

うーん…そんなに単純な話ではなく、彼にもいろいろ葛藤があるのですが…。

そして終盤、駒が京へ帰る折、見送りに来た光秀に彼女は

「本当は帰蝶様をこうやってお見送りしたかったのではありませんか?本当は帰蝶様を手放したくなかった…だから、お見送りしなかった」

と問います。

ここで

「そうやもしれぬ…」

と、光秀の想いも明らかになるのです。

「自分のことを好きなら結婚にも反対してくれるはず」

と思っていた帰蝶と、帰蝶を想っていながらも、

「彼女は国のために結婚するべき」

と考えた光秀。

すれ違いに胸が痛くなりますが…このとき有無も言わさず失恋してしまった駒も、なんだか不憫でしたね…。

 

麒麟がくる(第八話)のまとめ

国のためにはやむを得ないことと、光秀は自らの想いを押し殺して帰蝶の結婚を進言しました。

しかもこれによって利政・高政親子の溝はさらに深まってしまい、彼は両者の板挟みになる複雑な立場に…。

第八回は、物語の鍵となる人間関係が大きく動いた回となっていました。

最後に今回のまとめです。

尾張の繁栄ぶりを見た光秀は、織田家との和睦が国を守ることにつながると判断した

守護の土岐頼芸は織田家と手を結ぶことに反対。これを無視している斎藤利政に、嫡男の高政は激怒

光秀と帰蝶はお互いに惹かれ合っていたが、その想いにはお互い気付かず

さて…そもそも織田家と斎藤家が手を結ぶことで、土岐頼芸が危惧していたのは、駿河の今川義元を敵に回すことでした。

そして案の定、この和睦が成立したタイミングで「今しかない」と、義元は織田方との戦へと踏み出します。

帰蝶の嫁入りは美濃にとって吉と出るか凶と出るか…

次週も見逃せません。

 

麒麟がくるのその他の回のあらすじ、感想はこちらをどうぞ。
関連記事 >>>> 「麒麟がくる」感想あらすじまとめ

 










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × 4 =