麒麟がくる第七回「帰蝶の願い」【あらすじ簡単まとめ】

 

※ネタバレあり

大河ドラマ麒麟きりんがくる』

第七話で描かれたのは、織田家との政略結婚に駆り出され、揺れ動く帰蝶の姿。

幼少から彼女と親しい光秀は、美濃の命運を分ける一大事であることと、帰蝶の気持ちとのあいだで苦悩します。

以下より簡単なあらすじを辿ってみましょう。

 

麒麟がくるのその他の回のあらすじ、感想はこちらをどうぞ。
関連記事 >>>> 「麒麟がくる」感想あらすじまとめ

 

麒麟がくる(第七話)あらすじと見どころ

前回、美濃は織田家の領土である大垣城を奪還しましたが、実はこの戦を美濃が制したことには、織田家の仲間割れが関係していました。

同時期に清洲城主・織田彦五郎に攻め込まれた織田信秀(演:高橋克典)は大垣城に駆け付けるのが遅れてしまったのです。

この一件を経て敵を減らしたいと考えた信秀は美濃との和議を申し出ます。

条件は斎藤家長女・帰蝶(演:川口春奈)を、嫡男の信長(演:染谷将太)に嫁がせること。

斎藤利政(演:本木雅弘)は美濃を豊かにする近道だと考え、この和議に応じようとします。

しかし当の帰蝶は前の夫・土岐頼純よりずみとの離別の件もあって、難色を示します。

そして利政に命じられ、帰蝶の説得をすることになった光秀(演:長谷川博己)。

このとき彼女が口にしたのは「尾張まで出向き、せめて信長がどんな人物か見てきてほしい」という願いでした。

ここまでが簡単なあらすじ…以下より見どころを紹介していきます!

帰蝶と光秀の信頼関係

斎藤利政から帰蝶の嫁入りについて意見を求められていた明智光安(演:西村まさ彦)は、幼少から彼女と親しい光秀に探りを入れてほしいと頼みます。

光秀が織田家への嫁入りの件に触れると帰蝶は、以前の夫・土岐頼純のときは苦しい想いをしたといい、嫁入りに応じたくない意志を露わにします。

そして幼いころ光秀が泣くたびに、「母の牧(演:石川さゆり)に知られてはかっこ悪い、黙っていてほしい」とよく言っていたことを挙げ

「一番親しい身内と思うているゆえ、約束を守った。今度は私を守ってほしい…」

と、彼に助けを求めるのです。

このあと結局、嫁入りはやむを得ない状況になるのですが、そうなったあとも彼女は光秀に

「信長がどんな人物かたしかめてきてほしい」

と頼みます。

光秀の認める人物であれば、嫁にいってもいいということですよね。

助けを求めたこと、信長を見てきてほしいと頼んだこと…どちらも2人の信頼関係がいかに強固であるかを物語っています。

利政が語る織田家との和議の意義

帰蝶の嫁入りのことで斎藤利政に呼び出された光秀は、彼女の心境を汲み

「申し訳ございません。私はこの和議の値打ちを測りかねております。それゆえ、帰蝶様にご納得いただくのは無理でございます」

と、和議を推し進めようとする利政に食ってかかります。

これに対して利政は今回の和議にどれだけの意義があるかを語りました。

利政は8年前、京の御所が洪水の被害にあった際、織田信秀が4,000貫の寄贈をしたことを挙げると

「海のある国は食うには困らん。海には魚がいる。港を作れば船が来る。船が来れば市が立ち、そこから大きな利が生まれる」

と、油商人をしていた父から教わった、尾張に富が集まる理由を説きました。

尾張は海に面しているから、富が自然に集まってくる。

その尾張と和議を結べば、美濃を豊かにしていく近道になる…ということですね。

このあと帰蝶からの願いで尾張の港町・熱田へと出向いた光秀は、実際にその発展ぶりを目にします。

まだ若く、感情に動かされやすい光秀が、国造りの在り方を肌で学んでいく…そういった成長の課程が描かれているのも、このドラマの醍醐味です。

駒の密かな想い

光秀が京から帰るおり、傷の治癒がまだ十分ではないからと、美濃についてきた医師助手・駒(演:門脇麦)の恋心も見どころのひとつでした。

光秀とその母・牧とのやり取りに微笑んでいる様子が何度も描写され、駒が光秀に密かな想いを寄せていることが伝わってきます。

極めつけは、帰蝶が織田家へ嫁ぐ噂を耳にしたと、駒が牧に持ち掛けたシーン。

「女は誰しもしかるべき人に嫁ぎ、子を産み育てなければいけないときを迎えるもの…」という牧に対して駒は

「それができぬ者は、どうすればいいのでしょうか…」

と問います。

武士の光秀に一庶民の自分が恋するのは決して叶わないことだと、彼女はわかっているのです。

嫁ぐにしても家柄が大きく関わってくるこの時代…報われない恋をする人も多かったのかもしれませんね。

いまいち光秀への恋に踏み切れずにいた駒の内心が垣間見える、なんだか切ない一幕でした。

 

麒麟がくる(第七話)のまとめ

親の意向に翻弄され、苦しむ帰蝶。

幼なじみという近しい間柄だからこそ、彼女の気持ちを汲みたい光秀でしたが、利政のいう和議の意義も理解できる…。

美濃をよくしていきたいと願う彼だからこその苦悩が描かれていましたね。

最後に今回のまとめです。

政略結婚を求められた帰蝶は、光秀に助けを求めたり、信長の様子を見てきてほしいと頼んだり。2人の信頼関係がありありと描かれていた

港を有し、富が集まる尾張との和議は、美濃を豊かにしていくことにつながると説く斎藤利政。港町の熱田を訪れた光秀は現地でその意義を実感することに

光秀に密かな恋心を寄せる駒。踏み切れない理由は武士と庶民という、家柄の違いから

さて、尾張は熱田へとおもむいた光秀は次週、いよいよ信長と対面することになります。

史実を思えば、これはどちらにとっても運命の出会い…いったいどのように描かれるのでしょうか。

 

麒麟がくるのその他の回のあらすじ、感想はこちらをどうぞ。
関連記事 >>>> 「麒麟がくる」感想あらすじまとめ

 

「麒麟がくる」初回から最新回までをお得に視聴

こちらの記事では「麒麟がくる」を初回から最新回まで「NHKオンデマンド」をU-NEXTでお得に観る方法をご紹介しています。

入会から退会まで実際の画面と合わせて、分かりやすく記事にしています。

もう一度、あの回を見直したい、全回通して見直したいという方は是非どうぞ。

関連記事 >>>> 「麒麟がくる」のNHKオンデマンドをU-NEXTでお得に観る方法

 










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

2 + 1 =