大岡忠相の先祖と子孫。徳川とともにあった激動のヒストリー

 

今はドラマなどで大岡越前として有名な

大岡忠相(おおおかただすけ)です。

では、この忠相の先祖と子孫はどのようになっているのかということにスポットを当ててみましょう。

大岡氏の興り(おこり)

『 寛政重修諸家譜(かんせいちょうしゅうしょかふ) 』という書物にはこう書いています。

鎌倉時代に摂政九条政実(くじょうまさざね)という人がおりました。

その子孫が次第に三河国大岡郷(現在の愛知県新城市にある)に移り住み大岡を名乗るようになりました。

この一族は代々、大岡大明神という地元の神社の神職をやっていたといいます。

徳川家のためなら……大岡一族大奮闘の歴史

戦国時代に入り、
大岡忠勝(「戦国最強」の本多忠勝とは全くの別人ですよ!)という人が三河の豪族松平家に仕えております。

この松平家こそ何を隠そう後の徳川家です。
まだ今川、武田、織田とかに圧迫されたりした徳川苦難の時代を家来として共にしたのですね。

この忠勝自身、気の毒なことに長男が合戦で討ち死にしております。

そして、次の代を継いだのが忠勝の三男忠政。
あの三方ヶ原の合戦、長篠の合戦で活躍します。

主君家康様の「 関東移封 」に従い、忠政は相模の国(今の神奈川県と静岡県の一部)の高座郡(こうざぐん)に領地をいただきます。

ちなみにこの忠政の長男忠俊はあの関ヶ原合戦の前哨戦(ぜんしょうせん)ともなった伏見城の籠城戦で討ち死に。

次男忠行も大坂夏の陣で討ち死に。

徳川家のためにどこまでも命を張った一族です。

結果忠政の三男忠世が大岡本家を継ぎます。

忠相は忠政のひ孫ということになります。

本当は、
忠相は大岡の本家の人間ではないのですが。

本家の跡取りがいなくなっていたため、養子となって跡を継ぎます。

そして、忠相が大活躍をして出世し、三河国西大平(にしおおひら)藩を興します。

大岡忠相の子孫は

西大平藩5代藩主に忠移(ただより)という人がいます。
忠相のひ孫です。

この時、藩の財政は苦しい状況にあったようです。

しかし、そこを忠移。
さすがに享保(きょうほう)の改革を実践した忠相の子孫です。
なんと”倹約(けんやく)”でもって財政を立て直し!

忠相ひいおじいさまもそれはそれは「 よくやった 」と天国で大喜びだったでしょう。

忠移の跡を継いだのがその長男の忠愛(ただよし)。
この人1831年大坂加番(かばん)を任じられます。

さて、ここで歴史について感のよい人は何かピンと来られると思います。

この頃、大坂。

そうです。
1837年大塩平八郎の乱です。

大塩の乱とは、
この頃、天保の飢饉(てんぽうのききん)でお百姓をはじめとする民衆の多くが食うや食わずで大変な苦しい目に合っていたのです。

そこに来て大坂の役人たちの汚職・不正……。

そして”救民”として立ち上がったのが大坂町奉行所の元与力(よりき)大塩平八郎。

乱は半日で鎮圧されますが……。

忠愛の大坂加番に当たった頃にカッチンコしております。

何か歴史の彩のようなものを感じませんか。

あれだけ徳川家のために命を張り、そして、幕府の立て直しに一役買った一族が……。
この時忠愛がどんなだったのかは想像力がかり立てられます。

そして、時代は無情にも幕末へとなだれ込むのです。

忠愛の後は忠移の五男忠敬(老齢でも歩きまくって日本地図を作った伊能忠敬とは全くの別人ですよ!)が継ぎます。

もちろん佐幕派に元々属します。

が、時勢は1864年の第二次長州征伐以来薩摩藩(さつまはん)長州藩の主導する新政府側が圧倒的優位です。

西大平藩は新政府側にあっさりと恭順(きょうじゅん)し、彼らの補給を助けました。

ほかにも、あれだけ徳川家を盛り立てた

彦根井伊家
紀州徳川家
津藤堂家

などが戊辰戦争(ぼしんせんそう)中続々と寝返るようではもう幕府の命運もつきたということでしょう。

維新後もこの大岡家は子爵(ししゃく)の位を授かり、やがて現代へと受け継がれております。

きょうのまとめ

徳川家のために命を張って世に出、支え、やがてはその徳川家を去りいった。
ここに歴史の妙味(みょうみ)を感じませんか。

それは我々人間の味でもあります。

① 大岡忠相の先祖は徳川家が世に出る折に彼らのために命を張ってつくしてきた

② 大岡忠相の子孫忠愛は大塩平八郎の乱の頃、大坂加番だった

③ 大岡忠相の子孫忠敬の代に戊辰戦争が起こり、大岡家の西大平藩は途中から新政府側についた

大岡家の西大平藩はほんの一万石程度の小藩です。
そして、それでもそこについてくる藩士やその家族があります。

この世の判断とは実に難しいものです。

歴史とはそういった人々の微細な感情を読み取るという可能性を与えてくれております。










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

20 − nine =