麒麟がくる第十五回「道三、我が父に非(あら)ず」【あらすじ簡単まとめ】

 

※ネタバレあり

大河ドラマ麒麟きりんがくる』

第十五話で描かれたのは、道三から高政への家督相続を経ての、斎藤家内の波乱。

鍵となったのはやはり、ふたりが幾度となく論争を繰り返してきた織田家との盟約でした。

そして信長の勢いに押された高政は衝撃の行動を起こすことに…。

以下よりあらすじを辿っていきましょう。

 

麒麟がくるのその他の回のあらすじ、感想はこちらをどうぞ。
関連記事 >>>> 「麒麟がくる」感想あらすじまとめ

 

麒麟がくる(第十五話)のあらすじ

側室・深吉野(演:南果歩)の死を受けて、美濃守護代・斎藤利政(演:本木雅弘)は、名を道三と改め出家。

嫡男の高政(演:伊藤英明)に家督を譲りました。

しかし斎藤家次男の孫四郎まごしろう(演:長谷川純)はこれに黙ってはいません。

家督相続に不満を覚えた彼は、明智家を筆頭とする国衆を集結させ、高政を守護代の座から引きずり降ろそうと考えるのです。

そんな最中、織田信長(演:染谷将太)は対立していた織田彦五郎を制し、尾張をほぼ統一してしまう状況に。

孫四郎は信長に嫁いだ帰蝶(演:川口春奈)とも通じているため、勢いづいた信長の後押しで家督を狙いにくるかもしれない…そんな懸念が高政を襲います。

すると高政は孫四郎と三男の喜平次きへいじ(演:犬飼直紀)を呼び出し、なんと暗殺してしまうのです…。

 

麒麟がくる(第十五話)の見どころ

続いて、今回の見どころを詳しくみていきましょう!

