足利義満は将軍だけではなく征夷大将軍だった

 

室町幕府の将軍であり太政大臣まで務めた足利義満は、征夷大将軍でもありました。

足利家の中でも最も権力と才能に恵まれたこの人物は、

どのようにしてこれらの地位を確立して行ったのでしょうか。

少し調べて見ましょう。

 

征夷大将軍とは

まず征夷大将軍とはどのような立場なのかみてみましょう。

征夷大将軍は朝廷の律令の制度に規定のない自由な役職です。

飛鳥や奈良時代以来、
東北の蝦夷征伐を指揮する官職の名前の1つです。

すでに蝦夷征伐はなくなっていますが、
その言葉だけは続いているようです。

最初の征夷大将軍は、坂上田村麻呂でした。

796年蝦夷征伐を指揮するために彼に授けられた役職です。

次に征夷大将軍になったのは源頼朝です。

平家や奥州藤原家を滅ぼし
この職名を与えられました。

しかし源頼朝の背後には北条氏がいたので、
名ばかりの征夷大将軍だったと言えるかもしれませんね。

頼朝には気の毒ですが、
北条の傀儡と言われていますから。

その後、室町幕府の初代当主足利尊氏をはじめとして、
足利15代の征夷大将軍が生まれたのです。

 

足利義満の征夷大将軍就任

義満は父の義詮が亡くなったことにより、
元服と同時に1368年に征夷大将軍となりました。

わずか10歳の時でした。

この時代、10歳で後を継ぐことはよくあることで、
決して義満が特別に若い後継者というわけではなかったようです。

義満は帝王学を学び、
九州に今川貞世や大内義弘を派遣し、
南朝の力を削いで行きました。

徐々に南朝を弱らせて、
やがて南北朝時代を終わらせたのでした。

 

征夷大将軍から太政大臣へ

足利義満は将軍の座を息子の義持に譲り、
早々と隠居をしますが、
政治の実権は握ったままでした。

そして朝廷より太政大臣の位を得ています。

征夷大将軍は武家のトップ、
太政大臣は公家のトップなのです。

これで足利義満がいかに力を持っていたかよくわかりますね。

この力は、
公家にとって面白くない展開だったでしょう。

しかしそんなことは御構い無しに、
世の中を動かす力を意のままに得ていたのです。

 

きょうのまとめ

足利尊氏が開いた室町幕府の中で
最も栄華を極めたのは足利義満だったのです。

それは義満の建てた金閣寺を見てもわかりますね。

足利義満は、
武家の力と公家の力両方を得て天下に君臨した大物だったのです。

 

[関連記事]

 










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × four =