アコーディオンを弾いたサムライ、村田新八

 

生まれも育ちも鹿児島という幕末の薩摩藩士・村田新八むらたしんぱち

幼い頃から年上の西郷隆盛に心酔していました。

人生の大部分を敬愛する西郷のために生き、彼に付き従って戦ったという男臭い九州男児の村田ですが、教養があり、どこか優雅な一面のある人物でした。

彼がアコーディオンを愛し、戦場にまで持ち込んだという話が残っています。

 

村田新八とアコーディオン

村田新八

村田新八
出典:Wikipedia

記録によると、村田新八が持っていた蛇腹楽器は手風琴てふうきんと呼ばれるものでした。

蛇腹楽器の中には、鍵盤が奏者の右手側にあるアコーディオンと、右手側にも左手側にもボタン鍵盤がついているバンドネオンやコンサーティーナなどがあります。

どうやら村田が持っていた「手風琴」とは、コンサーティーナのことではないかと考えられていますが、ここではわかりやすいアコーディオンと呼んでおくことにします。

村田新八のアコーディオンとの出会いとは?

1871年明治政府は、岩倉具視を特命全権大使とする使節団をアメリカ合衆国やヨーロッパ諸国に派遣しました。

その目的は友好親善と欧米先進国の視察、そして江戸時代後期に諸外国と結ばれた不平等条約の改正に向けての予備交渉をすることでした。

村田新八は随行として使節団に加わっています。

村田とアコーディオンとの出会いは、この海外視察の時。

オペラを気に入った彼は、そこで演奏されたアコーディオンの音色に魅入られました。

村田はアメリカでアコーディオンを購入し、ヨーロッパに渡っても練習を重ね、西洋の多くの曲を弾けるようになりました。

村田新八も随行した、岩倉使節団の特命全権大使
岩倉具視の年表を含む【完全版まとめ】記事はこちらをどうぞ。
関連記事 >>>> 「岩倉具視とはどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】」

村田新八は戦場でアコーディオンを弾いた!?

1874年に帰国した村田は、その時もアコーディオンを大切に持ち帰っています。

帰国した彼を日本で待ち受けていたのは、政局における征韓論(武力で朝鮮を開国しようとする主張)の争いでした。

西郷隆盛が征韓論に敗れて明治政府を去り、鹿児島に戻ったことを知ると、村田も辞職して西郷について行ったのです。

1877年、西南戦争勃発。

西郷隆盛を中心にする薩摩軍の中に村田新八の姿もありました。

実は、彼が戦場でアコーディオンを弾いていた、というのはどうやら事実ではないようです。

ただし、村田の手元にはいつもアコーディオンがありました。

そして、戦いが終了すると、アコーディオンを手にしてフランス国歌であり、フランス革命の曲でもある「ラ・マルセイエーズ」などを弾いたのだそうです。

<ラ・マルセイエーズ>

村田新八が幼いころから心酔していた
西郷隆盛の年表を含む【完全版まとめ】記事はこちらをどうぞ。
関連記事 >>>> 「西郷隆盛とはどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】」

アコーディオンとの決別の時

欧米での経験の影響を受けていた村田は、戦闘中はシルクハットにフロックコートを羽織り、日本刀を振りかざして隊を指揮していたと言われます。

死闘を繰り返す戦場にあってもどこかエレガントさを感じさせますね。

しかし、状況は圧倒的に薩摩軍に悪く、占拠した鹿児島城は政府軍に包囲されました。

軍は西郷隆盛の命だけでも救おうと政府軍に使者を送るなどしましたが、かないません。

状況を理解した村田は、城山での最後の夜にアコーディオンを弾いて皆に聴かせ、そのあとに大切にしてきたアコーディオンを火にくべて焼却したのだそうです。

彼なりの死への覚悟だったのでしょう。

その後、政府軍が総攻撃を仕掛けてきました。

戦いの中で敬愛する西郷隆盛の自刃を確認した村田新八は、交戦のあと彼自身も自決しています。

 

和歌や漢詩にも才能を見せた教養人

欧米の洗練された芸術、習慣や服装などに深い関心を持っていた村田新八は、和歌や書簡などを多数残した人物でもあります。

例えば、村田が1862年に喜界島に遠島になった時に薩摩から喜界島までの行程を記録した『宇留満乃うるまの日記にっき』。その中に記された和歌を一首ご紹介します。

「思ひきや都をさけてうる島や沖の小島に声呑まんとは」

(思ってもみなかったことだが、都を離れてうる島や沖に見える小島に声を無くしてしまうことになるとは)

どうやらこの歌は、平安時代の朝廷の高官であった小野おののたかむらの以下の歌に影響された本歌取り(和歌・連歌などで先陣の策の用語・語句などを取り入れて作成すること)のようです。

「思ひきや鄙の別れに衰へて海人の縄焚き漁りせんとは」

(考えてもみなかったことだ。親しい人たちと別れて遠い田舎で心身ともに弱り果てながらも、漁師の網を引っ張って、魚を取ることになろうとは)

小野篁は非常に優秀な官吏であり公卿でありながら、反骨精神にあふれた行動のために隠岐に流罪になった人物です。

そんな彼に村田新八は自分を重ねたのかもしれません。 

 

村田新八が自分を重ねた?小野篁の年表を含む【完全版まとめ】記事はこちらをどうぞ。
関連記事 >>>> 「小野篁とはどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】」

 

きょうのまとめ

今回は、戦場でもアコーディオンを手元に置いていたという、戦う薩摩の教養人・村田新八についてご紹介しました。

簡単なまとめ

① 村田新八が海外視察から日本に持ち帰ったアコーディオンは、当時手風琴と呼ばれたコンサーティーナだったと考えられる

② 村田は、西南戦争時にはアコーディオンを手元に置き、シルクハット、フロックコートに日本刀、といういでたちで戦闘を指揮した

③ 村田は音楽を愛し、日記や和歌を残すなど繊細な教養人でもあった

 

目次に戻る ▶▶

 

合わせて読みたい
村田新八の年表を含む【完全版まとめ】記事はこちらをどうぞ。
関連記事 >>>> 「村田新八とはどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】」

 

その他の人物はこちら

江戸時代に活躍した歴史上の人物

関連記事 >>>> 「【江戸時代】に活躍したその他の歴史上の人物はこちらをどうぞ。」

時代別 歴史上の人物

関連記事 >>>> 「【時代別】歴史上の人物はこちらをどうぞ。」

 










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ten − four =

ABOUTこの記事をかいた人

歴史ライター、商業コピーライター 愛媛生まれ大阪育ち。バンコク、ロンドンを経て現在マドリッド在住。日本史オタク。趣味は、日本史の中でまだよく知られていない素敵な人物を発掘すること。路上生活者や移民の観察、空想。よっぱらい師匠の言葉「漫画は文化」を深く信じている。 明石 白(@akashihaku)Twitter https://twitter.com/akashihaku