楠木正成となどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】

 

楠木正成は南北朝時代から室町時代初期にかけて活躍した武将です。

足利尊氏と協力して鎌倉幕府を倒したのですが、

天皇中心の政治をしようとした後醍醐天皇に反旗を翻した尊氏と対立するようになりました。

楠木正成も武士をないがしろにされるという不満もあったのですが、

後醍醐天皇への忠義のため敢えて足利尊氏と戦うことになったのでした。

ここでは天皇にあくまでも忠義を尽くした楠木正成という人物について、

エピソードなど交えながらみていきましょう。

楠木正成はどんな人?

  • 出身地: 河内国(現在の大阪府)
  • 生年月日: 1294年?
  • 死亡年月日: 1336年7月4日(享年 43歳?)
  • 湊川の戦いで足利尊氏と戦い忠義のために散った武将

楠木正成 年表

年表

西暦(年齢)
1294年(1歳) 河内国(大阪府南河内郡)に生まれる。(幼名、多聞丸)

1331年(38歳) 後醍醐天皇の鎌倉幕府打倒の挙兵に従う

1333年(40歳) 千早城で幕府軍と戦う。同年新田義貞が鎌倉幕府を倒す。

1334年(41歳) 後醍醐天皇による建武の新政が行われる。

1335年(42歳) 足利尊氏が反乱を起こす。

1336年(43歳) 湊川の戦いで敗北。自刃して果てる。

鎌倉幕府を倒すことに成功するが、反旗を翻した足利尊氏に破れる

楠木正成に関しては、出生などがはっきりしていません。

ですから年表の年齢も不確かなものです。

1294年頃河内国の土豪、楠木正遠(くすのき まさとう)の子として生を受けます。

もともと鎌倉幕府の得宗家でありながら、正成は後醍醐天皇の倒幕に傾いていきました。

後醍醐天皇の企ては幕府に知られ、1331年天皇は笠置山に逃げそこで挙兵します、

この時楠木正成も一緒に笠置山で戦います。

その後千早城に立てこもり、幕府軍を苦しめます。

そのすぐ後に新田義貞が鎌倉幕府を倒したのです。

後醍醐天皇は1334年から「 建武の新政 」と呼ばれる政治を行いますが、これは天皇や貴族を出世させ、武士をないがしろにしたものでした。

不満を持った足利尊氏は、後醍醐天皇に反旗を翻します。

楠木正成は後醍醐天皇に、「 足利尊氏の言うとおりにして、彼の力を借りた政治をした方が良い 」と進言しましたが聞き入れられませんでした。

その後、新田義貞とともに尊氏討伐に向かうように指示されます。

この戦いは考え直した方がいい 」と天皇に訴えましたがこれも聞き入れてもらえませんでした。

楠木正成はこの戦いで敗北する覚悟を決めて、湊川の戦いへ臨み、予想通り敗れました。

正成は弟の正季(まさすえ)と刺し違えて果てたのです。

楠正成にまつわるエピソードや伝説

千早城の戦い

1333年楠木正成が籠もっていた千早城(大阪府)を鎌倉幕府軍が100万騎とも言われる大群が取り囲みました。

正成は丸太を投げつけて攻撃した上、熱湯便まで使ったと言います。

その猛攻に幕府軍は100日以上も足止めをさせられ引き上げることを余儀なくされたのです。

この間に各地で倒幕の戦さが相次いで起こり、幕府が千原城を諦めた2週間後に新田義貞によってついに鎌倉幕府は倒されたのでした。

この千早城での足止め作戦が功を奏したのは間違いありません。

楠木正成の一番の活躍の戦いでした。

桜井の別れ

湊川の戦いに赴く楠木正成は、

「 この戦いは負け戦となるであろうから、一緒に来てはならない。」

と嫡男の正行(まさつら)に言い渡します。

それでも父と共に戦いたいと言う正行に

「 父の亡き後を頼む。天皇に尽くせ 」

と言い含め別れを告げるのでした。

これが「 桜井(大阪)の別れ 」として有名です。

「 太平記 」ではこの時正行の年齢は11歳だったと記述していますが、実際には20歳前後であったのではないかと言われています。

勝ち目のない戦さに臨まなければならなかった楠木正成はさぞ無念だったでしょう。

きょうのまとめ

最後までお読み頂きありがとうございました。

楠木正成についていかがでしたでしょうか。

楠木正成とは?

①後最後天皇に忠義を尽くした武将

②千早城での戦いで活躍

③桜井の別れで有名な親子の絆

その他の記事についても楠木正成にまつわる色々な記事を書いています。

よろしければどうぞ御覧ください。

 
後醍醐天皇に忠義を尽くした男、楠木正成が用いた家紋とは?

 
楠木正成の像「 大楠公 」はどこに?なぜそこに?










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

17 − 2 =