桓武天皇とはどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】

 

日本を代表する観光地・京都。

794年に平安京が遷都されてから約千年間、日本の都でした。

平安京に都を遷(うつ)した桓武天皇は、まさに京都の生みの親といえます。

それでは、桓武天皇とはどんな人物だったのでしょうか。

今回は、意外と知らない桓武天皇の山あり谷ありの生涯について、ご紹介していきますね。

 

桓武天皇はどんな人?

プロフィール
  • 出身地: ?(現在の京都と推測される)
  • 生年月日: 737年
  • 死亡年月日: 806年3月17日(享年 70歳)
  • 第50代天皇。平安京遷都や蝦夷征討などを行ったことで有名。

 

桓武天皇年表

年表

西暦(年齢)

737年(1歳)誕生

773年(37歳)皇太子となる。

781年(45歳)即位

784年(48歳)長岡京遷都

785年(49歳)藤原種継暗殺事件で早良(さわら)親王が廃太子に。

789年(53歳)紀古佐美(きのこさみ)が阿弖流為(あてるい)の軍に大敗する。

792年(56歳)健児(こんでい)の制

794年(58歳)平安京遷都

795年(59歳)公出挙(くすいこ)を3割減、雑徭(ぞうよう)半減

797年(61歳)勘解由使(かげゆし)の設置。坂上田村麻呂を征夷大将軍に任命する。

801年(65歳)畿内の班田を12年にする。

802年(66歳)坂上田村麻呂が胆沢(いさわ)城を築く。

803年(67歳)坂上田村麻呂が志波(しわ)城を築く。

805年(69歳)徳政相論により平安京造営・蝦夷征討を中止する。

806年(70歳)崩御

 

桓武天皇の生涯簡単まとめ

桓武天皇は、光仁天皇と渡来系氏族出身・高野新笠(たかののにいがさ)の子として誕生しました。

即位する前の名は、山部親王(やまべのしんのう)といいます。

光仁天皇の第1皇子でしたが、母親の家柄が低いという理由で、皇太子にはなれませんでした。

そのため山部親王は、官僚としての人生を長く送っていたのです。

関連記事 >>>> 「桓武天皇の生母・高野新笠はどんな人物?武寧王の子孫であるかは怪しい」

45歳にして即位

しかし異母兄弟で皇太子であった他戸親王(おさべしんのう)が母の罪に連座(※1)し、

皇族の身分を廃されるということが起こりました。

そのため桓武天皇は37歳にして皇太子に、そして45歳にして即位することになったのです。

※1 他戸親王の母・井上(いのへ)内親王は、天皇を呪い殺そうとしたとして廃されました。でっち上げられたものとみられています。

二大事業・遷都と蝦夷征討

784年、桓武天皇は長岡京へと都を遷(うつ)しました。

しかし早良(さわら)親王の祟りなどを恐れ、794年に平安へと遷都しています。

遷都の経緯は下記の記事をご覧ください。

関連記事 >>>> 「桓武天皇が平安京に遷都した理由は怨霊にビビったからだった!」

 

また桓武天皇といえば、蝦夷(※2)との戦いです。

もちろん桓武天皇が即位する前から、戦いは行われていました。

ただ遷都蝦夷討伐は、桓武朝の二大事業とされています。

※2 えみし/古代の東北や北海道南部に住んでいた、ヤマト政権に従わない人々のことを指します。

 

797年に征夷大将軍に任命された坂上田村麻呂は、胆沢(いさわ)城を築き、

蝦夷の首領・阿弖流為(あてるい)を降伏させています。

その後も蝦夷征討の計画・準備が進められていました。

 

しかし二大事業は、国家財政の大きな負担となっていました。

そこで徳政相論(※3)が行われ、蝦夷征討と平安京の造営は中止されることになります。

※3 桓武天皇が藤原緒嗣(おつぐ)と菅野真道(まみち)を呼んで、討論させたこと。緒嗣は蝦夷討伐と平安京造営の中止を主張し、桓武天皇はこの意見を採用しました。

 

その翌年、桓武天皇は病によって亡くなりました。

京都の生みの親は今でも平安神宮の御祭神として、多くの人たちから敬愛を受け続けています。

 

桓武天皇にまつわるエピソードや伝説

それでは上記でご紹介できなかった、桓武天皇にまつわる逸話をご紹介していきますね。

京都・へそ石の伝説

平安京造営の際には、こんな伝説も生まれています。

京都・頂法寺(六角堂)(※4)にある「へそ石」をご存じでしょうか。

京都の中心ともいわれるへそ石は、もともと本堂の礎石だったそうです。

※4 聖徳太子が建てたとされています。

 

平安京造営の際、その本堂が邪魔になり、道を造ることができなくなっていました。

そこで桓武天皇が「南北どちらかに少し移動されたい」と願ったところ、空が曇り、

勝手にお堂が少しだけ北にずれてくれたと伝えられています。

すると無事、六角小路を通すことができました。

 

そして現在の「へそ石」は、お堂が動いてくれたとき、1個だけ元の場所に置き忘れてしまったものといわれています。

おっちょこちょいですねぇ!

実際には一つだけ移動できなかった、何らかの事情があったものと推測できます。

死の直前まで祟りを気にかけていた?

桓武天皇が平安京に遷都した理由の一つとして、早良親王の怨霊を恐れたというのが定説としてあります。

詳しくは下記をお読みになってくださいね。

関連記事 >>>> 「桓武天皇が平安京に遷都した理由は怨霊にビビったからだった!

 

桓武天皇は死ぬ直前にも、藤原種継暗殺事件に関わった人物の名誉を回復していました。

藤原種継暗殺事件とは上の記事でも書きましたが、長岡京造営使の藤原種継が射殺された事件のこと。

この事件は桓武天皇を退位させ、皇太子の早良親王を即位させようとしたクーデター計画の一環だったとみられています。

首謀者は当時すでに亡くなっていた大伴家持(おおとものやかもち)とされ、

大伴氏を中心に死罪8名流罪6名を出して、一応の決着をみました。

 

その後、桓武天皇は無念の死を遂げた早良親王に「祟道天皇」という尊号を贈ったことでも知られています。

しかし桓武天皇は自身が亡くなる直前にも、事件で処分された皇族の五百枝王(いおえおう)や大伴氏一族らの名誉を回復していました。

さらに早良親王に読経をほどこした直後、崩御したと伝えられています。

最期まで祟りを恐れていたのでしょうか、それとも自責の念だったのでしょうか……。

関連記事 >>>> 「桓武天皇陵の場所はどこ?豊臣秀吉が潰していたという説も」

 

きょうのまとめ

今回は桓武天皇の生涯について、簡単にご紹介しました。

桓武天皇とは?

① 皇位継承の可能性はかなり低く、官僚として生きてきたが45歳で即位した

② 二大政策(遷都と蝦夷征討)を推し進めたが、徳政相論で中止する決断をした

③ 死ぬ直前まで祟りを恐れていたかもしれない

こちらのサイトでは他にも、平安時代に活躍した人物についてわかりやすく書いています。

より理解を深めたい方は、ぜひお読みになってくださいね。

 










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

thirteen − twelve =