幕末の名君・島津斉彬を生んだ島津家の家系図はどこにつながる?

 

幕末の名君と呼ばれた薩摩藩の藩主、島津斉彬を起点とし、

島津藩の家系図を調べてみました。

名門・島津家の家系図は過去・未来へとどこにつながっているのでしょうか?

島津斉彬を生んだ島津家の家系図・ルーツは?

中世期、鎌倉時代に九州の地に根付いた島津家は、伝統のある武家の一族です。

戦国時代に関白となった秀吉に対し最後まで抵抗したのも、名門の意識が高かった故と言われています。

その島津家は、秀吉の亡くなった後、関が原の戦いで西軍に付き、凄まじい戦いをします。

今も伝承される前代未聞の正面突破の退却です。

徳川家の敵となり、そして江戸時代は徳川家、最大の「仮想敵国」であった島津家。

幕末にいたり、ひとりの名君を生み出します。

西洋の技術、文化を導入し、一気に藩を近代化させ、幕政にも介入できる力を持った島津斉彬の登場です。

彼を基点に、島津家のルーツを見て行きましょう。

戦国時代の島津家

島津家は二代目島津忠久のときに、鎌倉時代に定着します。

薩摩の守護・地頭職となったのです。

その後、島津家は薩摩に定着し江戸時代が終わるまで、薩摩を離れることはなかったのです。

しかし、薩摩の地は、非常に地元の有力な小領主の力が強く、独立心の強い難治の土地柄でした。

おまけに、島津家は9家に分裂し本家と分家が薩摩と周辺国の統一を目指し戦うという内乱状態だったのです。

その戦いが収束したのが、室町時代、伊作島津氏の貴久が守護職を継いだのが契機でした。

彼は一族を纏め上げ薩摩をまとめあげます。

ここで、戦国大名薩摩家が生まれたといっていいでしょう。

そして、戦国時代が本格化し薩摩のみならず九州全土を支配するほどの勢力を持つようになります。

島津斉彬の実父・島津斉興までの家系図

九州制覇一歩手前までいった島津家ですが、豊臣秀吉の九州侵攻に対し降伏し、薩摩の大名へと戻ります。

そして、関が原の敗北を経て、徳川の世になっても、領土を減らされること無く有力な外様大名として存在を続けました。

江戸時代、幕藩体制という徳川家の支配体制の中の島津家を考えれた場合、島津光久が初代ということになるでしょう。

3代目となる吉貴は、島津家の跡継ぎが絶えないように分家を作ります。

そのうちのひとつが、後に篤姫の生家となる今泉島津家です。

島津斉彬の父である島津斉興は9代目の藩主です。

しかし藩の実権は祖父である島津重豪が握り続けます。

斉彬からみれば、曽祖父になる人物です。

島津重豪は蘭癖大名として有名でした。
いわゆる西洋オタクです。

斉彬はその曽祖父に可愛がられ、自信も西洋文明にのめりこんで生きます。

これが、父親である斉興との対立要因のひとつもなりました。

なにせ、島津重豪は西洋趣味のせいで、

薩摩藩に500万両の債務を作った人物だったのです。

斉興は、斉彬に家督を譲ると、この散財の再現がおきるのではと懸念しました。

島津斉彬の母、篤姫との家系図的関係

島津斉彬は、父・斉興と決定的に対立します。

その原因は、沖縄貿易問題や、朝廷から高い官位を欲しがった斉興に対する斉彬の思いなど複合的な要因がありました。

当然、西洋趣味による散財も懸念材料です。

しかし、斉彬は、薩摩藩のお家騒動である「お油羅騒動」が幕府に露見したことで、薩摩藩を継ぐことになります。

斉彬は藩主となると、当時、外国船問題の解決に悩んでいた幕府老中・阿部正弘と協力体制を作ります。

そして、将軍後継問題でも強調し、また薩摩藩の発言力強化のため、篤姫を徳川家に輿入れさせます。

篤姫は、分家の今泉島津家の出身であり、そして自分の養女として徳川家に輿入れさせるのです。

島津斉彬の母親も名門の出身で、当時乳母に育児、教育を任せるのが普通である中、斉彬を直接育て、教育した賢母でした。

そして、彼女は伊達家、徳川家の血を引く存在でした。

 

超名門の島津家、天皇系にもつながる家系図

斉彬も血筋、家系図的には、徳川家、伊達家の血を引く母を持っていました。

外様とはいえ、鎌倉時代からの伝統のある武家である島津家がそれだけの家格であったということでしょう。

そして、島津家は天皇家にも、つながる家系図を持ちます。

昭和天皇妃の香淳皇后は島津家、最後の藩主であった忠義の娘である俔子の娘です。

昭和天皇義理の祖父が島津忠義ということになります。

 

きょうのまとめ

今回は、島津斉彬を基点として島津家のルーツ、家系図を調べました。

名門島津家は、天皇家にまで連なる血筋を持った家格の家でした。

いかがでしたでしょうか。

簡単にまとめると

① 島津家の歴史は鎌倉時代までさかのぼれる

② 島津斉彬は徳川家、伊達家の血をひいていた

③ 島津家の家系図をみていくと天皇家にまでつながる

と言えるのではないでしょうか。

その他にも島津斉彬に関する色々な記事を書いています。

よろしければどうぞ御覧ください。

 

[関連記事]

 










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

16 − eleven =