紀貫之が『土佐日記』で性別を偽った理由などについて簡単に紹介

 

「男もすなる日記といふものを女もしてみむとてするなり」

どこかで聞いたことがある文章ですよね。

おそらく学校の古文の時間に習ったはず、『土佐日記』の冒頭文です。

今回は『土佐日記』の概要と紀貫之の「事情」について、簡単に紹介していきます。

 

『土佐日記』とは?

『土佐日記(土左日記)』とは935年頃に書かれたとされる、紀貫之の代表作です。

紀貫之といえば和歌の名人ですが、『土佐日記』は日記文学(※1)です。

日本の日記文学としては、伝存する最古の作品と言われています。

※1 単なる日記ではなく、日記形式の文学作品のこと

 

紀貫之は朝廷に仕える役人でもあったので、国司(土佐守)として土佐に赴任していました。

そして赴任地から京へと帰る際、『土佐日記』を書いたとされています。

その中には旅のことだけでなく、土佐で失った子どもや社会に対する風刺なども書かれています。

 

さて、『土佐日記』の最大の特徴といえば、仮名(=ひらがな)文で書かれていること。

さらに紀貫之が、女性のフリをして書いていることでした。

 

紀貫之が性別を偽った理由とは?

なぜ紀貫之は性別を偽ってまで、『土佐日記』を書いたのでしょうか。

一般的には、下記のように説明されると思います。

 

仮名を使いたかった?

当時、日記は男性が漢字を使って書くというのが常識でした。

ですが、仮名を使って日記を書きたかった紀貫之は考えました。

男が仮名を使うことは憚(はばか)れる……そうか! 女性になろう、と。

 

しかし、また違った説もあります。

内容的に都合がよかった?

例えば、亡くした娘のことを書き残すのには、

女性が書いたことにした方が都合が良かったからだと言われることもあります。(※2)

それは男性は日記に私的なことは書かない、というのが当時の常識だったからです。

このように、実は紀貫之が性別を偽った理由は、定かではないのです。

※2 他にも和歌を盛り込むので、違和感がないようにするためなどの説もあります。

 

なぜ仮名を使ったのか?

それでは、なぜ貫之は仮名を使うことにしたのでしょうか。

これにもいくつか説(※3)はありますが、仮名文を使って自由な表現を行うためという説もあります。

平安時代、仮名なんて使うのは女性だけだったというイメージもあるかもしれません。

ですが、男性も和歌を詠むときは仮名を使っていたのです。

三十六歌仙の一人でもあった紀貫之は、仮名文の可能性に誰よりも早く気付いたのではないでしょうか。

※3 他にも中国文化(漢字)からの脱却を志向したからなどの説もあります。

 

理由はどうであれ、仮名文で書かれた『土佐日記』はその後の女流文学に大きな影響を与えています。

有名な『蜻蛉(かげろう)日記』『更級(さらしな)日記』なども、『土佐日記』なくしては存在していなかったかもしれません。

 

きょうのまとめ

今回は紀貫之の『土佐日記』について、簡単に紹介しました。

『土佐日記(土左日記)』とは、

① 『土佐日記(土左日記)』は日本に伝存する最古の日記文学である

② 女性が書いたという設定で、仮名文が使われている

③ 当時の男性は日記を漢字で書くのが常識であったため、貫之は性別を偽ったというのが通説

こちらのサイトでは他にも、紀貫之についてわかりやすい記事を書いています。

より理解を深めたい方は、ぜひお読みになってください。

 

紀貫之に関する【完全版まとめ】記事はこちらをどうぞ。
関連記事 >>>> 「紀貫之とはどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】」

 










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ten − 3 =