麒麟がくる第十二回「十兵衛の嫁」【あらすじ簡単まとめ】

 

※ネタバレあり

大河ドラマ麒麟きりんがくる』

第十二話で描かれたのは、光秀の結婚・織田信秀の死…そして激化していく美濃守護代・斎藤利政と守護・土岐頼芸よりのりの対立。

一言では書ききれないぐらい、多方面で物語が動く濃密な回となっていました!

光秀はもちろん、織田家や美濃をめぐる命運はどのように動いていくのでしょうか。

以下より簡単なあらすじを見ていきましょう!

 

麒麟がくるのその他の回のあらすじ、感想はこちらをどうぞ。
関連記事 >>>> 「麒麟がくる」感想あらすじまとめ

 

麒麟がくる(第十二話)のあらすじ

前回、織田家と今川家の和睦の執り成しを依頼しに将軍・足利義輝(演:向井理)を訪ねた光秀(演:長谷川博己)。

結果、和睦は無事に進んだものの、なかなか世を太平にできない自身を嘆き、涙する義輝を目の当たりにした光秀はふさぎ込んでしまいました。

そこに叔父・明智光安(演:西村まさ彦)の計らいがあり、光秀は美濃・妻木へ鷹狩りに出かけることに。

妻木は光秀が密かに惹かれている女性、熙子ひろこ(演:木村文乃)が暮らす場所。

光秀はここで熙子に想いを告げ、結婚を迫ります。

一方、織田家は今川との戦こそ収まったものの、当主の信秀(演;高橋克典)の病状は生死をさまよう状況。

自身の居城である末盛城を弟・信勝(演:木村了)に譲るという発言に、嫡男の信長(演:染谷将太)は戸惑います。

また美濃守護代・斎藤利政(演:本木雅弘)には守護・土岐頼芸(尾美としのり)より、鷹の贈り物が届きますが、この鷹の爪に毒が仕込まれており、頼芸の敵意がいよいよ露わに…。

美濃に内乱の兆しが漂い始めるのでした。

 

麒麟がくる(第十二話)の見どころ

ここからは見どころを紹介していきます!

