桂太郎の子孫と家系図|長州藩士たちとの関係は?

 

明治末期~大正にかけ、不平等条約改正や日韓併合などに功績のある首相

桂太郎かつらたろう

長州のエリート家系出身ということもあり、姻戚関係を巡っても、

井上かおる、伊藤博文など、名うての長州藩士たちと濃いつながりがあります。

さらに維新三傑・木戸孝允たかよしとも意外な関係があったり…?

子孫の動向から、明治期の藩閥の影響力を感じ取ることができますよ。
 

桂太郎の子孫・家系図

桂太郎かつらたろう

正装である正衣を着用した桂
出典:Wikipedia

以下が桂太郎の家系図です。

桂太郎系図

図では妻が3人になっていますが、桂はかなりプレイボーイだったといい、生涯に5度結婚しているという話もあります。

正妻のほかに愛人も数名おり、スキャンダルが新聞のネタになることも少なくなかったとか…。

そのため子息もやはり多く、合計で5男4女、愛人との子を合わせれば10人の子どもが生まれています。

このうち、桂家を継いだのは長男の與一よいちで、孫の広太郎へと家系は続いていきました。

広太郎は貴族院議員を務めたのち、桂化学株式会社を設立。

桂太郎が創設に携わった拓殖大学の顧問にもなっています。

三男以下の男子は早逝、または子どもができなかった様子。

子女たちの嫁ぎ先はそれぞれ、以下のようになっています。

長女・蝶子
 実業家・遠藤美之の養女となる。夫は長尾勝馬(大阪医科大学教授、日本生命病院院長)

次女・繁子
 長崎英造(昭和石油初代社長、日本証券投資協会会長)

三女・潔子
 長島隆二(衆議院議員。第二次桂内閣で首相秘書官を務めた)

四女・寿満子
 伊藤文吉(伊藤博文の庶子。首相秘書官を務めたほか、日産、日本鉱業などの社長を歴任)

庶子・輝子
 天岡直嘉(桂園時代に内閣書記官、内閣会計課長などを務めた)

全員が政治家、または大物実業家に嫁いでいるあたり、さすが長州閥のエリート家系という感じですね。

井上馨との関係


さて、気になるのは次男の三郎についてです。

家系図で苗字が井上になっているのは、井上馨の嫡子・勝之進の養子になったため。

井上馨は外務大臣として伊藤博文を支え、新政府の礎を担った人物

その影響力を強めるため、政界人と姻戚関係を結ぶことにも余念がありませんでした。

特に桂との関係は濃いもので、桂の三番目の妻・可那子も井上の養女だったりします。

三郎自身も、陸軍に入隊後、陸軍少将まで上り詰めており、元軍人である桂の血を脈々と受け継いでいます。

三郎のあとは、歴史学者・井上光貞へと家系が続いていきました。

桂太郎、井上馨を両祖父にもつ光貞氏は、さぞ誇り高かったでしょうね。

 

木戸孝允とは遠い親戚

桂太郎の家系には、井上馨や伊藤博文など、政府の要人の名前も少なくありません。

そしてさらに先祖を辿ってみると、もうひとり興味深い人物が浮かび上がってきます。

幕末期、長州藩の代表として薩長同盟の締結に携わった木戸孝允です。

木戸の苗字は藩主・毛利敬親たかちかから賜ったもので、元の名は桂小五郎といいます。

この桂家を辿っていくと、桂太郎の先祖につながっており、ふたりは遠い親戚にあたるのです。

桂家は、藩主の毛利家から分家した庶家にあたります。

さらにいえば、木戸孝允は生家の和田家から桂家へ養子に出された経緯があり、この和田家は戦国武将・毛利元就の子孫。

なんだかややこしい話になってしまいましたが、いずれにしても、先祖の代まで辿っていけば、桂も木戸も毛利元就に行き着くということです。

ちなみに木戸が養子に出されたのは、生来病弱だったため、家系を継ぐことが難しいと考えられたからでした。

まさか維新三傑に名を連ねることになるとは、和田家の人たちも思ってもみなかったでしょう。

たびたび桂太郎の世話を焼いた木戸

遠い親戚というだけでなく、桂と木戸のあいだには意外と濃密な関係があります。

桂の伯父・中谷正亮しょうすけは松下村塾の後援者で、吉田松陰の弟子である木戸とも親交がありました。

そのため、木戸が桂の世話を焼く場面もたびたびあった模様。

たとえば、戊辰戦争の折、桂は東北地方を転戦したものの、あまり活躍できませんでした。

それなのに賞典禄を与えられ、陸軍に入隊することができたのは、木戸の計らいがあってのものだといいます。

木戸がいなければ、桂が首相まで上り詰め、政府を率いていくこともなかったかもしれません。

また、維新後に桂がドイツへ留学した際は、官費留学を取り付けられず、私費での留学を余儀なくされました。

このとき、現地での暮らしがあまりに厳しかったため、岩倉使節団でヨーロッパを訪れていた木戸のもとを訪ね、官費留学への切り替えをお願いしたという話。

木戸は忙しい政務の合間を縫って、桂の官費留学の手続きを行ったといいます。

桂にとって木戸孝允は、頼れる兄貴分のような存在だったのでしょうね。

 

きょうのまとめ

プレイボーイで、子宝にも恵まれた桂太郎。

姻戚関係には、政界で活躍した人物が名を連ねます。

また、木戸孝允との意外な関係性も興味を惹くものがありました。

最後に今回のまとめ。

① 桂太郎は生涯5度結婚し、計10人の子息を儲けた。娘たちは大物実業家、政治家へと嫁ぎ、息子は井上馨の跡取りになるなどしている。

② 先祖を辿ると戦国武将・毛利元就へと行き着き、木戸孝允とは遠い親戚にあたる。

③ 明治維新後、桂が陸軍に入隊できたのは木戸のおかげ。ドイツ留学の際も、官費留学できるよう木戸が政府に働きかけた。

明治政府では旧薩摩藩・長州藩出身者が政権を牛耳ることがしばしば問題になりました。

桂の家系図にも、その影響力の強さはの実に表れていましたね。
 
目次に戻る ▶▶
 

合わせて読みたい
桂太郎の年表を含む【完全版まとめ】記事はこちらをどうぞ。
関連記事 >>>> 「桂太郎とはどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】」

井上馨の年表を含む【完全版まとめ】記事はこちらをどうぞ。
関連記事 >>>> 「井上馨とはどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】」

木戸孝允の年表を含む【完全版まとめ】記事はこちらをどうぞ。
関連記事 >>>> 「木戸孝允とはどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】」

伊藤博文の年表を含む【完全版まとめ】記事はこちらをどうぞ。
関連記事 >>>> 「伊藤博文とはどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】」

 

その他の人物はこちら

明治時代に活躍した歴史上の人物

関連記事 >>>> 「【明治時代】に活躍したその他の歴史上の人物はこちらをどうぞ。」

時代別 歴史上の人物

関連記事 >>>> 「【時代別】歴史上の人物はこちらをどうぞ。」

 










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

19 + one =