高政への家督相続に揺れる斎藤家

深吉野の死を目の当たりにするまで、衝突を繰り返していた道三と高政。

しかし今回の家督相続に関して道三は一切、異論がない様子で、国衆たちにも

「以後は高政の声をワシの声と思うて従うてもらいたい。良いな」

と、強く命じていました。

しかしそんななか、不満気な表情を丸出しにしていたのは次男の孫四郎・三男の喜平次です。

夜分にも関わらず明智城にやってくると、道三に忠実であった明智家を筆頭に国衆を集め、高政から家督を奪還したいと言い出します。

聞くところによると、高政は道三の考えとは相いれず、織田方をよく思っていないので、帰蝶が嫁いでいることを踏まえず、盟約を切るかもしれないとのこと。

光秀(演:長谷川博己)はこれに対し、道三は安易な考えで家督を譲ったのではないだろうと、断りを入れます。

しかし高政が織田方との盟約をよく思っていないことも事実。

光秀がそのことを尋ねた際も、

「盟約についてはいずれ考え直さざるを得まい。その前に信長は織田彦五郎殿と今川義元が討ち果たすやもしれぬ」

と言っていました。

この織田方との盟約を巡る斎藤家内の行き違いが、今回の波乱を呼ぶことになります。

織田信長の清洲攻略

場面は変わって尾張では清州城主・織田彦五郎が守護の斯波義統しばよしむねを襲撃。

なんとか難を逃れた嫡男の斯波義銀よしかねが信長を頼って那古野城へやってきます。

彦五郎は信長だけでは飽き足らず、守護までを退け、尾張を完全に自分のものにしてしまおうとしたわけですね。

「信長は彦五郎と義元に潰される」と高政は言っていましたが、その意に反してここから戦況は信長に傾くことになります。

なんといっても、今作隋一の切れ者妻・帰蝶がついていますから。

斯波氏から頼られはしたものの、今川義元とも結託している彦五郎は手ごわく、簡単には攻められない。

帰蝶はそんな状況をくつがえすべく、信長の叔父・信光に根回しをします。

というのも、信光は彦五郎から碁の誘いを受け、清洲城に招かれていました。

彦五郎からすれば信光を自分サイドの味方に付けようという魂胆なのですが、帰蝶はこの機を見逃さず、信光を言いくるめ、隙を見せた彦五郎を暗殺させてしまうのです。

こうして城主を失った清洲城を信長が攻め落とし、尾張はほぼ全域、信長に統一される勢いに。

守護の斯波家も味方に付けているわけですから、その覇権はもはや揺るぎないものです。

これを受けて駿河にいた木下藤吉郎(演:佐々木蔵之介)も、実は相当切れるのでは…という一面を見せ始めましたね。

身分の低い者でも家臣に受け入れると噂の信長が、尾張の覇権を握ったと知るや否や

「商売をやめて尾張で侍になる」

と言い出すところから、実は各国の情勢を冷静に見極めている様子が感じられます。

冴えない風に見えるのに、とにかく出世することに忠実な感じ…好きです。

孫四郎・喜平次の暗殺

信長が尾張の覇権を握ると、これを予想していなかった高政はいよいよ追い込まれます。

帰蝶と通じている孫四郎が、いよいよ家督を狙いにくるのではないかという懸念に襲われるのです。

しかしこれに関しては、高政の思い込みが強すぎる面もある気がします。

今回の道三を見ていると、完全に心を入れ替え、高政に美濃を託していることが伝わってきますし、今さら孫四郎に家督が渡るようなこともなさそうです。

そこを有力家臣の稲葉良通よしみち(演;村田雄浩)が

「国衆のなかには正室の御子は孫四郎様で、高政様は側室の御子だとはっきり申す者もおりますぞ。家督など道三様の腹ひとつでどうにでもなる」

などとそそのかすのですから、悪いですよね…。

どうしてもこの人、高政に取り入って自分が成り上がろうとしているだけに見えてしまうのですが…。

こうして高政は孫四郎・喜平次の暗殺を実行します。

病気に寝込んでいるように見せかけた自分を見舞いに来たふたりを殺してしまうという、待ち伏せ作戦です。

ただやはり、兄弟を殺めてしまった複雑な心境がその表情に表れていましたね。

これに続いて高政は

「道三は我が父に非ず!我が父は美濃の守護におわした土岐頼芸ときよりのり様である」

と国衆たちの前で宣言し、道三との戦へとその矛先を向けていきます。

なんだか有力家臣たちに良いように操られているような気がして、見ていて痛々しいというか、可哀想になってきます…。

麒麟がくる(第十五話)のまとめ

今回は家督相続と織田方との盟約を巡って、斎藤高政・孫四郎が衝突。

事態は孫四郎の暗殺まで急展開を迎えました。

道三が家督を譲って一時は丸く収まる…という感じかと思いきや、なかなか穏便に事は進まないものです。

最後にまとめをしておきましょう。

斎藤家の家督が高政に譲られると、織田方との盟約を巡って高政・孫四郎のにらみ合いが始まる。

帰蝶の機転もあり、信長が尾張をほぼ手中に収める。

高政は、帰蝶と通じている孫四郎が信長の勢いを借りて家督を狙いに来ることを懸念し、孫四郎の暗殺に出る

さて、次回はいよいよ道三VS高政です。

予告では光秀が出陣の構えを見せていましたが、果たしてどちらの味方につくのか…?

 

麒麟がくるのその他の回のあらすじ、感想はこちらをどうぞ。
関連記事 >>>> 「麒麟がくる」感想あらすじまとめ

 

「麒麟がくる」初回から最新回までをお得に視聴

こちらの記事では「麒麟がくる」を初回から最新回まで「NHKオンデマンド」をU-NEXTでお得に観る方法をご紹介しています。

入会から退会まで実際の画面と合わせて、分かりやすく記事にしています。

もう一度、第一回から見直したいという方は是非どうぞ。

関連記事 >>>> 「麒麟がくる」のNHKオンデマンドをU-NEXTでお得に観る方法

 










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

fifteen − fifteen =