光秀の告白

叔父・明智光安の計らいでいとこの左馬助さまのすけ(演:間宮祥太朗)らと、美濃・妻木へ鷹狩りに出かけた光秀は一人集団からはぐれ、熙子と再会します。

以前妻木を訪れた折に、幼いころの結婚の約束を思い出したからか…このときの光秀の様子が終始ぎこちない…。

「よく澄んだ空からは心地の良い音がするのです」

と、女性らしい繊細な感性を覗かせた熙子の言葉にも「へー…」の一言で済ませるなど…緊張していることが如実に伝わってきます。

一方で熙子は道中の寒さを気遣い、囲炉裏いろりで温めた石を光秀に持たせるなど、より魅力的にその人柄が描かれていました。

そんなやり取りのあと、帰路に着こうとした光秀は熙子に向かってこう告げます。

「…十兵衛のお嫁になりませぬか」

幼いころ、結婚を誓い合ったことをお互いに覚えていたから…と。

熙子は後日このプロポーズに返事をし、明智家に嫁いでくることになります。

少し唐突な気はしましたが、穏やかでいい雰囲気の夫婦関係が築かれていきそうです。

信長と衝突を繰り返す信秀の本音


兼ねてから体調不良を訴えていた織田信秀の病状はいよいよ悪化し、織田家は跡取りの座を明確にしなければいけない雰囲気に。

そんな折、信長とその弟・信勝を呼び出した信秀は、自身の居城である末盛城を信勝に譲ると言い出します。

信長の居城・那古野城は今川家と覇権を争っている三河の国境からも遠く、

「そんな場所でどう力を尽くせと…」

と、信長は末盛城が自身に譲られないことに不満を見せます。

しかし信秀のひいきは城だけに留まらず、佐久間盛重・柴田勝家といった主要な家臣も信勝に付けると言い出すのです。

信長はすっかり意気消沈してしまいますが、ここに助け舟を出したのが帰蝶(演:川口春奈)でした。

父が弟ばかりを優遇するのは、母・土田御前(演:檀れい)が弟ばかり可愛がるからだと言う信長。

帰蝶はこれを聞いて、信秀の本心は違うはずだと感じたのでしょう。

嫁入りして間もない身にありながらも、病床に伏す信秀に「織田家の跡取りをどう考えているのか」と問う英断に出ます。

すると信秀の口から出たのは、

「信長はワシの若いころに瓜二つじゃ。良い所も、悪いところも。それゆえ可愛い。尾張を任せる。強くなれ」

という言葉でした。

これを帰蝶から伝えられ、信長は気力を取り戻します。

信秀が信長に辛く当たるのは、信長に強く成長してほしいからこそ。

何も与えなかったのは、その力を信用しているからこそだったのでしょう。

それにしても帰蝶は、早くも信長の良きパートナーになっていますね!

美濃守護・土岐頼芸との全面戦争へ向かう斎藤家

終盤は前回から不穏な雰囲気の漂っていた、美濃守護・土岐頼芸と守護代・斎藤利政のやり取りです。

頼芸はこれまでの貢献を認めるかのごとく、自身が手塩にかけて育てた鷹を利政に贈ります。

しかし美濃での影響力を強め、守護の座も脅かさんとする利政に恨みを募らせていた頼芸のこと、普通に贈り物などするはずもありません。

案の定、鷹の爪には毒が塗られており、利政をかばった家臣一人の命を奪うことに…。

これによって頼芸と一戦交えるのもやむなしと考えた利政は、光秀ら家臣を集めこう言います。

「ワシはこの美濃のため、土岐の内輪揉めを治め、国衆の領地が荒らされぬよう戦い、年貢は低く抑え、鳥羽川の水を引いて荒れ地を豊かな土地に変えた。何故ワシが殺されねばならぬのじゃ!」

そして

「ワシの家臣に手をかけた土岐様はもはや守護とは思わん。一戦交えるまでじゃ」

と、頼芸への敵対心を露わにするのです。

頼芸が利政を目の敵にしていることや、斎藤家家臣が利政に不満を抱いている様子は、物語序盤からずっと描かれていました。

しかしよく考えてみると、今作で利政が頼芸を貶めるような描写は一度もありません。

こう見てみると、頼芸も家臣たちも、低い身分の出で出世した利政にただただ嫉妬しているだけ…というようにも見えてきますね。

 

麒麟がくる(第十二話)のまとめ

光秀は嫁を迎え、織田家の当主は信長に。

各国が世代交代の色を見せるなか、斎藤利政が暗殺されかけるなど、第十二回は本当に盛りだくさんの回になっていました。

最後にまとめをしておきましょう。

光秀は女性らしく繊細な熙子を嫁に迎え、穏やかな夫婦関係が築かれていきそう

信長に辛く当たっていた信秀の真意は、「この先の尾張を担えるよう、強く成長してほしい」という想いだった

土岐頼芸が斎藤利政を暗殺未遂。美濃は全面戦争の流れに…

さて…次週はいよいよ土岐頼芸VS斎藤利政の美濃の覇権を巡る内乱へと差し掛かっていきそうです。

前回、頼芸の前で、「いざとなれば父親を殺す」と誓った斎藤家嫡男・高政。

彼は光秀にも「共に戦おう」と訴えてきましたが…光秀はどちらの味方をするのでしょうか…。

 

麒麟がくるのその他の回のあらすじ、感想はこちらをどうぞ。
関連記事 >>>> 「麒麟がくる」感想あらすじまとめ

 

「麒麟がくる」初回から最新回までをお得に視聴

こちらの記事では「麒麟がくる」を初回から最新回まで「NHKオンデマンド」をU-NEXTでお得に観る方法をご紹介しています。

入会から退会まで実際の画面と合わせて、分かりやすく記事にしています。

もう一度、第一回から見直したいという方は是非どうぞ。

関連記事 >>>> 「麒麟がくる」のNHKオンデマンドをU-NEXTでお得に観る方法

 










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 − 1 =