石田三成の子どもは全員無事!子孫は今も続いていた

 

関ヶ原の戦いで敗れた後、京都の六条河原で処刑された石田三成

三成は西軍の実質的な総大将だったことから、ひょっとして子どもたちも殺されたのかも?

と思っている方も多いはず。

ですが意外にも、石田三成の子孫は現代にまでしっかりと続いていたのです。

 

石田三成の子どもたち

石田三成の嫡出子(ちゃくしゅつし)(※)は男児3人、そして女児3人の6人だったと言われています。

※正室・皎月院(こうげつん)との間にもうけた子以外にも、庶子がいたとみられます。

生まれた順番に紹介すると、

  1. 長女:山田勝重の妻
  2. 次女:光岳院(岡重政の妻)
  3. 長男:石田重家
  4. 次男:石田重成(杉山源吾)
  5. 三女:辰姫(津軽信枚の妻)
  6. 三男:深長坊清幽

となっています。

この6人は男子であっても、関ヶ原の戦いをきっかけとして、殺されることなどはありませんでした。

 

長男の重家、そして三男の深長坊清幽は出家。

しかし次男の重成は津軽へと逃れ、杉山源吾と名を変えて津軽家に家臣として仕えたとされています。

彼の長男・杉山吉成は弘前第2代藩主・津軽信枚(のぶひら)の娘と結婚しました。

 

また三女の辰姫も津軽に逃れ、前述の津軽信枚に嫁いでいます。

そして辰姫と信枚の間には、のちに弘前第3代藩主となる信義が生まれました。

 

子孫は代々お腹が弱い?

さて、それでは現代まで続いている石田三成の子孫には、どのような方がいらっしゃるのでしょうか。

調べてみたところ、石田三成から数えて15代目の石田秀雄さんという方がいらっしゃいました。

石田秀雄さんは三成の長男・重家の子孫に当たるとのこと。

重家には身ごもっていた妻がいたそうで、その流れが今でも続いているのだとか。

石田三成は関ヶ原の戦いの時、お腹を壊していたいうエピソードがありますが、子孫の方も代々お腹が弱いそうですよ。笑

 

きょうのまとめ

今回は石田三成の子どもと子孫の方について、ご紹介しました。

① 石田三成の嫡子は6人いたが、全員命は助かった

② 子どものうち二人は津軽に逃げ、弘前藩を支える存在となった

③ 石田三成の子孫は、代々お腹が弱いらしい

こちらのサイトでは他にも、石田三成にまつわる記事をわかりやすく書いています。

より理解を深めたい方は、ぜひお読みになってください。

 










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 + 13 =