朝倉義景の子孫は?家系図を見てみよう

 

越前の国を治めた名門、朝倉家。

その朝倉家の最後の当主が

11代当主・朝倉義景(あさくらよしかげ)です。

織田信長と敵対し、信長の妹であるお市の方を正室としていた浅井長政(あざいながまさ)が

織田家を裏切り、朝倉家側に付いたエピソードは有名です。

最後は織田信長に敗れ、
朝倉家最後の当主となってしまいますが、義景の子孫はどうなったのでしょうか。

家系図と一緒に見ていきましょう。

 

朝倉義景の家系図

朝倉義景の家系図です。

本文に登場する人物は太字になっています。

家系図

 

義景の子孫はどうなった?

華麗なる家系図

朝倉家の家系図をさかのぼっていくと、
日下部(くさかべ)氏にたどり着きます。

日下部氏は、
開化天皇(かいかてんのう)の子孫とも孝徳天皇(こうとくてんのう)の子孫とも言われており、

平安時代に大勢の武士を従え、繁栄した名門中の名門です。

日下部宗高(くさかべむねたか)が、平安時代の終わり頃に但馬国(たじまのくに)養父郡朝倉、

現在の兵庫県北部に移り住み、
「 朝倉姓 」を名乗ったことが朝倉氏の始まりとされています。

この但馬朝倉氏から分かれて、越前(えちぜん)に移ったのが越前朝倉氏、

つまり朝倉義景の先祖となります。

越前朝倉氏は、
足利氏の一族であり越前国守護を務めていた斯波(しば)家に仕えます。

その人物が朝倉広景(あさくらひろかげ)、越前朝倉氏の初代当主です。

それ以降、
代々の当主には「 景 」の文字が受け継がれています。

朝倉義景の子供

義景は子供に恵まれなかったため、
記録に残る限り男子は3人しかいません。

長男・阿君丸(くまぎみまる)、次男・愛王丸(あいおうまる)、三男・信景(のぶかげ)です。

長男の阿君丸は、わずか7歳で早世(そうせい)します。

その死には乳母が毒殺され、
その毒の影響だとか、
同族争いによって殺されたのではないか?

などと言った噂がありますが、
確かな証拠を示す資料がないため不明です。

次男・愛王丸は、長男が早世していたため生まれながらに跡継ぎとして期待され、義景からも溺愛(できあい)されていました。

しかし父・義景が一乗谷城(いちじょうだにじょう)の戦いで、
織田信長に敗れ自刃(じじん)すると織田軍に捕らえられ、殺害されてしまいます。

この時愛王丸は、わずか4歳でした。

三男・信景は、難を逃れ江戸へ逃亡し、
本願寺教如(ほんがんじきょうにょ)に弟子入りし、後に住職となっています。

しかし、義景の子というのは疑わしいとする意見も多いのが事実です。

信景が義景の子供だったとしても、
信景に子供はいないので、
どのみち朝倉義景の子孫は断絶。

越前朝倉家は途絶えることになります。

子孫に関する噂

朝倉義景の子孫に関しては、様々な噂話があります。

そのいくつかをご紹介します。

愛王丸は越後の国に落ち延びた

という話が日本海側の各地に残っています。

姉が上杉家の家臣に嫁いでいたため、
そんな噂が立ったのでしょうが真相は不明です。

義景の叔父である秀景(ひでかげ)の孫であるという、
朝倉政元(あさくらまさもと)は、

豊臣、徳川と仕え旗本(はたもと)として存続したと言われていますが、

越前朝倉氏ではなく、別の朝倉の系統ではないかと言われています。

縁戚であることは間違いないのでしょうが、

朝倉義景の子孫と言えるか、と言われれば

「 疑わしい 」と言えるでしょう。

 

きょうのまとめ

いかがでしたか?

家系図をたどると、天皇を祖に持つ朝倉家。

そんな名門の家が、義景の代で一気に衰退し滅びの道を進んでしまいます。

生存説などが語り継がれるのも、

義景親子に対する同情が深かったのかもしれません。

生きていて欲しい、当時の人たちはそう思ったんですね。

 

[関連記事]

 










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 + 17 =