紀貫之が書いた『古今和歌集仮名序』とは?内容も簡単に説明

 

紀貫之によって書かれた『古今和歌集仮名序』は、後世の日本文学に大きな影響を与えたと言われています。

そもそも『古今和歌集仮名序』とは何なのでしょうか。

そして、そんなに素晴らしいことが書いてあるのでしょうか。

 

『古今和歌集仮名序』とは?

日本初の勅撰和歌集として有名な『古今和歌集』

『古今和歌集』には、二つの序文(=前書き)が添えられています。

一つは『真名序(まなじょ)』、そしてもう一つが今回取り上げる『仮名序(かなじょ)』です。

 

真名とは漢字、それに対して仮名はひらがなのことを指します。

当時の公式文書は漢字で書かれていたので、正式な文字という意味で漢字を「真名」と言ったのです。

他方でひらがなは非公式な文字だったことから、「仮名」と呼ばれました。

 

ということなので『仮名序』はひらがなで書かれています。

これを書いたのは冒頭で述べましたが、『古今和歌集』の撰者を務めた紀貫之でした。

なお、漢文で記された『真名序』は、紀淑望(きのよしもち)というまた別の人が書いています。

 

さて、それでは『古今和歌集仮名序』には何が書かれているのでしょうか。

ダイジェスト版で説明していきます。

 

紀貫之は何を書いたの?

まずは、冒頭をお読みください。

やまとうたは人の心を種としてよろづの言の葉とぞなれりける

(引用:百科事典マイペディア「古今和歌集仮名序」)

【現代語訳】和歌は(本来)人の心をもととして、様々な言葉になったものである。

 

書き出しからわかる通り、和歌とは本来どういうものなのか、その本質を述べています。

紀貫之は『仮名序』の中で、初めて本格的に和歌について論じていたのです。

 

他にも『仮名序』には、

  • 和歌の効用
  • 和歌の歴史
  • 和歌には6種類あること
  • 柿本人麻呂と山部赤人について
  • 六歌仙の批評
  • 『古今和歌集』編纂の経緯

などが書かれており、最後は和歌の将来像で締めくくられています。

このような内容が記された『古今和歌集仮名序』は、歌学(=和歌についての学問)の出発点となりました。

 

『古今和歌集仮名序』は短く、比較的やさしい言葉で書かれています。

ネットでも検索すればすぐに原文が出てきますので、一度読んでみてくださいね。

 

きょうのまとめ

今回は紀貫之が記した『古今和歌集仮名序』について、簡単に紹介しました。

① 仮名序は『古今和歌集』の序文の一つである

② 紀貫之は『古今和歌集仮名序』で初めて本格的に和歌について論じた

③ 『古今和歌集仮名序』は歌学の出発点となった

こちらのサイトでは他にも、紀貫之にまつわる記事をわかりやすく書いています。

より理解を深めたい方は、ぜひお読みになってください。

 

紀貫之に関する【完全版まとめ】記事はこちらをどうぞ。
関連記事 >>>> 「紀貫之とはどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】」

 










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × 5 =