聖武天皇が遷都した順番とその理由とは?

 

かつての日本の都といえば、京都や奈良を思い浮かべがちです。

しかし現在の大阪府や滋賀県にも、都が置かれたことがありました。

東大寺に大仏を造ったことでも有名な聖武天皇が、

わずか5年間で3つも新しい都を造っていたのです。

今回は聖武天皇が遷都した場所と、その理由について見ていきます。

 

遷都の順番

740年に起こった、藤原広嗣の乱に衝撃を受けた聖武天皇。

伊勢行幸をきっかけに平城京を抜け出し、矢継ぎ早の遷都が始まりました。

恭仁京

まず聖武天皇が遷都したのは、恭仁京(くにきょう)(※1)です。

現在の京都府木津川市加茂町に置かれました。

この地を訪れた聖武天皇が、突然遷都の宣言をしたといわれています。

※1 正式には大養徳恭仁大宮(やまとのくにのおおみや/おおやまとくにのおおみや)といいます。

恭仁京が都だったのは、740年12月から744年2月というわずか4年間

ですがこの時代に聖武天皇は、

  • 国分寺建立の詔(=国ごとに国家の平安を祈る寺・尼寺を建てる)
  • 大仏建立の詔(=廬舎那仏/るしゃなぶつの大仏を造る)
  • 墾田永年私財法の発布(=開墾した土地の永久私有を認める)

といった、歴史的な施策を発しています。

ですが都の造営のほうはうまくいかず、途中で造営中止となっています。

これは恭仁京と同時に紫香楽宮(しがらきのみや)も造っており、費用がかさんだためだそうです。

そして恭仁京は未完のまま、都は次の難波宮へと遷(うつ)されました。

<京都府木津川市加茂町>

難波宮

744年2月、都は難波宮(なにわのみや)に遷ります。

難波宮は現在の大阪市中央区に置かれました。

詳しい方はご存じかと思いますが、難波長柄豊碕宮(ながらのとよさきのみや)(※2)と同じ場所にあったとされています。

※2 乙巳(いっし)の変のあと、孝徳天皇が造った都

<難波長柄豊碕宮>

聖武天皇は726年にも難波宮を平城京の副都とするべく、造営を命じていました。

しかし難波宮は恭仁京より短命で、都が置かれた期間は1年もありませんでした。

紫香楽宮

745年の正月、都は難波宮から紫香楽宮(しがらきのみや)へと遷ります。

紫香楽宮は、現在の滋賀県甲賀市信楽町に置かれました。

先ほども少し触れましたが、都が恭仁京にあったときから、

この地に聖武天皇は離宮を造っていたのです。

当初は大仏が建立される予定地でもあった紫香楽宮。

しかし火災や地震が相次ぎ、745年5月には再び都は平城京に遷されました。

わずか4カ月ほど日本の首都だった紫香楽宮は、まさに幻の都といえますね。

<滋賀県甲賀市信楽町>

 

遷都を繰り返した理由

さて、短期間でこれだけ遷都を繰り返した聖武天皇は、どうかしてると思いませんか?

都を遷すには莫大な費用が必要となります。

そして度重なる遷都の結果、国家財政は乱れました。

それでも聖武天皇が遷都をした理由は、一体なんだったのでしょうか。

諸説あるが理由は不明

実は、明確な理由がわかっていないのです。

聖武天皇が繰り返した遷都は、古代史最大の謎の一つとされています。

考えられる説としては、

  • 疫病や反乱からの逃亡
  • 有力氏族(藤原氏・橘氏)間の政権抗争
  • 壬申の乱における大海人皇子の行軍を追体験させ、国家の緊急事態であることを実感させようとした
  • 複都構想(以下で詳しく説明)

などがあるようです。

唐に倣って複都制を実現しようとした?

個人的におもしろい、と思ったのは一番最後の複都構想

複都制というのは、都をいくつか造り、それぞれに役割を持たせるというものです。

  • 恭仁京→流通の拠点(木津川沿いであることから)
  • 難波宮→外交・貿易の拠点(海に面していることから)
  • 紫香楽宮→仏都(廬舎那仏の建立)

 

当時存在した唐(現在の中国)でも複都制が取られており、

それに倣(なら)ったものと考えられています。

この説ならば、恭仁京と同時に紫香楽宮を造っていたこと、

さらに遷都の20年前に難波宮を造営していたこととも合点がいきます。

 

さて、一体真実は何なのでしょうか。

それが明らかになる日も、もしかしたら近いかもしれませんね。

 

きょうのまとめ

今回は聖武天皇が行った遷都について、簡単に紹介しました。

① 平城京→恭仁京→難波宮→紫香楽宮→平城京という順番で都が変わった

② 聖武天皇が遷都を繰り返した理由は、古代史最大の謎の一つとなっている

③ 複都制を目指していたという説がある

こちらのサイトでは他にも、聖武天皇にまつわる記事をわかりやすく書いています。

より理解を深めたい方は、ぜひお読みになってくださいね。

 

聖武天皇の【完全版まとめ】はこちらをどうぞ。
関連記事 >>>> 「聖武天皇とはどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】」

 










合わせて読みたい記事



2 件のコメント

    • ご指摘ありがとうございます!
      確かに、大仏建立の詔が出された場所は、紫香楽宮ですね。
      当該箇所の前の記述を、下記のように修正させて頂きました。

      (変更前)
      ですがこの地で聖武天皇は、

      (変更後)
      ですがこの時代に聖武天皇は、

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    fifteen + eight =