桓武天皇の生母・高野新笠はどんな人物?武寧王の子孫であるかは怪しい

 

2002年、サッカーワールドカップが日韓共同開催で行われました。

その際、天皇陛下の発言が話題になったことをご存じでしょうか。

今回はその発言で注目された、桓武天皇の生母高野新笠についてご紹介していきます。

 

天皇陛下の記者会見

平成13年12月18日に行われた、宮内記者会代表質問でのことでした。

日韓ワールドカップの開催に関連し、韓国への思いを聞かれた天皇陛下。

私自身としては,桓武天皇の生母が百済の武寧王の子孫であると,続日本紀に記されていることに,韓国とのゆかりを感じています。

(引用:宮内庁「天皇陛下お誕生日に際し(平成13年)」

http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/01/kaiken/kaiken-h13e.html

最終アクセス2018.08.16)

という発言されました。

 

百済とは、かつて朝鮮半島の南西部にあった国家のこと。

こちらのお言葉は、天皇陛下の本来の意思とは別にひとり歩きし、

様々な反応を呼び起こしました。

 

高野新笠とその一族とは?

何はともあれ、桓武天皇の母親が百済にゆかりがあるとは興味深いですよね。

桓武天皇の生母は高野新笠(たかののにいがさ)といい、

百済系渡来人の和(やまと)氏出身の人物とされています。

渡来人とは?武寧王とは?

渡来人(とらいじん)とは文字通り、渡って来た人のこと。

どこから渡ってきたのかというと、大陸です。

優れた技術などを有していた漢民族や百済系の人びとは、

古代日本の政治や文化に大きく貢献したことで知られています。

【参考】有名な渡来人

  • 弓月君(ゆづきのきみ):4~5世紀頃に百済から渡来したとみられ、養蚕・機織りを伝える。
  • 王仁(わに):百済の博士で『論語』などを伝える。
  • 阿知使主(あちのおみ):文筆に優れ、文書記録を担当した。

 

さて、高野新笠は和氏の出身で、武寧王(ぶねいおう)の子孫ということでしたね。

武寧王とは百済の第25代の王で、百済を中興した人物として知られています。

ということで武寧王の子孫というと非常にすごそうですが、

和氏が本当にその血を引いているのか、という点は疑わしいと言わざるを得ません。

 

決定的な証拠がないことから、和氏は武寧王の子孫を「称した」一族と説明されることが多いようです。

高野新笠とはどんな人物だった?

それでは桓武天皇の生母・高野新笠とは、どんな人物だったのでしょうか。

父は武寧王の血を引くとされる、和乙継(やまとのおとつぐ)という役人(※1)。

母は土師真妹(はじのまいも)という人物でした。

※1 高野新笠は武寧王から数えて10世の子孫、和氏として日本に帰化してから6代目ということになっています。

 

美しいと評判だったという高野新笠は白壁王(のちの光仁天皇)の夫人となり、

  • 山部王
  • 早良王(早良親王)
  • 能登内親王

という3人の子をもうけます。

 

山部王こそ、のちの桓武天皇です。

早良親王も怨霊になったとして有名になってしまった人物ですね。

詳しくは下記の記事をお読みください。

関連記事 >>>> 「桓武天皇が平安京に遷都した理由は怨霊にビビったからだった!」

 

夫の光仁天皇が即位したのは60代の頃。

さらに子の山部王も、当初は皇位から遠い存在だったのです。

しかし政争の結果、山部王が即位すると、高野新笠も皇太夫人(※2)となります。

790年に亡くなりますが、当時は息子・早良親王の祟りだと噂されていました。

※2 天皇の生母のこと

 

きょうのまとめ

今回は桓武天皇の生母・高野新笠について、簡単にご紹介しました。

① 高野新笠は百済の王・武寧王の血を引く渡来系氏族出身である

② 本当に武寧王の子孫であるかは疑わしい

③ 高野新笠は光仁天皇との間に、桓武天皇・早良親王らをもうけた

こちらのサイトでは他にも、桓武天皇にまつわる記事をわかりやすく書いています。

より理解を深めたい方は、ぜひお読みになってくださいね。

 

桓武天皇の【完全版まとめ】記事はこちらをどうぞ。

関連記事 >>>> 「桓武天皇とはどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】」

 










合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

six + eight =