麒麟がくる第三回「美濃の国」【あらすじ簡単まとめ】

 

※ネタバレあり

大河ドラマ麒麟きりんがくる』

第三話で描かれたのは、美濃守護・土岐家と守護代・斎藤家の確執。

土岐家といがみ合う斎藤利政(道三)の子息・高政や帰蝶の葛藤や、彼らと光秀との絆が明かされる、人間ドラマ満載な回となっていました!

次代の美濃を担う彼らは、利政や土岐家の動向に何を思うのか…以下よりあらすじを見ていきましょう。

 

麒麟がくるのその他の回のあらすじ、感想はこちらをどうぞ。
関連記事 >>>> 「麒麟がくる」感想あらすじまとめ

 

麒麟がくる(第二話)あらすじと見どころ

織田家との加納口の戦いでは勝利したものの、相応の負傷者を出した美濃(岐阜県)。

光秀(演:長谷川博己)は負傷した家臣に代わり、畑仕事に精を出していました。

そこに利政の娘・帰蝶(演:川口春奈)が、同じく負傷していた明智光安(演:西村まさ彦)の見舞いにと明智家を訪れます。

このとき帰蝶は光秀に対し、夫・土岐頼純よりずみ(演:矢野聖人)が織田家と結託し、利政に毒殺されたことへの葛藤も露わにします。

一方、頼純が没し、新しく守護が必要になった利政は嫡男・高政(演:伊藤英明)を連れ、頼純の叔父・頼芸よりのり(演:尾美としのり)のもとへ向かいます。

そこで頼芸が見せたのは土岐家の権力を狙う利政への敵意と、次代を担う高政への肩入れ。

利政と自身の関係…そして頼芸が自分を頼ってきた理由を察した高政は、美濃の先行きを決める、とある決心をすることになります。

ここまでが簡単なあらすじ…以下より見どころを紹介していきます!

光秀と帰蝶の関係

光安の見舞いに来たはずの帰蝶でしたが、光秀の母・牧(演:石川さゆり)への土産にとリスを捕まえに木に登ると怪我をし、明智家で大事を取ることに。

このとき京から来た医師・望月東庵もちづきとおうあん(演:堺正章)の助手・駒(演:門脇麦)に手当を受けながら談笑していた帰蝶は、幼少期に明智家で過ごしたことを振り返り、光秀や牧との思い出を語りました。

・光秀は帰蝶とすごろくを51回して、一度も勝ったことがない

・牧によく昔話を聞かせてもらった

などなど…帰蝶が明智家と懇意にしている理由が垣間見える一場面でしたね。

また幼なじみだからこそ話しやすい部分もあるのか、帰蝶は光秀をひとり呼び出し、こんな質問をします。

「夫の頼純が相果てたいきさつを聞いて、どう思うた…?」

夫が父を裏切り、その夫を父が殺した…複雑な心境はあっても、他人にその心苦しさを易々と話すわけにはいかない…帰蝶にはそんな葛藤があったのでしょう。

それを察した光秀も

「頼純様と殿とのあいだに立たされた帰蝶様のお気持ちは、誰もがよく承知いたしております」

と帰蝶を気遣います。

彼女はこれには何も返しませんでしたが、光秀に心中を理解してもらえたことは救いになったはずです…。

利政に難色を示す土岐頼芸

土岐頼純を毒殺したことで新たに守護が必要となった斎藤利政は、嫡男の高政を連れ、頼純の叔父・頼芸のもとへ出向きます。

ここで利政の願い出を聞いた頼芸は

「守護などいなくても、実権を握っているのは利政ではないか」

「守護の座に就いて毒を盛られたくはない」

などと難色を示します。

これに対して恐ろしいのが利政の言い様…

「操り人形に毒は盛りません」

と、守護とは名ばかりであることを、頼芸に堂々と言い渡すのです。

これでは敵意を向けられるのも仕方のないことですが…気になるのがこのあとのシーン。

頼芸は利政一行が帰路に着こうとする折り、同席していた高政を呼び止め、こんなことを吹き込みます。

「そなたの父は宛てにならん。我が子と思うて頼りにしておるぞ…」

高政の母が利政の正室ではなく、側室であることは第二話でも語られていましたが、なんでもその母・深芳野みよしの(演:南果歩)は以前、頼芸のもとで暮らしていたというのです。

このことで高政は自分の父が利政ではなく、頼芸ではないかと疑い始めます。

利政が高政を跡取りとして認めない理由が徐々に明らかになってきましたね…。

高政の決心

ここが今回のクライマックス。

第一話にて光秀は堺で鉄砲を手に入れ、美濃へと持ち帰りましたが、利政はこれに興味がないらしく、高政と光秀に鉄砲が戦で使える道具かどうかを委ねます。

高政も鉄砲にはさほど興味がなかったものの、光秀に話したいことがあるからと、試し撃ちに付き合うことに。

その話の内容が

「そう遠くない未来の話、父に代わって美濃を受け継ぎ、美濃を支えていきたい。協力してくれるか」

というもの。

頼芸の「頼りにしている」という言葉を受け入れた高政は、斎藤家ではなく、土岐家のために動くことを決めた…ということでしょう。

光秀も戦一辺倒の利政の政治には思うところがあり、また学友である高政の頼みということもあってか、これを快く受け入れます。

このことで今後、美濃がどう変わっていくのか…一波乱起きそうな予感もしますね。

 

麒麟がくる(第三話)のまとめ

第三回は帰蝶や高政の出番が多く、斎藤家の子息であるふたりの葛藤が描かれる、そんな回でした。

同時に、光秀がふたりにとってよき理解者であることも垣間見えましたね。

最後に今回のまとめです。

帰蝶は幼少期、明智家で過ごしたことがあり、光秀とは幼なじみ。夫・頼純の毒殺についても、光秀だからこそ話せた

土岐頼芸は利政を敵対視し、高政に肩入れ…高政の父は頼芸?

高政は斎藤家のためではなく、土岐家のために次代の美濃を背負っていく覚悟を露わにした

さて、利政に敵意剥き出しの頼芸は、甥の頼純がそうしたように、織田家との結託を企みますが…そんな最中、駿河・遠江とおとうみの守護・今川義元が動き始めます。

織田VS今川の三河を巡る「小豆坂の戦い」…次回も見逃せません。

 

麒麟がくるのその他の回のあらすじ、感想はこちらをどうぞ。
関連記事 >>>> 「麒麟がくる」感想あらすじまとめ

 

「麒麟がくる」初回から最新回までをお得に視聴

こちらの記事では「麒麟がくる」を初回から最新回まで「NHKオンデマンド」をU-NEXTでお得に観る方法をご紹介しています。

入会から退会まで実際の画面と合わせて、分かりやすく記事にしています。

もう一度、あの回を見直したい、全回通して見直したいという方は是非どうぞ。

関連記事 >>>> 「麒麟がくる」のNHKオンデマンドをU-NEXTでお得に観る方法

 










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

20 − four =