北畠顕家はどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】

 

あなたは北畠顕家(きたばたけあきいえ)という武将を知っていますか。

時代は南北朝時代

足利尊氏や新田義貞、楠木正成は有名ですよね。

しかし、顕家はそんな彼らにも負けず劣らずのものすごい武功を次々に積み重ねます。

公家でありながら、十代でありながら。

そんな末恐ろしい大天才ぶりと、あまりに皮肉で悲しい結末。

そんなギャップこそが“花将軍”北畠顕家の魅力を引き立てます。

源義経が好きなら、項羽が好きなら、日本の南北朝は北畠顕家でしょう!

 

北畠顕家はどんな人

プロフィール
  • 出身地:京都?
  • 生年月日:1318年4月3日
  • 死亡年月日:1338年6月10日(享年20才)
  • 南北朝時代の南朝方公家武将

 

北畠顕家の年表

年表

1318年(0才)北畠顕家誕生

1321年(2才)叙爵

1333年(15才)鎌倉幕府滅亡。父親房(ちかふさ)とともに東北地方に赴任。

1334年(16才)津軽における北条氏の残党を滅ぼす。従二位に任官。

1335年(17才)鎮守府将軍に任ぜられる

1336年(17才)上洛。足利尊氏を豊島河原で破る

1337年(19才)再上洛開始

1338年(20才)石津の戦いで敗死

 

超エリート!北畠顕家の生い立ち

北畠顕家は『神皇正統記』をあらわしたことで有名な公家北畠親房の長男です。

満2才で叙爵(貴族の位をもらうこと)。

満12才までに従三位参議・左近衛大将に任官。

最年少記録です。

かつての全盛期藤原氏ですらだれもありません。

また、12才の時、後醍醐天皇の北山行幸におともし、後醍醐天皇の笛に合わせて雅楽「陵王」を舞いました。

この時の華やかな舞台の影響でしょう。

北畠顕家と言えば「超イケメン」というイメージが定着しました。

実は、史実根拠がないことはおさえておきましょう。

 

建武の新政崩壊

鎌倉幕府滅亡後、後醍醐天皇の「建武の新政」が始まり、北畠顕家は父親親房とともに東北に入ります。

そして、顕家、翌年には津軽における北条氏の残党を討伐してしまいました。

この時16才。

17才にはまさに東北の要となるべく「鎮守府将軍」に任命。

後醍醐天皇のなみなみならぬ信頼ぶりが伝わってきますね。

が、しかし。

まもなくして、足利尊氏が後醍醐天皇と抗争状態に。

あれだけ朝廷中心の政治の復活に意気揚々と燃えていた「建武の新政」に暗雲が立ち込めます。

みるみる京都にせまってくる足利尊氏の軍に後醍醐天皇はたまりかね、ついに顕家に出動命令が下ります。

 

北畠顕家「はんぱない」伝説の始まり

ここからです。

ものすごいことが起こってしまいます。

北畠顕家は南下し、手始めとして鎌倉を落とします。

さらにそこから600km

たった半月の大強行軍で近畿までやってきて、ついに足利尊氏の軍を破り、九州まで落ち延びさせてしまいました。

ボス足利尊氏筆頭に、大人の武家を手当たり次第に蹴散らしてしまいました。

北畠顕家、あいつまじはんぱねえ。

 

関連記事 >>>> 「北畠顕家~「はんぱない」最強公家武将伝説~」

 

北畠顕家、2回目の上洛発進!

ですが、これで後醍醐天皇の政権は安定しません。

足利尊氏はまたすぐに勢力を立て直し、せまってきます。

後醍醐天皇またたまりかねて北畠顕家を2回目の招集です。

まず鎌倉を陥落。

ただ、以後、補給が足りなかったのか、道行く先々で兵たちに略奪を許してしまいます。

それでも美濃(今の岐阜県南部)青野原で足利方をのしてしまい、いつものはんぱなさは健在、と思われました。

 

北畠顕家の最後

しかし、次第に勝ち負けするようになり、あまりに度重なる連戦に味方はドンドンすりへります。

そして、おいこまれ、高師直(こうのものなお)の大軍と堺石津で最後の決戦を行い、ついに敗死をとげてしまいます。

この時、わずか満20才

北畠顕家は亡くなる7日前には後醍醐天皇にその「失政をあらためるよう」手紙をたくしておりました。

いくら強くても、政治がでたらめではみんな不満を持って次から次へと敵が現れます。

あれだけ勝って勝って勝ちまくった大天才レジェンドでももうどうしようもないのです。

顕家の墓は大阪の阿倍野区北畠公園、堺の石津にあります。

東北地方福島県伊達市には彼にゆかりの深い霊山(りょうぜん)神社があります。

“花将軍”の息吹にふれたいのなら、足を運び、その体でふれ合ってみるのもいいでしょう。

 

関連記事 >>>> 「北畠顕家“花将軍”の最後」

 

きょうのまとめ

北畠顕家の最後にはどうしても鎌倉後の“略奪”が気にかかりますね。

ちょうど、中国の楚の項羽もものすごく戦いが強かったのに、大虐殺をおこなったりして、人がついてこなくなって、ほぼ自滅してしまいました。

顕家には少し気の毒かもしれません。

しかし、彼の人生そのものが今の私たちへの「気を付けなさい」という歴史のお手紙ではないでしょうか。

① 北畠顕家は幼いころからとんでもない大出世記録ホルダーだった

② 北畠顕家は10代で公家出身なのに、その武功がはんぱない

③ 北畠顕家は戦場でものすごく大活躍したが、肝心かなめの後醍醐天皇の政治がちゃんとしていなかったので、敵だらけの中ついに力つきた

 

関連記事 >>>> 「北畠顕家の墓とゆかりの地を訪ねる~大阪阿倍野・堺石津・福島霊山~」

 










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

14 − three =